ドリオサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリオサウルス
ドリオサウルスとケラトサウルス
ドリオサウルスと
ケラトサウルス(後方)骨格
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : イグアノドン上科
Iguanodontoidea
: ドリオサウルス科
Dryosauridae
: ドリオサウルス属
Dryosaurus
学名
'Dryosaurus
Marsh1878
  • D. altus
  • D. lettowvorbecki

ドリオサウルス (Dryosaurus) は、主に中生代ジュラ紀後期に生息していたくちばしのある草食恐竜の一種。ドリオサウルス科の代表的な恐竜。属名の意味は「オークまたは)のトカゲ」。森林に棲む動物だったと推測されての命名である。

形態[編集]

全長約4m。同じ新鳥脚類のヒプシロフォドンに後ろ足の長さなど姿は似ていたが、体つきががっしりしており大型で、後脚の機能指は3本まで減少していた(ヒプシロフォドンでは4本)。また、前顎部の歯が退化して嘴状を呈する、体に比べて頭が小さいなど、ヒプシロフォドンよりも寧ろ進化した身体的特徴を持ち合わせる。下顎先端の角質の嘴は、上顎の歯肉と噛み合い、硬い植物を剪断することができた[1]。また歯には食べたものをすりつぶすだけの力があったと推定される。前足には5本の指があった。

生息域[編集]

生息地が非常に広く、化石北アメリカ大陸イギリスルーマニアタンザニアなどから見つかっている。ニュージーランドで発見されている部分化石もこの恐竜か、若しくは近縁のである可能性が示唆されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『恐竜博物図鑑』 87頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、87頁。ISBN 4-7875-8534-7