ドロテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロテ

ドロテDorothée1953年7月14日 - )は、フランス歌手女優、テレビパーソナリティーである。

来歴・人物[編集]

フランスのパリに生まれ、パリ南郊オー=ド=セーヌ県ブール=ラ=レーヌで育つ。本名はフレデリク・オシェデ(Frédérique Hoschédé)。

1973年から「ドロテ」の芸名で芸能活動を始め、1980年から歌手としてアルバムも出している。パーソナリティーとして担当した子ども番組で、日本製のアニメを多く紹介した。

テレビ番組[編集]

1975年からフランスの公共放送テー・エフ・アン(TF1)にて放送された子供向け番組、『水曜日のお客様』(Les Visiteurs du mercredi)でパーソナリティーを務めた。

1978年7月3日から1987年まで、公共放送アンテンヌ2(Antenne 2)にて放送された子供向け番組、『レクレA2』(Récré A2)でメインのパーソナリティを務めた。フランス国外の子ども向け番組を紹介する番組であったが、特に日本のアニメ特撮テレビドラマを多く放送し、関連キャラクター商品が爆発的にヒットするなど、日本アニメブームを起こした。

主な放送作品

1987年9月8日から1997年8月30日まで、民営化されたフランスのテレビ局テー・エフ・アン(TF1)にて、自らの名前入りの子供向け番組、『クラブ・ドロテ』(Club Dorothée)が放送された。

レクレA2同様、ドロテが日本のアニメ・特撮を紹介し、子どもたちの評判を呼んだが、親である大人世代からは厳しい批判にさらされた。番組内で紹介された『キン肉マン』のブロッケンJrが、ヨーロッパではタブーであるナチスをモチーフにしている(しかも正義のヒーローとして描かれている)ことや、その『キン肉マン』や『ドラゴンボール』、『聖闘士星矢』など格闘系のアニメが暴力的である、などがその主なものであった。その批判は、最も過激な描写の『北斗の拳』の登場で、一挙に暴力アニメ排斥運動へ盛り上がり、その結果、1997年をもってクラブ・ドロテは放送を終了することとなった。

主な放送作品

来日[編集]

ドロテが番組内で紹介した日本作品は東映作品の比率が高いが、これは東映動画国際部の積極的な営業の成果であった。東映作品のヨーロッパにおける普及に大きな功績を果たしたことから、ドロテは1988年に日本に招待されており、この時、当時制作されていた特撮ドラマにゲスト出演している。

  • 仮面ライダーBLACK - 45話「妖花ビシュムの死」料理教室の講師(らしき)役。
  • 超獣戦隊ライブマン - 30話「今ここに5人の戦士が」国連の女性科学者ドロテ博士役。スタッフロールでは「特別出演 ドロテ」とクレジットされている。
  • 世界忍者戦ジライヤ - 31話「パリで見つかった武田信玄の愛刀」パリ警視庁捜査官で女忍者カトリーヌ役。

バーチャル アイドル[編集]

2005年にイローナ・ミトレシーが「Un Monde Parfait」で3次元アニメーションのミュージック・ビデオを作成して、成功したのを皮切りに、フランスでは子供向けの歌を3次元アニメーションのミュージック・ビデオで発表することが増えている。ドロテも 「Hou! La menteuse」、「La valise」、「Allo, allo Monsieur l'ordinateur (2006)」をセルフカバーで発表した。