ドンキホーテを殺した男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドンキホーテを殺した男』(ドンキホーテをころしたおとこ、The Man Who Killed Don Quixote)は、テリー・ギリアム監督の未完の映画。

2000年に制作が開始されたが、ロケ地での自然災害やドンキホーテ役の俳優ジャン・ロシュフォールの故障などアクシデントが相次ぎ、わずか1週間で制作が打ち切られた。その顛末を描いたドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラマンチャ』が2002年に公開された。

新キャストで再度映画化に挑戦することをテリー・ギリアムが表明している。2011年公開予定としていたが、撮影が遅れている。

概要[編集]

『ロスト・イン・ラマンチャ』に描かれた通り、最初のロケ地はスペインの首都マドリードの北部にある荒れ地で、近くにNATOの軍事訓練所があった。軍用機が幾度となく頭上を飛行するため録音が使いものにならず、あとからダビングしなおすことを余儀なくされた。

撮影2日目に洪水が発生した。機材が損傷しただけでなく景観も変わってしまったため、それまでに撮影した分が使えなくなった。乗馬の名手であるジャン・ロシュフォールが馬上で演技を始めたが、明らかに顔が苦痛に歪んでいる。彼は馬から下りるにも歩くにも助けを必要とした。ロシュフォールはパリに戻って主治医の診察を受け、椎間板ヘルニアと診断された。

数日間はロシュフォールの出ないシーンを撮ることにしたが、ロシュフォールが現場に復帰できないことがやがて明らかになった。ギリアムはそれを致命的と判断した。ギリアムはドンキホーテのキャスティングに2年を費やしており、ロシュフォールはこの役のために7か月かけて英語を学んでいた。制作は打ち切られた。

2000年のキャストおよびスタッフ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:テリー・ギリアム、トニー・グリソーニ
  • 監督:テリー・ギリアム

その後の状況[編集]

映画の制作が打ち切られた後、出資者に対し保険金1500万米ドルが支払われたと伝えられる。現在、脚本の所有権は保険会社にある。2003年以降、ギリアムが制作を再開しようとしているという噂が時おり流れていた。

2005年のカンヌ国際映画祭において、映画『ローズ・イン・タイドランド』のプロデューサーであるジェレミー・トーマスがこのプロジェクトの再開に関心を持っていることが公表された。2006年6月、権利関係の問題に決着がついた。ギリアムはミュンヘン映画祭でこのことを明らかにし、製作会社がギリアムに権利を譲渡する意志があること、ジェレミー・トーマスが依然として制作に乗り気であること、ロシュフォールは今でも乗馬ができないのでドンキホーテ役は別の俳優が演じるであろうことを明らかにした。

2010年時点で、すでに脚本は完成してキャスティングと資金調達の真っ最中とのことで、同年に撮影が再開される予定であったがスケジュールが遅れているという[1]。なお、ジョニー・デップはスケジュール上の都合で再撮影にどうしても参加できないことになったようである。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0025879

関連項目[編集]