ドルヒユ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十王戦争の戦場となった五河地方(パンジャーブ

ドルヒユ族サンスクリット語 द्रुह्यु Druhyu)は、古代インドの宗教文献『リグ・ヴェーダ』に言及される部族のひとつ。十王戦争に、プール族をはじめとする十王軍のひとつとして参戦し、スダース王率いるトリツ族バラタ族軍に敗れた。

活動範囲[編集]

インドの北西部、特にガンダーラ地方にいた部族とする説が有力である。叙事詩プラーナは揃って、ドルヒユ族がいた場所を「北方」と述べている。「ドルヒユ族は、シンドゥ七大河地方から追い出され、ガンダラ王の時に北西部に住みつき、その地はガンダーラと呼ばれるようになった。さらに後代には、プラチェータス王の王子たちが、北方に定住するようになった。」と、プラーナには述べられている。

インド神話[編集]

マハーバーラタ』の神話においては、ドルヒユというひとりの人物に擬人化されている。同じくプール族プールに、アヌ族アヌに、ドルヒユの兄弟として擬人化されている。