ドルスキニンカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥルスキニンカイ
Druskininkai
Druskonis.jpg
Druskininkai COA.gif
市章
位置
ドゥルスキニンカイの位置(リトアニア共和国)の位置図
ドゥルスキニンカイの位置(リトアニア共和国
座標 : 北緯54度01分 東経23度58分 / 北緯54.017度 東経23.967度 / 54.017; 23.967
歴史
文献に登場 1596年
市に制定 1893年
行政
リトアニアの旗 リトアニア
 地方 ズーキヤ
  アリートゥス県
 自治体 ドゥルスキニンカイ基礎自治体
 市 ドゥルスキニンカイ
人口
人口 2009年現在)
  市域 16,215人
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 LT-66001
公式ウェブサイト : http://www.druskonis.lt/

ドゥルスキニンカイリトアニア語: Druskininkai Druskininkai.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、リトアニア南部のネムナス川沿いにある温泉街である。ベラルーシポーランドとの国境に近い。人口は 16,215 人(2009年現在)。リゾート地としての歴史は19世紀にまで遡る。

地理[編集]

ドゥルスキニンカイはネムナス川沿いに面しており、街はそして森林といった自然にあふれている。

歴史[編集]

中世初期の頃、現在のドゥルスキニンカイのあたりにはバルト族の一派が住んでいたとされる。13世紀には、同じくバルト族のリトアニア人によって統治され、ドイツ騎士団からの攻撃に備えるための小さな城が造られた。その城もドイツ騎士団に征服され、1308年に破壊された。その後、街はすぐに廃れていくことになる。

今日のドゥルスキニンカイが初めて資料に登場するのは1636年のことである。街の名前の由来はリトアニア語で「塩」を表す druska(ドゥルスカと発音) で、これは、街の住民に塩が貴重なミネラルであるから溜めるようにと勧めていたことから名付けられたとされる。18世紀後半、ドゥルスキニンカイの水に含まれるミネラルは健康に良いことが発見され、ぜんそくの治療に用いられるようになった。19世紀前半、ヴィリニュス大学教授のイグナス・フォンベルガスはドゥルスキニンカイの水の化学構成を分析し、多くのカルシウムナトリウムカリウムヨウ素臭素鉄分そしてマグネシウムが含まれていることを発見した。彼はまた、このドゥルスキニンカイがヴィリニュス市民にとって良いリゾート地であると紹介した。

ドゥルスキニンカイのネムナス川

1837年ロシア皇帝ニコライ1世がドゥルスキニンカイに温泉地としての資格を与え、それから木造のペンションや旅館が建てられるようになった。

この温泉は旧ポーランド・リトアニア共和国内の他の地域でも有名となった。1862年ワルシャワサンクトペテルブルクを結ぶ鉄道が開通し、その駅が街から 19 km 離れた場所に作られた。20世紀初頭までドゥルスキニンカイの温泉はこの辺りで最も有名なリゾート地として知られるようになり、多くの観光客や患者が世界中から来るようになった。また、ヴィリニュス、ワルシャワ、モスクワの中流階級の夏の別荘地としても利用されるようになった。

第1次世界大戦後、この街はポーランド領となり、ポーランド三大リゾート地として知られるようになった。ユゼフ・ピウスツキが夏の休暇にここを利用し、さらに街の発展を促進したため、より一層の人気を博すことになる。その後、街のほとんどのリゾートはポーランド国営銀行に買収され、豪華な大邸宅やペンションが建てられた。

1939年にポーランド領の半分がソ連に占領されドゥルスキニンカイがソ連領となると、白ロシア・ソビエト社会主義共和国への編入の問題が突きつけられ住民投票が実施されたが、結果、住民は白ロシア編入を拒否。1940年、ドゥルスキニンカイはリトアニア・ソビエト社会主義共和国に編入されることとなった。

1951年から街は急激に成長し始め、療養所や温泉病院が開設された。そしてソ連中から年間40万人もの人がこの街を訪れるほどの人気のリゾート地となった。

ドゥルスキニンカイのウォーターパーク

ソ連崩壊とともにリトアニア経済は打撃を受け、そのリゾート地も観光客不足に悩まされることとなる。2001年、ドゥルスキニンカイの失業率は 29 % に達したが、その後、自治体や民間企業による療養所や温泉施設、街のインフラの再整備により観光客の数は年々増え続け、ドゥルスキニンカイの経済は回復をみせた。

2006年12月26日、リトアニアで最初のウォーターパークがドゥルスキニンカイにてオープンした。

文化[編集]

ドゥルスキニンカイにある正教会聖堂

ドゥルスニキンカイには多くの美術館や博物館があり、また様々なイベントが春から秋にかけて行われる。

1896年から1910年にかけて、作曲家であり画家でもあるミカロユス・チュルリョーニスがドゥルスキニンカイに住んでいたため、彼にまつわるイベントが毎年定期的に開かれている。

1985年から毎年秋に開催されている「詩」のイベントは、世界の文学者からの注目を集めている。2001年、ソ連時代の銅像などを展示したグルータス・パークがドゥルスキニンカイ郊外にオープン、新たな観光地となりつつある。

人物[編集]

外部リンク[編集]