ドラフトチャンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般的なドラフト

ドラフトチャンバーとは、化学実験などで有害気体が発生するときや、揮発性有害物質を取り扱うとき、もしくは有害微生物を扱うときに安全のために用いる局所排気装置の1種。一般的には単にドラフトもしくはドラフト装置、俗に排チャン、ドラチャンと呼ばれる。英語ではfume hoodまたはfume cupboardと呼ばれており、日本国内においても国際的な環境安全教育の観点からヒュームフードと呼ぶことを推奨する見解がある。[1]

水道ガスなどの配管を持つ大型の状のものが多く、前面が上下にスライドするガラスとなっており、少し開けて、下から手を入れて実験操作を行うことが可能である。

単に排気するだけでなく、排気と同時に吸気することで部屋の温度変化や気圧変化を防ぐ、排気を浄化する、自動的に消火できるなど、多くの機能を併せ持つものもある。また爆発が起きた場合でも、ガラス窓が飛び散らないようになっているものもある。

種類[編集]

本体に様々なタイプがある。

排気ファンにも種類があり、これを交換したものを設置することもできる。

  • 大型のファンにより、風量を増加させることができる。ただしこの場合、設置数とファンの容量の兼ね合いにより、部屋の入り口のドアが開けにくくなる程の風量になることもある。

設置[編集]

ドラフトには様々な種類があり、取り扱う内容に対して使用されるべきドラフトの素材、構造が異なる。また日本においてはガスが排出される構造に対する法規制[2]などもあり、設置は専門業者と検討したうえで行われる。日本の専門業者には、島津理化ダルトンオリエンタル技研工業岡村製作所プロックスヤマト科学アズワン三進金属工業等がある。

利用方法[編集]

試薬を開封する際や溶媒加温時に、有毒あるいは悪臭を持つガスが発生する場合にドラフトが用いられる。操作の上で必要な場合、取り扱う装置や機器が、あらかじめガラス窓の内側に設置される。分析機器を利用するためにドラフトが設置されることもある。

ガラス窓の外側に設置されたパネル上のスイッチで、内側の照明や排ガス、水道、ガスなどの使用開始・停止が操作できる。

前面の大きなガラス窓は、十分な吸気風量を保ちつつ、実験操作が行える程度の適正な高さに調整して使用される。

脚注[編集]

  1. ^ フード屋の魂”. 研究実験施設・環境安全教育研究会. 2011年8月24日閲覧。
  2. ^ 労働安全衛生法特定化学物質障害予防規則有機溶剤中毒予防規則など。

関連項目[編集]