ドラゴンヴァラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンヴァラー
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション[PS]
ゲームアーカイブス[GA]
発売元 ナムコ(現・バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア CD-ROM2枚組
発売日 [PS]1999年12月2日
[GA]2014年3月26日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

ドラゴンヴァラー』は1999年12月2日ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)からプレイステーション用ソフトとして発売されたアクションゲーム

概要[編集]

1985年に稼動した『ドラゴンバスター』の世界観を基にした作品であるが、システム・ストーリー共にほとんど別のゲームである。ルームガーターやマジックアイテムのほとんどが消滅した一方で8種類の魔法やパラメーターをアップさせるアイテムや物品売買専用の品が多く登場している。また、3D化に伴い、アクション面の強化が図られている。『ドラゴンバスター』からあった「兜割り」や「垂直切り」などだけではなく、通常攻撃の連続切りや危険回避技、ため切り、居合い切りなどが加わっている。そして、このゲームのストーリー面のカギとなっているのが世代交代である。初代の滅竜士・クロヴィスとヒロインが結ばれ、その子さらに孫・曾孫が彼の意志と能力を受け継いでドラゴンを倒すというのがポイントである。ストーリーはチュートリアルである序章と本編が五章ある。

ストーリー[編集]

この世界では、人知れずドラゴンとそれを滅ぼす滅竜士との戦いが繰り広げられていた。ある滅竜士は魔剣アゾスを手にドラゴンと戦っていたが、力及ばず敗北する。そのドラゴンの吐いた炎は滅竜士だけでなく、近くにあったブライズ村をも焼き払ってしまった。

たまたま村の外に出ていた青年、クロヴィスが村に帰ると村はすでに火の海と化し、唯一の肉親であった妹のエレーナはドラゴンによって焼き殺されてしまった。嘆き悲しむクロヴィスの目の前に一本の剣があった。その剣を手にした彼は、この事件がドラゴンの手によるものであること、そしてこの剣はドラゴンを殺すことのできる魔剣であることを剣の力によって知る。

ここから、クロヴィスの復讐の旅と彼の一族の戦いが始まる……。

キャラクター[編集]

本作では二章からストーリーが分岐する。ストーリーを以下では便宜上ABCとする。

序章「滅竜士」・第一章「報復者」[編集]

クロヴィス・バークレー
序章と第一章の主人公。平凡な青年であったが、妹がドラゴンに殺され、魔剣を手にしたことから滅竜士として覚醒する。ドラゴンへの憎しみから冷酷に振舞うも、ところどころに生来の人の良さが伺える。
 セリア・ラクシス
ラクシス王国第一王女。第一章のヒロイン候補。王家に対して反乱を起こしたアゼル騎士団によって幽閉されている。城の中の生活しか知らないために高圧的で高飛車。彼女を救出するか否かでストーリーが分岐する(彼女をヒロインとしたシナリオを以下ではAとする)。
 カロリナ・レスリー
ラクシス城下に住む発明家の卵。第一章のヒロイン候補。発明家の父と暮らしていたが、父親はアゼル騎士団の兵器開発への協力を拒否して処刑された。しかし、それを感じさせない気丈で明るい性格の少女(彼女をヒロインとしたシナリオを以下ではBとする)。
ヴォーレフ
ドラゴンの力を駆使するというアゼル騎士団を率いる黒騎士。ドラゴンを利用しているつもりだが、本当は利用されているにすぎないことに気づいていない。ドラゴンの力で強化されているアーマーを装着しているが、名前が長すぎてその名は毎回変わってしまっている。
レイジドラゴン/ルビー・ブラッド
序章のドラゴン。炎を司る竜で、高熱の炎を吐く。高位古代竜の流れをくみ、人語を解するだけではなく、古代高位魔法を自在に操れる。
タイタンドラゴン/シックス・アメジスト
第一章のドラゴン。クロヴィスに倒されたルビー・ブラッドが古代高位魔法で転生した地竜の幼生体。光に弱く、地下に潜む。知能は転生前と同じだが、肉体への負荷が高いため、古代高位魔法は使えない。

第二章「騎士団残党」(A)[編集]

アーレン・ラクシス
クロヴィスとセリアの一人息子で、ラクシス王国王子。第二章Aの主人公。王子として、騎士としての専門教育を受け、人柄もよいが世間知らずで思慮が浅く、無意識に人から反発される言葉を発してしまうこともある。
シェラ・フロスト
第二章Aのヒロイン。ラクシス王国に対して反乱を起こして独立したアルケミア王国で、反アルケミアの運動を行っている西ラクシス解放軍のリーダー。男勝りだが情に厚い。
ロドーニャ
アルケミアの黒騎士かつリーダー。一章に登場したヴォーレフの息子で、父を倒したクロヴィスを憎んでいる。復讐のためにドラゴンの復活をたくらむ。父親に比べると、潔い性格をしており、自分から生贄になることでドラゴンの力を上げて、復讐を果たそうとした。
シモン, フランコ
西ラクシス解放軍のメンバー。シェラを尊敬しており、行動を共にしている。
アークトスドラゴン/サファイア・スクリーム
第二章Aのドラゴン。氷を司る水生竜。知性はほとんどなく、一旦敵とみなしたものには執拗な攻撃を仕掛ける。氷のブレスを吐くが、数回吐くと疲労してしまうこともある。

第二章「狂剣士」(B)[編集]

コーデル・バークレー
クロヴィスとカロリナの息子。10歳のときに父クロヴィスが突然失踪したため、自分と母親は捨てられたものだと思い込んでしまった。生活の糧を得るために海賊狩りをしていたが、その最中に魔剣に出会う。
ファーナ・フランクウッド
第二章Bのヒロイン候補。海賊・ロベールの娘。コーデルと共に行動していたが、突如現れたゴーストに魂を抜かれてしまう。快活で商才豊かな人物(彼女をヒロインとしなかったシナリオを以下ではCとする)。
ロベール・フランクウッド
海賊として名をはせているが、元は滅竜士としてクロヴィスと行動していた。クロヴィスの失踪の理由と居場所を知る人物。
ヘルファイアドラゴン, インフェルノドラゴン/ピジョンブラッド・ツイン
第二章Bのドラゴン。火山の洞穴に住む。常に雌雄一対で行動するため、一見すると双頭竜のように見える。溶岩にも溶かされない外皮はそれ自体が高温であり、人間なら触れるだけでも大火傷する反面、冷気に弱い。

第三章「魔人宰相(A)「凶竜神」(B)[編集]

フェリペ・ラクシス
Aシナリオの主人公。アーレンとシェラの息子で、ラクシス王国王子。母親が平民出身だったせいかあまり王族らしくない。腕試しと婚約者の顔を見るために、身分を隠してジラート帝国に向かうが、そこで魔剣を奪われてしまう。
フィリップ・バークレー
Bシナリオの主人公。コーデルとファーナの息子。貿易商として航海している途中、魔物に襲撃され、海に落ちてしまう。しかし、奇跡的に小さな島にたどり着く。しかし、それは偶然ではなく、新たな魔剣との遭遇の端緒であった。
ジーネ・ジラート・レインスターク
A・Bシナリオのヒロイン。ジラート帝国の皇女だが一流の剣士であり、また一人称も「ボク」という変わった少女(すなわちボク少女)。Aシナリオではフェリペの婚約者として登場し、Bシナリオでは魔剣を探しに来た島でフィリップと出会う。
ヴィルヘルム
A・B両シナリオに登場する。ジラート帝国騎士団長兼ジーネのお目付け役。
ゾマス
Aシナリオに登場する。ジラート帝国の宰相。ドラゴンハーフとなり、強さと永遠の命をえようとしてフェリペから魔剣を奪う。しかし、だまされてドラゴンの細胞を移植された結果、精神に異常をきたし、最後は人間でもドラゴンでもない化物にされる。
カルヴァン
Bシナリオに登場する。フィリップが乗る船の船長。
マセオ
Bシナリオに登場する。魔術師の村の長だったが、魔物に襲われ、瀕死の重傷となる。フィリップに魔剣の存在を知らせるためだけに何とか命を長らえる。
テンペストドラゴン/エメラルド・ウィング
Aシナリオのドラゴン。エメラルドグリーンの外皮に覆われた、風を司る竜。翼は鳥のような羽で覆われ、長時間空を飛べる。ブレスは竜巻を起こす。
サンダードラゴン/タイガーアイズ
Bシナリオのドラゴン。雷を司る。皮膚は電気を蓄えており、相手は接触するだけで感電する。殺傷力の高い雷を起こすこともでき、相手を瞬時に焼き尽くす。

第三章「拝竜教団」(C)[編集]

ジェロム・バークレー
Cシナリオの主人公。コーデルのまねをして海賊狩りをしていたが、殺されそうになったところをコーデルに助けられる。その後、コーデルの養子となるものの、コーデルは流行病で早世する。再び一人となったジェロムは盗賊を襲う盗賊となっていたが、その最中ドラゴンを崇める教団の宝について知る。なお、彼はCシナリオ第五章の始めだけ再びプレイヤーとして操作できる。
サーラ
Cシナリオのヒロイン。邪教・ダハーカ教団の生贄にされそうになっていたところをジェロムに助けられる。魔術師の村出身のためすさまじい魔力と「~ですぅ」といった妙に間延びした口調が特徴。
ハデスドラゴン/ダークオニキス
Cシナリオのドラゴン。竜の骨を賢者の石でよみがえらせた、いわゆるドラゴンゾンビの類。そのため、感情も知能もなく、自分全てを敵とみなして闇の気を飛ばして攻撃する。

第四章「古代竜御使」・第五章「邪竜復活」[編集]

アンナ・ジラート・レインスターク
ジーネとフェリペ(Aシナリオ)またはフィリップ(Bシナリオ)の娘で、ジラート帝国皇女。双子の兄弟で弟はミハエル。高い教養と気品、そして超一流の剣技で各国から求婚が絶えないが極度のブラコンのため見合いは失敗続きのようである(とくにBシナリオ。AシナリオではBシナリオよりは多少ブラコン色は薄い)。Aシナリオでは第四章の主人公、Bシナリオでは第五章の主人公として登場する。
ミハエル・ジラート・レインスターク
ジーネとフェリペ(Aシナリオ)またはフィリップ(Bシナリオ)の息子で、ジラート帝国皇子。双子の兄弟で、姉はアンナ。Aシナリオでは第五章の、Bシナリオでは第四章の主人公。性格はシナリオによって異なり、Aシナリオの方では臆病ながら優しい性格でかなりのシスコンである一方、Bシナリオでは果断で姉のアンナが早く弟離れしてほしいと願う青年となっている。グラフィックも二つのシナリオで若干異なる。
アニタ・バークレー
Cシナリオの第四・五章の主人公。ジェロムとサーラの娘。退魔士として活躍していたが、旧ラクシス王国の探索中に魔剣があと二本あることを知る。仕事に役立てるために残りの魔剣を探しに行くが……。
ヴィルヘルム
A・B両シナリオではアンナとミハエルの剣の師匠兼守役として四章の主人公に同行する。Cシナリオではジーネの預言に従い、世界に散らばった魔剣を探しており、そこでアニタと遭遇する。
タロンドラゴン/クロセルシャドー
第四章のドラゴン。クロセルによって生み出された魔法生物で、体中に口があり、ある程度ダメージを受けると上の口から頭のようなものをだす異形の竜。ブレスはレーザー。
アズィ・ダハーカ
凶竜神とも呼ばれる最初のドラゴン。本作のラスボス。あらゆる悪の気の集合体で、その咆哮を耳にしただけでも常人ならば発狂するという。また、怒りなどの強い負の感情に支配された人間をドラゴンに変える力も持つ。

ドラゴンハーフたち[編集]

ヴァプラ
ダハーカの使徒であるドラゴンハーフの一人。肥満体で鉄棒を得物とする。己の力を誇示し、気に入らないものには見境なく攻撃を仕掛ける。シナリオの分岐によっては、正面きって戦うことすらなく粛清されてしまう。
ハルファス
ドラゴンハーフの一人で、痩身。ランスを得物とする。半永久的な生に疲れ、死を望んでいる。しかし、ドラゴンハーフを殺せるのは魔剣を持つ滅竜士だけであるため、四章の主人公をわざと挑発して不毛な生に終止符を打とうとするが……。
クロセル
ドラゴンハーフの一人。子どものときにドラゴンハーフになったせいか、見た目も性格も幼く、人間だったころの母親を今も忘れられない。しかし、残忍さと狡猾さではほかの二人をはるかに上回る。「チビ」や「化け物」などと呼ばわられることが何より大嫌い。

関連書籍[編集]

  • ドラゴンヴァラー オフィシャルガイドブック(エンターブレイン刊)
  • ドラゴンヴァラー 報復者の宴(小説 ゆうきりん著・エンターブレイン刊)
  • ナムコ公式ガイドブック ドラゴンヴァラー(ナムコ刊)
ナムコから刊行されたこともあり、没になったキャラクターデザイン(クリア後に見られるギャラリーにも載っていない)も掲載されている。

外部リンク[編集]