ドラゴンハート 新たなる旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンハート 新たなる旅立ち
Dragonheart: A New Beginning
監督 ダグ・レフラー
脚本 シャリ・グッドハーツ
製作 ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 ヘスター・ハーゲット
出演者 クリス・マスターソン
ロビー・ベンソン(声)
音楽 マーク・マッケンジー
(テーマ音楽:ランディ・エデルマン
撮影 バズ・フェイシャンズ四世
編集 ジョン・M・テイラー
配給 ユニバーサル映画
UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年8月8日
日本の旗 2001年4月13日(ビデオ)
日本の旗 2001年6月22日(DVD)
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
スロバキアの旗 スロバキア
言語 英語
前作 ドラゴンハート
テンプレートを表示

ドラゴンハート 新たなる旅立ち』(ドラゴンハート あらたなるたびだち、Dragonheart: A New Beginning)は2000年製作のアメリカビデオ映画。84分。1996年製作のアメリカ映画ドラゴンハート』の続編。

概要[編集]

ドラゴンハート』から四年を隔てて制作された続編。ストーリーは前作から数十年の時を経ており、前作の登場人物であるボーエン、ギルバートなどは回想や台詞の中に登場するのみである。スタッフ・キャストも前作と共通する者は少なく、引き続いて参加している主なメンバーは製作のラファエラ・デ・ラウレンティスのみである。

あらすじ[編集]

修道院で厠番をする見習いの青年ジョフは、いつか騎士になることを夢見て日々の生活を送っていた。ある日ジョフは、友人のマンセルからこっそり盗んだ鍵で、入ることを禁じられていた扉をくぐる。ジョフがその奥で出会ったのは、遠い昔に死んだ最後のドラゴンとされるドレイコが遺した、ドレイクという名の若いドラゴンだった。

一方、巷では「彗星が夜空を横切るとき、ドラゴンの心臓が人類の運命を変える」という予言がまことしやかに流れ、予告されたその日を目前にし、様々な思惑が動き出していた。

スタッフ[編集]

  • 監督:ダグ・レフラー
  • 製作:ラファエラ・デ・ラウレンティス
  • 製作総指揮:ヘスター・ハーゲット
  • 脚本:シャリ・グッドハーツ
  • 美術:ジョルジオ・ポストグリネオ
  • 音楽:マーク・マッケンジー
  • テーマ音楽:ランディ・エデルマン

キャスト[編集]

役名 オリジナル英語版
俳優
日本語吹き替え
ソフト
ドレイク ( ロビー・ベンソン 藤原啓治
ジョフ クリス・マスターソン 石田彰
オズリック/グリフィン (声) ハリー・ヴァン・ゴーカム 堀内賢雄
リアン ローナ・フィゲロア 阿部桐子
マンセル マット・ヒッキー 檜山修之
クワン ヘンリー・O 佐々木梅治

関連項目[編集]