ドラケンスバーグ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラケンスバーグ山脈
Drakensberg
South Africa The Drakensberg.JPG
所在地 南アフリカ共和国レソト
最高峰 タバナントレニャナ山 (3,482m)
テンプレートを表示

ドラケンスバーグ山脈(ドラケンスバーグさんみゃく、英語: Drakensberg アフリカーンス語: Drakensbergeドラケンスベルヘ))は、南アフリカ共和国東部にあり、レソトを抜け南北に連なる最も高い山脈で、最高峰はレソトのタバナントレニャナ山[1](標高3482m)である。「ドラケンスバーグ」はアフリカーンス語で「竜の山々」を意味する「ドラケンスベルヘ」の英語読みで、ズールー語ではウクハランバ(「槍の障壁」)と呼ばれる。クワズール・ナタール州フリーステイト州を分ける山であるとともに、その北西の屈曲部は南アフリカとレソト国境線を形成しており、レソト領内に位置するものはマロティ山脈英語版と呼ばれる。

位置[編集]

この山脈は、南アフリカ共和国東部に位置し、南西から北東へと約1000kmにわたってのびている。西部はオレンジ川ヴァール川に浸食されており、東部と南部には、トゥゲラ川をはじめとする多くの川が流れている。

気候[編集]

一帯には一年を通じて降雨の発生があり、冬になれば規則的にも降る。

地形[編集]

ドラケンスバーグ山脈

地理的には、ドラケンスバーグ山脈は本来のアフリカ高原の残滓にあたり、砂岩からなる基盤岩の上に厚さ1500m以上の玄武岩の層が載っている。そのため山腹の急峻な山塊と尖峰が入り混じる山容を示す。砂岩の壁面にところどころ口を覗かせる洞窟には、サン人による洞窟壁画が多く残る。

主な山[編集]

などがある。主要な山頂は全て征服されつくしているが、小さな山頂には未制覇のものもある。


世界遺産[編集]

世界遺産 マロティ=ドラケンスバーグ公園
南アフリカ共和国レソト
Drakensburgmountains.jpg
英名 Maloti-Drakensberg Park
仏名 Parc Maloti-Drakensberg
面積 249,313 ha (緩衝地域 46,630 ha)
登録区分 複合遺産
登録基準 (1), (3) (7), (10)
登録年 2000年
拡張年 2013年
IUCN分類 I, II(国立公園)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ドラケンスバーグ山脈の位置
使用方法表示

ドラケンスバーグ山脈の様々な自然保護区が、レソト国境に近いクワズール・ナタール州内に設定されており、これらはまとめてユネスコ世界遺産複合遺産)に登録されている。ラムサール条約登録対象となっている湿地などの自然環境と、サン人の残した洞窟壁画が多く残る文化的景観との両面が評価されたものである。

当初の名称は「ウクハランバ / ドラケンスバーグの公園」だったが、2013年にレソトのセアラバセベ国立公園に範囲が拡大され、それに伴い名称も変更された。


登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 講談社『世界全地図・ライヴアトラス』P.189


座標: 南緯29度17分 東経29度10分 / 南緯29.28度 東経29.16度 / -29.28; 29.16