ドラッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラッケン』(Drakkhen)とは、1989年に、Infogrames社から発売されていた疑似3Dロールプレイングゲームである。開発はフランスのDraconianが行う。

Amigaで最初に発売され、その後Atari STPC/AT互換機PC-9800シリーズX68000FM TOWNSスーパーファミコンに移植された。

各プラットフォームについて[編集]

Amiga[編集]

これが原作であり、またAmigaの重厚なサウンドを生かし、歌唱つきのオープニングが流れる。 メディアは512KBフロッピーディスク二枚組になっており、ゲームを途中でセーブするにはもう一枚新しいフロッピーディスクが必要になる。また、ゲームを途中からプレイする、もしくはデフォルトのキャラクターでプレイする場合はディスク1から、キャラクターを新規で作成し、途中でセーブをする予定がある場合には、ディスク2から起動する必要があり、ディスク2から起動した場合には上述のオープニングは流れない。 擬似3Dの世界の広がり、独特の神秘的な設定は当時のゲーマーに大きな衝撃を持って迎えられ、様々な機種への移植が熱望されることになる。

Atari ST[編集]

PC/AT互換機[編集]

PC-9800シリーズ[編集]

エピックレコードジャパン(当時の社名はEPIC SONY)による移植作品。音楽などが全く異なる物に変更されており、ゲームバランスも調整されている(原作と比べるとモンスターがかなり弱くなっているが、それでも後述のスーパーファミコン版よりは桁外れに強い)。

垂直走査中にパレットを切り替えることによりハード由来の厳しい色数制限を乗り越えた多色表示を実現していた点と、日本語英語フランス語を始めとする数カ国語への対応をいち早く実現していた点がセールスポイントとなっていた。

メディアは2HDフロッピーディスク一枚だが、セーブを行う場合は別途もう一枚ディスクを用意する必要がある。ハードディスクへのインストールも可能で、この場合はセーブ用のディスクを必要としないが、ゲームを起動する場合にはその都度マスターディスクが必要となる。

X68000[編集]

PC-9800シリーズ版と一緒に、エピックレコードジャパンによって移植された。システムそのものはPC-9800版とほぼ同一だが、X68000の方がサウンド・グラフィック機能が高いために、一部の画質やサウンドの音質などが向上している。 メディアは2HDフロッピーディスク2枚組で、プログラムディスクをドライブ0、データディスクをドライブ1にセットしてプレイする。

FM TOWNS[編集]

  • タイトル画面で英語版と日本語版を選択できる。セーブデータは共通。
  • BGMは、CD-DAで収録されている。
  • 日本語版での、ストーリー上の主要な台詞は、CD-DAのトラックに収録されている。音声は著名な声優が担当。
  • 配布メディアはCD-ROMだが、ゲームの進行を記録するために、3.5インチ2HDのフロッピーディスクが1枚必要。
  • 小冊子、地図などのオマケが添付されている。
  • 既に発売されていた、AmigaやAT互換機版の移植(TONWSの仕様からすると、おそらく後者)。
  • 名義は、開発:Infograms、販売:富士通だが、移植作業そのものは、日本側スタッフが担当。
  • HDDインストール機能は無いが、必要なファイルを全てHDDにコピーした上で、実行ファイルの中に記述されたCD-ROMのドライブレター部分(Q:\)をインストール先のドライブに書き換えることで、HDD上での動作そのものは問題なく可能。
  • 画面モードは、640x480/TrueColor中256色モードを利用。画面を縦横2倍に拡大し、320x240相当のバッファを4面確保して、オフスクリーン領域に書き込んでから、切り替えて表示する、古典的なアニメーション方式。
  • 発売前には、スケルトンと戦うデモが公開されていたが、市販バージョンでは登場しない。

スーパーファミコン[編集]

コトブキシステムによる移植作品。スーパーファミコン初のロールプレイングゲーム。PCとはプレイヤー層もインターフェースもまるで違う家庭用ゲーム機への移植ということもあってか難易度はある程度下げられており、システム面についても殆ど別のゲームと言っても差し支えないほど多数の変更・省略がなされている。ゲーム内において示されるヒントも非常に分かりやすくなっているため、攻略情報が一切ない状態であってもシステム面に馴染むことさえできればクリアは十分に可能である。

以下、目立った変更点の例を列挙する。

  • 原作では失敗するとキャラクターが即死していたトラップが緩和・あるいは削除された。たとえば、ホドケン城の堀に棲む人喰いザメがある程度ゲームが進行するまで登場しなかったり、進入可能条件を満たしていないダンジョンに突入しようとしても衛兵に追い返されるだけで済むようになっているなど、総じてプレイヤーに優しい変更となっている。
  • 特定の条件を満たさないままセンターオブアイランドに行った場合、原作ではドラゴンに襲われる(4種類いるが、どれも作中最強クラスのモンスターで、並のレベルではまず勝ち目がない)が、スーパーファミコン版ではただ追い返されるだけで済む。(これを利用した裏技も存在する)
  • 地図の表示が可能である。自分の位置と向きも確認することが出来るため、非常に便利。
  • モンスターがかなり弱くなっている。低レベルでもそれなりに戦うことができ、他機種と比べて断然レベルも上がりやすい。
  • ゲーム進行に合った装備品・アイテムを無尽蔵に購入・売却できる「さすらいの商人」が登場する。フィールド上にてランダムに遭遇するほか、酒場に行けば必ず会うことができる。(一方、原作に存在していた唯一の武器屋は削除されており、店の主人も一切登場しない)
  • ドラッケン文字(後述)が登場しない。これに伴い、ドラッケン文字に関連した謎解きや魔法はすべて削除されている。
  • 各キャラクターのセリフから壁に刻まれている文字・システムメッセージに至るまで、あらゆる文章表現が書き直されている。難解な言い回しが平易な表現に書き換えられて分かりやすくなっているほか、コトブキシステムの往年の作品にもみられるような、珍妙で奇怪だが妙に愛着の湧く表現も一部ではあるが加えられている。
  • 寺院は一度利用するだけで全員が完全に回復されるようになっており、料金もかからない。(これに伴い、司祭の発言の一部に多少の矛盾が生じている)
  • 最後の謎解き(これが結構分かりにくく根気が必要と思われる)が、完全に削除されている。
  • 一部のフィーチャーが削除されている。たとえば、空ビンを持っていても各ダンジョン内に点在する泉から水を汲むことができなくなった、など。
  • 他機種ではファイター・アマゾン・プリースト・プリーステスでパーティーを組んでしまうと「アンロック」の魔法が使えず、ある謎解きをクリアすることができない「ハマり」になってしまうが、SFC版では同じジョブのキャラクターは、たとえ異性であっても複数作成できない。すなわち、各職業のキャラクター1人ずつのプレイを強制されることとなり、パーティ編成でクリア不可能になることはない。
  • キャラクターの初期装備がやや異なる。
  • キャラクターのグラフィックについても、かなり原作と異なっている点がある。たとえば、上半身用の防具の下半身にはみ出している分は表示されない。
  • 上半身用防具の重ね着は一切出来なくなっている。たとえば、原作ではシャツの上に鎧を着ることが出来たが、スーパーファミコン版ではどちらか一方のみしか装備できない。
  • 音楽面の変更。BGMが全面的に違うほか、モンスターが交戦時に発する鳴き声などといった効果音類も大幅に変更されている。世界観を壊さず、かつ日本の家庭用ゲーム機ユーザーの嗜好を汲み取った音楽となっており、プレイヤー間での評判は悪くないようである。

また、続編としてスーパードラッケンが発売されているが、ゲームシステムは全く異なり、シナリオ的には続編であるものの、ゲームとしては全く別の内容となっている。 その他に、スーパードラッケンとは別に、ドラッケンIIという続編が予定され開発されていたが(本作のエンディングでもそれを予告する様な表現が為されていた)、開発中止となった。

ゲームが始まるまでのあらすじ、目的など[編集]

ある時、突然魔法がこの世界から消えてしまった。愚かな戦士が、魔力の源となっているドラゴンを殺してしまったからであった。その後の調べで、地図にはない「ドラッケン島」という島が発見され、そこでは人型ドラゴンであるドラッケンと、人間が暮らしている事が明らかになった。またこの島は徐々に大きくなっていき、いずれは世界中を食いつぶし、人間を滅亡させてしまうことが明らかになってきていた。世界の危機を救うため、4人の英雄(プレイヤー達)がこの島に旅立つことになった。4人の英雄は、この危機を乗り切るために、ドラッケン達の内乱を鎮め、9つのジェムを集めなくてはならないのであった。

ジョブ[編集]

このゲームには、主に4種類、男性用ジョブ、女性用ジョブを全てばらして数えると、6種類のジョブが存在し、4人のキャラクターを作成することになる。また、同性の同一のジョブのキャラクターは複数作成できない。(スーパーファミコン版は異性同士であっても作成できない)

ファイター(男性)/アマゾン(女性)[編集]

戦士であり、ドレス以外の武器防具は全て装備ができ、攻撃の主力にしやすいが、魔法は殆ど使えない。

スカウト[編集]

偵察兵であり、武器防具はファイターやアマゾンと同一の物が装備できるが、やや攻撃力や体力などが劣る。しかし鍵を開けたり、ダンジョンを明るくしたりなどの補助魔法を中心に、魔法がある程度は使用できる。

マジシャン(一部の作品でのみ、女性はソーサレス(Sorceress)となっている)[編集]

魔法使いであり、攻撃魔法を使用できる。攻撃力や体力などは劣り、また装備できない防具が多いが、防具として(青い)ドレス(スーパーファミコン版はコートと記述)がこのジョブのみ装備できる。

プリースト(男性)/プリーステス(女性)[編集]

僧侶であり、回復魔法を主に使用できる。攻撃力や体力などは劣り、また装備できない防具もあるが、防具として(茶色の)ドレス(スーパーファミコン版はローブと記述)がこのジョブのみ装備できる。

ゲームクリアにはスカウトとマジシャンしか使えないある魔法が必須であるため、パーティー編成の際にどちらかを最低でも一人は入れなければならない。

ドラッケン文字[編集]

このゲームには(スーパーファミコン版を除き)、ドラッケン文字という架空の文字が登場し、(特に最初のうちは)取り扱い説明書を読んで翻訳しなければならず、特に魔法は全てドラッケン文字にて表示されるため、ドラッケン文字を知っておかなければ魔法を使用することすらままならなくなってしまう。 なお、このドラッケン文字は、単にアルファベットを記号に置き換えた物であるため、対応を覚えれば説明書を読む必要はなくなる。(魔法・アイテムのドラッケン文字は効果に対応した、英単語を略したものが殆どである)

ドラッケン文字一覧(*は該当文字なし)

ドラッケン島[編集]

ゲームの舞台であるドラッケン島は、四角形のマップで表される。
草原、湿地、雪原、砂漠の四つのエリアがあり、それぞれのエリアを支配しているドラッケンが男女一体ずつ存在する。

草原[編集]

ここからゲームが始まる。住人なども比較的多く見られるエリアである。
支配しているドラッケンは、ホドケン(男)と、ホドカ(女)である。

湿地[編集]

水たまりが多く、落ちるとキャラクターが溺れてしまうので、慎重に移動する必要がある。
支配しているドラッケンは、アーケン(男)と、アーカ(女)である。

雪原[編集]

一面の銀世界で、道が少なく迷いやすいので注意が必要。
支配しているドラッケンは、ナクトケン(男)と、ナクトカ(女)である。

砂漠[編集]

強力な恐竜、更にはドラゴンがいきなり出て来る危険なエリア。
その強さゆえ、防具を破壊されたり、一発でキャラクターが殺されたりすることも多い。
支配しているドラッケンは、ハズルケン(男)と、ハズルカ(女)である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]