ドリームファクトリー (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

株式会社ドリームファクトリーDREAM FACTORY Co. Ltd.)は日本東京都品川区に存在するゲームソフト開発及びコンピュータグラフィックスの制作会社。愛称は「ドリフ」、「ドリファク」

概要[編集]

  • 代表である石井精一は、3D対戦格闘ゲームの2大タイトルである『バーチャファイター』(セガ)、『鉄拳』(ナムコ)の両方に関わった人物である。他のスタッフも会社設立に当たってセガやナムコから引き抜かれた者たちであり、初期は「バーチャと鉄拳を作ったスタッフの新作品」を売りにすることが多かった。
  • 1996年にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)出資の元に初の自社製作ソフト「トバルNO.1」をリリース。話題の新作「ファイナルファンタジーVII」の体験版を同梱した本作は66万本を売り上げた。このソフトの好セールスを受けてか、以降の制作ジャンルは対戦型格闘ゲームが多くなる。1997年には続編である「トバル2」をリリース。前作のゲーム自体の印象が地味だったため40万本の売り上げに留まったが、3D空間を生かした独自のシステム、鳥山キャラのモデリング、さらには膨大なボリュームなど前作から格段の進化をとげた。続く「エアガイツ」はナムコとの共同開発で、アーケードにも進出した。2000年に発売されたバウンサーはPS2初期のキラータイトルとなった。
  • 以前はスクウェアの傘下会社だったが、スクウェアが映画製作などの事業拡大の失敗で営業不振に陥ったのを期に、他のゲーム会社とも積極的に携わるようになる。このとき社員幾人かがセガやナムコに戻っていった。
  • 近年はキャラクターゲームなどの製作を行うことが多く、ドリームファクトリーの名前が前面に出ることはなくなった。

沿革[編集]

  • 1995年11月 - 渋谷区恵比寿南に設立
  • 2007年3月 - 五反田に事務所移転

主なゲームソフト[編集]

主な参加アニメーション[編集]

その他のソフトウェア[編集]

公式サイト[編集]