ドリール度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドリール度(ドリールど、記号 °D)は、フランスの天文学者ジョゼフ=ニコラ・ドリル(1688 - 1768)によって発明された温度目盛である。それはレオミュールのものと似ている。ドリルは“Mémoires pour servir à l'histoire et aux progrès de l'Astronomie, de la Géographie et de la Physique” (1738) の著者である。

彼はピョートル大帝によりロシアに招かれた。1732年に流体として水銀を使った温度計を作った。ドリルは、沸騰水の温度を固定ゼロ点とし、水銀の収縮する方向に(低い温度に向け)増える尺度を持つ目盛を選んだ。摂氏目盛も元は同様に、水の沸点をゼロ度とし凝固点を100度としていた。これは、彼の死後しばらく経って後の、セルシウスが使っていた温度計の多くを製造していたスウェーデンの実験器具製造者ダーニエル・エークストレーム(: Daniel Ekström)の主導による現代的な順序とは逆であった。

ドリール温度計は通常サンクトペテルブルクの冬にふさわしい2400の目盛りを持っていた。1738年にドイツ出身の医学・解剖学教授ヨージアス・ヴァイトブレヒト(ヨーシヤ・ヴェイドブレフト, : Josias Weitbrecht, : Иосия Вейтбрехт, 1702 - 47)はドリール温度計を水の沸点を0度、凝固点を150度とするよう再較性した。ドリール温度計はロシアで約100年の間だけ使われた。ドリール度Deと摂氏度Cの関係は以下の通り。

De = \frac{3}{2}(100 - C)
C = 100 - \frac{2}{3}De
温度の単位の比較
ケルビン セルシウス度 ファーレンハイト度 ランキン度 ドリール度 ニュートン度 レオミュール度 レーマー度
絶対零度 0 −273.15 −459.67 0 559.725 −90.14 −218.52 −135.90
地球表面の最低気温(※1) 183.95 −89.2 −128.56 331.11 283.8 −29.436 −71.36 −39.33
ファーレンハイト寒剤 255.37 −17.78 0 459.67 176.67 −5.87 −14.22 −1.83
融点標準状態下) 273.15 0 32 491.67 150 0 0 7.5
地球表面の平均気温 288 15 59 518.67 127.5 4.95 12 15.375
人間の平均体温 309.95 36.8 98.24 557.91 94.8 12.144 29.44 26.82
地球表面の最高気温(※2) 329.85 56.7 134.06 593.73 64.95 18.711 45.36 37.268
水の沸点(標準状態下) 373.15 100 212 671.67 0 33 80 60
チタンの融点 1941 1668 3034 3494 −2352 550 1334 883
太陽の表面温度 5800 5526 9980 10440 −8140 1823 4421 2909

外部リンク[編集]