ドリル山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロ15号によって撮影されたドリル山の空中写真

ドリル山(Mons Delisle)は、雨の海の端、クレータードリルの近くにあるの山である。月面座標は、北緯29.5°、西経35.8°である。長細い形で、直径は約30kmである。1985年に国際天文学連合によって、近隣のクレーターの名前に因んで命名された[1](クレーターは、フランスの天文学者ジョゼフ=ニコラ・ドリルに因んで命名された)。

出典[編集]

外部リンク[編集]

LAC-39 area - Map