ドラゴンドア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラゴンドアDragondoor)は、日本プロレス団体。運営会社は闘龍門

概要[編集]

2005年4月27日に新イベント「Dragondoor」開催を発表。川畑憲昭を代表として、DRAGON GATEを解雇された悪冠一色のメンバーが合流して興行を開始する。団体のロゴがlivedoorに似ているのは当初パロディであったが、これを見たlivedoor担当者が提携を持ちかけ、パロディは“嘘から出た誠”となった。団体のキャッチフレーズも当時の同社社長の堀江貴文に因み、想定外プロレスを名乗った。

旗揚げ戦は2005年7月19日後楽園ホールにて行われた。団体のイメージカラーが青と黒だったため、通常のリングでは赤コーナーのところを黒コーナーにしていた。なお旗揚げ戦で当時DRAGON GATE所属だったマグナムTOKYOが観戦に訪れたものの、入場を止められる事件があった。発足経緯からDRAGON GATEとは微妙な関係にあったが、この一件以降両団体の関係は断絶している。

なお参戦選手が他団体出場の際「Dragondoor所属」と紹介される事があるが厳密には石森太二選手のみ闘龍門所属で他の選手(特に悪冠一色のメンバー)はフリーであり、Dragondoor所属選手はいない。しかし窓口としてDragondoorがマネージメントをする場合もあり、まったくの無関係という訳ではなく、現に全日本プロレスはDragondoorを通して選手を派遣してもらっていた。

闘龍門2000プロジェクトの流れを汲む選手が多いことから2006年2月7日には後楽園ホールにてT2P・ワン・ナイト・スタンドを開催、六角形リングを再現した。その時livedoorの小島GMから提携の継続を言われたが2月14日の会見で突然Dragondoorとしての活動を終了を発表した。

2月23日の記者会見で今後は新たに「プロレスリング・エルドラド〜NEXT door PROJECT〜」を設立して活動することが発表された。また新団体でのlivedoorとの関係継続も発表され、新団体のロゴはlivedoor所属のデザイナー(石川秀一)が担当した。選手は正式に「プロレスリング・エルドラド」所属選手として活動していく。

移行の詳細はプロレスリング・エルドラドを参照

所属選手[編集]

レギュラー参戦選手[編集]

スタッフ[編集]

リングアナウンサー[編集]

役員[編集]

代表取締役[編集]