ドリフトシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドリフトシティまたはDrift City(旧称 Skid Rush(スキッドラッシュ:스키드러쉬))は、韓国NPLUTO社開発、アラリオ社の運営によりサービスされている多人数プレイ型アクションゲーム。種類としてはMMORPGに属する。日本では2008年より開始されている。 日本仕様は2009年7月30日のアップグレードで『ドリフトシティ・ブースト[1]とタイトル名の変更が行われたが、2011年11月24日のアップデートを以て『ドリフトシティ・エボリューション[2]へと更なるタイトル変更が行われた。

なお、アメリカドイツ台湾タイにおいても展開されており、2011年4月6日にサービス終了した韓国仕様の名称は「スキッドラッシュ[3]」、台湾名は「極速快車手」である。タイ名は「DriftSTREET」である

あらすじ[編集]

人類最後のエネルギー資源、ミトロンが太平洋の真ん中にある無人島で発見された。この通称"ミトロン島"(正式名:エマリオン島)[4]には都市やO.M.D.(Organization for Mittron Development)という国境を越えた政府組織が作られ、島は急速な発展を遂げた。

しかし、謎の無人車両"HUV(エイチ・ユー・ヴイ…High-tech Unmanned Vehicle)"が出現。島のあらゆる場所を暴走し、ミトロン採掘を脅かした。ミトロン島では武器の使用が条約により禁じられているため、銃火器を使っての検挙が出来ない。一計を案じた政府のジェイソン局長は、世界中から腕に覚えのあるドライバーを集め、自車を衝突させてHUVを検挙するOMDドライバー(=プレイヤー)に任命し、HUVの制圧を狙う。 かくして多くのドライバー達が金と名誉を求めミトロン島に集結した。

 あらすじ(NEO)[編集]

ヤコブ総帥が何者かに暗殺され、さらに世界連合がOMD政府に対して挑発をしてきた。 これを重く見たジェイソン総裁代理はNEO OMD政府を樹立した。

だが、NEO政府樹立から1年後、世界連合とNEO政府とのエネルギー問題は解決されず、それどころか世界連合から対外封鎖令によりミトロン島は孤立していった。

ある年の4月3日、ミトロン戦争が開戦。その後、数か月間、砲撃によりミトロン島は廃墟と化してしまった。

主な登場人物[編集]

ジェイソン局長
OMDドライバーを招集した人物。HUVの撲滅を狙う。
ダフィ教官(ダフィじいさん)
OMDドライバーを監督する教官。プレイヤーにバトルなどのレクチャーをしてくれる。
NEOでは廃墟と化したネオオロスで未来へ来たプレイヤーにエリおばさんがいる避難場所へ導く。
ヤン
プレイヤーの先輩であり良き兄貴分。ユキに憧れている。
ユキ
OMDでもトップクラスの実力を持つ女性ドライバー。後に「Team ROO」を結成する。
ブラントン
ミトロン島に住む科学者。HUVを作ったのは彼ではないかという疑惑をもたれている。
タティアナ
先住民族が住む町「アンダーシティ」の管理者。アンダーシティに跋扈するHUV撃退を依頼してくる。
アイコ
OMD警察の女性警官。パトロールの手伝いを依頼してくる。
ありぃ
トライスのキャンペーンガール。新都市トライスのチラシを配る手伝いをする期間限定イベントのキャラクター。
エリナ(エリおばさん)
オペレーター。クエストの報酬を受け取るときや、無線でミッションを受けることもできる。
NEOでは荒廃したネオオロスでもオペレーターを務めている。
リエ
オペレーター。主にデイリーミッションを受けるとき、クリアしたときの報酬をもらうときに登場する。
マット
トライスのエージェント。トライスで急増するHUVへの対策のため、プレイヤーに接触する。
アリス
マットの同僚でオペレータ。トライスでの任務をサポートする。
未来少女アリー
未来からやってきた少女。30年後ではプレイヤーがミトロン島を救った英雄とされ、プレイヤーを30年後の荒廃したミトロン島へ導く。

ステーションスタッフ[編集]

  • ムーンパレス
    • 1.リム(♂)
    • 2.バネッサ(♀)
    • 3.ハルナ(♀)
    • 4.ワン(♂)
  • コイノニア
    • 1.カイラ(♀)
    • 2.デュラン(♂)
    • 3.ティナ・キム(♀)
    • 4.ケネス(♂)
  • クラス
    • 1.エラ(♀)
    • 2.ユジン(♀)
    • 3.ジェリー(♂)
    • 4.マサト(♂)
  • オロス
    • 1.ROOポスト・・・カスミ(♀)
    • 2-A.ROO本部・・・ユキ(♀)
    • 2-B.OMDステーション1・・・ロバート(♂)

ゲームシステム[編集]

プレイヤーは政府組織「OMD」の一ドライバーとなり、町を自らの運転する車で回りながらクエスト(OMDの任務)やHUVの撃退、物品の配達など様々な仕事をこなしたり、時には他プレイヤーとの交流・バトルをするなど、車で出来るあらゆる要素が詰まっている。 車を強化・チューンアップするパーツはゲーム内の架空通貨「ミト」で購入するほか、インターネットキャッシュ(リアルマネー)の一つである「リオコイン」にて購入することも出来る。
料金システムとしてはアイテム課金方式をとっており、基本的には無料で楽しむことが出来る。但し一部のドレスアップパーツや高級なチューニングパーツ・一部の車両などは有料で販売されており、それらはリオコインにて購入する必要がある。 2011年11月24日にNEOクエストが追加され、30年後のミトロン島が舞台となるクエストが追加された。

舞台[編集]

ミトロン島には4つの都市があり、レベルによって活動範囲が異なる。

  • 第1都市 ムーンパレス(Moonpalace)
    • 政府庁舎などのある都市。最初のステージだけに、道幅も広い。
  • 第2都市 コイノニア(Koinonia)
    • 港湾・工業都市。外周の道幅は広いが工業地帯の道は狭い。
  • 第3都市 クラス(Cras)
    • 山岳都市で、アップダウンが激しい。峠のようなセクションもあり良くプレイヤーは走りに来る。
  • 第4都市 オロス(Oros)…2008年7月末、日本仕様に実装。
    • Team ROOの本部がある荒野地帯。起伏はあまりないが、道幅の差がかなり大きいうえ、都市の印象に反してコーナーが多い。ちなみに、宇宙研究センター、最高裁、解体屋(ゲーム上では"廃車場")、ドライバー博物館といった施設もある。
  • 第5都市 トライス・・・2009年夏、日本仕様に実装。
    • 台北101をはじめとした台北市を連想させる街であり、台湾仕様では台北とされている。
    • 当初未知なる都市(仮称)として2009年6月、バトルマップのみ試用開始。新たに発見されたミトロン島とは全く異なる島で、観光扱いとなるクエスト、及びバトルゾーンコースとして以外ではクルマのランクとプレイヤーレベルを一定以上にし、上陸許可を得なければ入ることが出来ない。
    • 道幅は比較的広く、直角コーナーが多い。幹線道路は中央分離帯で仕切られている箇所が多いが、これをまたいで走ることができる部分も多数ある。バトルコースは障害物が多数設置されているのが特徴で、接触すると画面に液体がぶちまけられて視界が遮られ、車が一瞬コントロール不能になるオイル缶などが置かれている。
  • ネオオロス・・・2011年11月24日実装
    • ミトロン戦争により荒廃したオロス。
  • アンダーシティ(Undercity)
    • OMDによって秘密にされていた、ミトロン島先住民族の居住区。現在、ムーンパレス・コイノニア・クラスに設定されている。

ゲーム進行[編集]

ステーション(OMD)/ROOポスト/ROO本部におけるメニューは以下の通りである。

  • 1.クエスト(OMD)/シークレットミッション(ROO)
    • それぞれのチームから課せられる課題をこなす。
  • 2.クイックサービス(OMD)/タイムアタック(ROO)
    • タイムアタックモード。前者は宅配便である。タイムによって金、銀、銅のメダルを獲得できる。
  • 3.バトルゾーン
    • 他プレイヤーとのバトルを行う。車やプレイヤーのレベルによってランクが分けられている。
  • 4.ミトロンチャージ
    • 減った燃料(ミトロンエネルギー)を補給する。
  • 5.秘密基地入場
    • 各種ショップやバトルゾーン、ガレージといった施設が一体となった秘密基地に入場する。
  • ステーション近く。アイコのお願い(OMD)/レイコのお願い(ROO)
    • 街中を巡回するパトロール(OMD)/偵察(ROO)ミッション。決められたポイントを通過することにより経験値が貯まり、また多くの場合50ヶ所通過するごとにチューニングパーツが獲得出来る。

マシンチューニング&カスタム[編集]

  • ゲーム内で使用される通貨には二つある。
    • ミト…ゲーム内の通貨で、パーツやミトロン燃料、車両など基本アイテム類は大抵これで購入可能。
    • リオコイン…いわゆるリアルマネー。エアロパーツや特殊カラーなどの適用、車両くじ(対象車種は後述)購入、便利アイテムの購入などに用いられる。
  • ゲーム内では自車のチューニングやカスタムが可能である。
  • 基本的にパーツはエンジン・ミッション・ボディ・ブースターの4ジャンルで、大きくノーマル(緑)、スーパー(青)、ハイパー(赤)、そしてロストテクノロジーによって製作されたロスト(黄)でランク分けがなされている。

これらのパーツはパーツショップやフリーマーケットにおいてミトで購入するだけではなく、

  • 「アイコ/レイコのお願い」(パトロール/偵察ミッション)の報酬
  • 一部「クイックサービス」(宅配便)での成績によるボーナス

と言う形でも入手できる。但しこれらで受け取れるパーツはプレイヤーのレベルよりもパーツの要求レベルが高く、すぐには使えない場合が多い。

  • また、ロストパーツに関してはアンダーシティミッションでの報酬(及びフリーマーケットによる転売品の購入)でのみ入手可能となっている。

また、ユーザーがハイレベルになってくると

  • 一般車やHUVと衝突(アイテムが受け取れることがある)
  • コンボを達成

と言った場合に低レベルのパーツが支給されたりすることもある。

  • ドレスアップカスタムではミトでオールペン、バイナルグラフィックスネオン管などの装着が可能。リオコイン(リアルマネー)アイテムとしてはエアロパーツ、ホイール、ブースター(アフターファイヤー)カラー変更などがある。
  • また自作ステッカーの貼り付けも可能で、この機能を利用して作った痛車やカーアクション映画・レースゲーム登場車両・レーシングカー・ラリーカーなどのレプリカが相当数存在する。しかしステッカーそのものをミトで購入した後にステッカーコーティング剤をリオコインで買わなければならないためにコーティング剤の値下げや無料(ミト)化を求める声が散見された(コーティング剤は期限ありの上価格は30日分で500円を超え、本作中のリオコインアイテムの中でも比較的高額な部類であった)が、2010年4月15日の定期メンテナンスにて、当該アイテム他一部リオコインアイテムがミトアイテム化された。[5]

登場車両[編集]

本ゲームの日本語版ではメーカーからのライセンスを得られておらず、全て架空の名称となっているが、車両はElmario Atokaを除き実在の市販車をモデルとしている(括弧内にデザインのモデルとなった実車を併記する)。

なお、韓国語版、英語版においてはクライスラー(2008年11月10日現在)車が多数実名で登場しており、Mitron DTwo→Dodge Viper SRT10、OMD Sporty→ダッジ・キャリバーのように架空の名称から実際の名称に修正された例も存在する。[6] なお最近のアップデートではクーポン車、ガチャ車、くじ車を除くミト車両がすべてV1クラスに設定された。 課金者の増加を見込んだとみられるが、V改造(2%)の需要が高まる、カーオークションでの車両相場高騰、クーポン車使用者の増加などで 逆効果となっている。

ここでのクラス優先順位は日→韓→米→タイの順番である。
各言語版への実装状況を示す記号の見方

  • ○→日本語版と同一クラスで実装
  • クラス名→日本語版とは異なるクラスで実装
  • V?→実装はされているが、クラスは不明
  • ×→未実装
  • ?→未確認

ミト車[編集]

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
OMD Kicker ヒュンダイ・TB 初期型
OMD Drifter 日産・240SX S13ハッチバッククーペ
(≒180SX)
OMD Sporty ダッジ・キャリバー × 米・韓ではキャリバーとして登場
OMD Ironia サンヨンコランド ×
OMD Advance ヒュンダイ・エラントラ × XD系後期5ドア
Elmario Goat ポンティアック・GTO  ?  ?  ? 2010年9月15日(水)メンテナンス終了~10月20日(水)メンテナンス開始まで、イベントに参加すると入手できる期間限定マシン。


車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
OMD Comet 三菱・エクリプス × 2代目
Mitron mm T1 スマート・フォーツー ×
Koino PANDA トヨタ・スプリンタートレノ V1 AE80系後期型3Dr.
OMD Laputa ヒュンダイクーペ V1 V1 × GK系初期型
OMD Ensony ヒュンダイ・ソナタ × NF系前期
Elmario Bit オペル・コルサ V1
Mitron Fervor ランボルギーニ・カウンタック  ?  ?  ? 2010年9月15日(水)メンテナンス終了~10月20日(水)メンテナンス開始まで、イベントに参加すると入手できる期間限定マシン。
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
MoonPalace DragonFly フォルクスワーゲン・ニュービートル V1
Koino Tokio トヨタ MR-S ×
OMD Metro ホンダ・シビッククーペ V1 V1 V1 EJ7
MoonPalace MPM CC プジョー・206CC V4 V4 ×
OMD Birdie RTI フォルクスワーゲン・ゴルフ V1 V1 ×
Moonpalace Muse ルノー クリオスポールV6 Ph2 V1
Koino Boarding トヨタ・ハイラックスサーフ N210系 ×
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Koino Dreamer レクサス・IS V2
Koino Eric トヨタ・セリカ V2 ZZT230系
Elmario Spotlight フォード・フォーカス V2
Koino Village 日産・ムラーノ ×
Moonpalace Freedom ジープ・コンパス × コイノニアにおいて同車を運転するクエストが存在する。
韓・米ではコンパスとして登場。
Elmario Squad クライスラー・PTクルーザー V5 V5 × 韓・米ではPTクルーザーとして登場
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
MoonPalace Invention ランドローバー・ディスカバリー V3 V3 ×
Koino Above トヨタ・スープラJZA80 ×
Elmario Monster ダッジ・ラム モンスタートラック仕様 V4 V4
Koino Fairplay 日産・フェアレディZ Z33 V3
Moonpalace MPM7 プジョー・207 ×
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Elmario Atoka なし × アラリオの完全オリジナルデザイン
Koino Nova マツダ・RX-8 SE3P V4
Koino Fondo 三菱・ランサーエボリューションⅧ V5
Koino Impact スバル・インプレッサ 2代目中期 V4
Elmario Warrior ダッジ・チャージャー 3代目 V4 韓・米ではチャージャーとして登場
Elmario CR2 プジョー・407セダン × × 韓国ではメーカーがMoonpalaceとなっている。
Elmario Jupiter フォルクスワーゲン・シロッコ
Koino April 3代目マツダ・デミオ V2
Mitron runner R RUF・CTR3
OMD Linner 日産・エッセンス × ×
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Elmario Snake シェルビー GT500 スーパー・スネーク '07 V5
Elmario Solo Sタイプ × ×
MoonPalace Tiger アルファロメオ・スパイダー V3
Mitron Seven BMW・7シリーズ V8 × ×
Koino Solution トヨタ・ハリアー × XU30系
Koino Deluxe アキュラ・MDX × ×
Moonpalace Myth サーブ・9-5 V4
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Elmario Indigo シボレー・コルベット V6
Mitron Aria メルセデス・ベンツ SLクラス V4
Mitron Vega メルセデス・ベンツ Mクラス × ×
Elmario Tyrant ハマーH3 V9 V9 V7
Elmario Harmony クライスラー・300C × 韓・米では300Cとして登場
Elmario Dew マセラティ・クーペ V6 日本以外ではメーカーがKoinoとなっている。
車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Mitron Utopia メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン ×
Mitron TORERO マイバッハ 62 × クラスの第4ステーションにV6だがTOREROに乗れるクエストがある。
Mitron Cross アストンマーチン・V12ヴァンキッシュ × ×
Mitron Nevera フェラーリ・エンツォフェラーリ V7
Mitron Natura ポルシェ・カレラGT V5 当初日本語版ではGM及びサービス開始1周年記念プレゼント車のみだった。

クーポン車[編集]

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
OMD SS GM大宇・トスカ クエスト中に獲得できる。
Mitron MAXI Mini Cooper S V4 V2 ドリフト1000回達成
MoonPalace CoMoDo アウディ・TTクーペ V6 V6 V3 クイックサービス100回達成
Koino Rotary マツダ・RX-7 FD3S 5型 V3 韓国版では速度と加速の数値が逆となっている。HUV検挙回数150回達成
Elmario MONSTER ダッヂ・ラムトラック アンダーシティミッション10回達成
Koino Cielo 日産・スカイラインGT-R BNR34 V4 バトル500回達成
Elmario US-R アウディ・RS4 × × ジャンプ2000回達成
Koino Action レクサス SC430 × アクロバット15000回達成
Moonpalace Romeo ロータス・エリーゼ 111R × × ドリフト回数30000回達成
OMD Compact ダイハツ・ムーヴコンテ クイックサービス500回達成
Mitron DTwo ダッジ・バイパー V6 米・韓・台湾ではバイパー。韓・米ではSRT10、台湾はGTS。バトル2000回達成
Mitron Ruby BMW・Z8 V6 クイックサービス1000回達成
Mitron Gigas ランボルギーニ・ディアブロ GT × クラスの第3ステーションに自分のクラスに合ったGigasに乗れるクエストがある。アクロバット走行50000回達成
Mitron Arena メルセデス・ベンツ CLK‐GTR ロードゴーイングVer × バトル回数5000回達成


課金くじ専用車種[編集]

※くじの結果により、クラスが変動。
※車両が当たる・当たらないに関係なく、他のアイテムも必ず2個入手できる。
※車両ではなく、使用期間を限定した専用エアロパーツが出現する場合もある。

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Mitron Duel ブガッティ・ヴェイロン V7 V7 ×
Mitron Puma ベントレー・コンチネンタルGT V9 × ×
Elmario Boxy 日産・キューブ 輸出仕様車(左ハンドル) × × × 顔がZ12型(3代目)、リアがZ11型(2代目)の変則的な仕様。
Elmario Lightning ポルシェ・ケイマン S ×
OMD SORA GT 日産・GT-R R35 V?
Elmario Skylark ポンティアック・ソルスティス
Elmario LEOPARD ケーニグセグ・CCR
OMD Coppelia 日産・シルビア S15 2周年記念レンタカーで配布されたのち、課金くじにて実装
Mitron Cityman トヨタ・2000GT
Koino Unlimit GM大宇・G2X V5 V5 V3 2010年9月よりFondo Xと共に販売
Koino Fondo X 三菱・ランサーエボリューションX V5 V5 × 2010年9月よりUnlimitと共に販売
Mitron Trio メレスデス・ベンツ Cクラス  ?  ?  ?
Elmario Tamer マクラーレン・F1  ?  ?  ?

販売終了車種(くじ専用車)[編集]

以下の車両は2009年4月16日をもってくじの販売が終了している。(イベントにより期間限定で再発売される場合がある)

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Mitron LEO BMW・E63 V7 V5 V5
Elmario TITAN フォード・Fシリーズ × V6 ×
OMD Spirit プロトスピラ V7 V7 ×
Elmario UR E3 アウディ・R8 V9 V6 V6
Mitron Gunfire クライスラー・クロスファイア V5 V5 × 韓・米ではクロスファイアとして登場

ドリフトシティガチャ専用車種[編集]

2009年12月に実装された「ドリフトシティガチャ」でA・B・C・D・E・Fの6つのパーツを集めることで、「バランス型(ノーマル)」「ブースト重視(BT)」「速度重視(ST)」の3タイプの中からランダムに性格付けがされて配布される。なお、「バランス型」以外の2タイプには特殊能力が付加されている。
2010年8月のアップデートによりシステムが変更され、パーツがA・B・C・Dの4つになり、E・Fが廃止になった代わりにキーパーツが登場した。キーパーツはV1~V8まで存在し、全てのパーツが揃っても自動では組み立てられなくなった。パーツは全てmitoで獲得できるようになった(一回20000mito)。リオコインガチャでは、車BOXが獲得できるようになり、パーツを揃えなくても車が貰えるシステムとなった。貰えるVはV4~V8。
2010年12月のアップデートにより更にシステムが変更され、キーパーツ+A・B・C・Dのシステムは従来どおりだが、既に販売終了となった過去のガチャ車が全て貰える様になり、ガチャメニューで車種を選択出来るようになった。リオコインガチャが廃止となった代わりに、ミトガチャによるSTのV1~V4は獲得できる確率が低くなり、V4~V8は獲得できなくなった。従来のリオコインガチャの代わりに、STくじが登場し、当選した場合ST車のみが当たるシステムが導入された。こちらでは、V4~V8も獲得できる。

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
Elmario SHADOW ランボルギーニ・レヴェントン 2010年のアップデートをもって販売終了、その後

2010年9月から1ヶ月販売。 2010年12月からシステム変更により販売を再開。

Mitron Hunter パガーニ・ゾンダ 2010年3月、SHADOWに代わり発売開始

2010年12月からシステム変更により販売を再開。

Mitron Fate フェラーリ・250テスタロッサ 2010年4月、Hunterに代わり発売開始

2010年12月からシステム変更により販売を再開。

MoonPalace Monza アルファロメオ・8C2300 2010年8月、Fateに代わり発売開始

2010年12月からシステム変更により販売を再開。

Elmario Winner フォード・GT 2010年10月、SHADOWに代わり発売開始
Elmario Rosso フェラーリ・F50
Mitron Fervor ランボルギーニ・カウンタック STくじのみの販売
Elmario Raptor ランチア・デルタ
Elmario Ponica シボレー・カマロ
Elmario GSIX coop ヒュンダイ・ジェネシスクーペ
Mitron EX-Aero マイバッハ・エクセレロ
Elmario ALLIED フォード・GPW 限定車。2011年4月20日~2011年5月18日まで販売の「2011 GWパッケージ」の中身の一つ。ノーマルの他にBTとSTがあるが、当車種はガチャ及びSTくじでは販売されていない。グレードはV5に固定されている
 ? Mento ランボルギーニ・セストエレメント
Mitron AXIS キューベルワーゲン
Mitron eco キア・ポップ
OMD WAVE マツダ・風籟
OMD GRACE ジャガー・C-X75
Koino G-Frog ジープ・レネゲード
Mitron Murago ランボルギーニ・ムルシエラゴ
Elmario Imagine BMW・i8
Elmario Mitea マツダ・ロードスターNC
Koino Cantata ダイハツ・コペン
OMD SR13 ホンダ・S2000
OMD AQUA アキュラNSXコンセプト
OMD NOBLE トヨタ・アリスト JZS161
Koino RAPIDO Sport スズキ・スイフト 3代目Sport
Elmario 321Z 日産・フェアレディZ S30

その他実装車種[編集]

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
OMD Genius ホンダ・NSX 2010年5/20~6/20の間の限定車。リオコインアイテム購入1万円でIDひとつにつき1回のみ獲得することが可能。
Mitron Natura GTR ポルシェ・カレラGT 「ざくぽん福袋」(2009年12月28日より販売が開始)より入手可能。以前イベントで1年以上経過したIDを対象に入手可能だったMitron Naturaとは性能が異なる。
Elmario SERPENS シェルビー・コブラ くじ デイリーミッションクリアで取得できるミッショントークン10枚と交換で、くじ(この車のみ、くじの名称が「宝箱」となっている)を1つ取得できる。なお、初期グレードはくじ開封時にV1 - V4の間でランダムに決定のはずだったが、2010年4月のアップデート以降はV1に固定されている模様。
OMD SHARK レクサス・LF-A 2010年7月発売の「レッツゴー夏袋(L)」の景品の1つとして収録。グレードはV7に固定されている。
Mitron LUPIN フィアット・500 2010年11~12月に行われたイベントで配布された。
OMD PANDA-2 トヨタ・FT-86 限定車。2010年12月22日~11年2月2日まで発売の「ネオ福袋(L)」の中身の一つ
Koino CIELO X-MAS 日産・スカイラインGT-R BNR34 クリスマス限定のマシン V6CIELOのバランスタイプ 速度が低い ドリフトシティのプレイヤーからは弱体化版CIELOと呼ばれることもある

Mitron Prime ピータービルト・モデル379 2011年8月24日~2011年9月21日で期間限定販売している「ミトロンBIG4パッケージ」の景品アイテムで入手できるマシン。
Mitron SWIPE シボレー・コルベット・スティングレイコンセプト 2011年8月24日~2011年9月21日で期間限定販売している「ミトロンBIG4パッケージ」の景品アイテムで入手できるマシン。
Mitron MIRAGE フェラーリ・458イタリア 2011年8月24日~2011年9月21日で期間限定販売している「ミトロンBIG4パッケージ」の景品アイテムで入手できるマシン。
Mitron Three-B ある期間にログインしていたプレイヤー全員に配布された車両
OMD V-STAR ヒュンダイ・ヴェロスター
OMD ICINCO キア・K5
MoonPanace PANZER
OMD BONITO 日産・マーチ K12/5ドア

日本仕様未実装車種[編集]

車名 元ネタ 韓国 米国 タイ 備考
OMD Condol 大宇・マグナス ×

問題点[編集]

様々なプレイヤーから、公式ページの掲示板やゲーム中のメッセージ画面においてバグや問題点が指摘されている。
  • PCに関する問題
    • 度重なるアップデートによって、PCにかかる負担が増加する傾向が見受けられる。PCの性能が推奨スペックギリギリの場合、コースによっては画面処理が追いつかず、まともにプレイできないという症状が発生する恐れがある。これに対しアラリオでは「ドリフトシティ・ブースト」にバージョンアップ後、推奨スペックの見直しを行って新たに発表した。
    • 未だにWindows Vista以降のOSに正式に対応していない(Vistaは予期せぬ不具合があるとし、7以降に関しては全く記述がない)ため、将来的にゲームプレイが困難になる可能性がある。2010年8月に推奨モデルがドスパラから発売されたが、Windows XPの供給終了のためか早くも絶版となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「ドリフトシティ」,「ドリフトシティ・ブースト」にタイトル名を変更。 - 4gamerでのニュース記事
  2. ^ 「ドリフトシティ」,アップデート「Project NEO City」実装でタイトルが「ドリフトシティ・エボリューション」に。 - 4gamerでのニュース記事
  3. ^ なお、ハングル表記(스키드러쉬)に忠実に発音すると"スキドゥロシュ"となる
  4. ^ ムーンパレスのクエスト内で、ダフィ教官がミトロン島のことを指して「エマリオン島」と言っているシーンがある。
  5. ^ http://driftcity.arario.jp/goBoardView.action?cpd=undefined&board_no=DC003006&boardName=goFreeBoardView&seqNo=99&noticeYn=N :2010年4月15日の定期アップデートの詳細
  6. ^ その名残か、よく見ると日本仕様においてもダッジの看板が存在する。

外部リンク[編集]