ドライカレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドライカレーは、日本のカレーライスのバリエーションのひとつ。

概要[編集]

ドライカレー(挽肉タイプ)
ドライカレー(カレーチャーハン)
インド料理店におけるドライカレーの一例(インゲンとポテトを香辛料で煮込んだもの)

現在、以下のスタイルのカレーライスが、ドライカレーと呼ばれている。

  1. 挽肉みじん切りにした野菜を炒め、カレー粉で風味をつけ、スープストックで味付けをして煮詰め、平皿に盛った白飯に載せた料理。インド料理キーマカレーに似ているが、汁気はずっと少ない(挽肉タイプ)。
  2. カレー風味の炒飯炒飯タイプ)。家庭で簡単に作れる「ドライカレーの素」や、冷凍食品が各社から発売されている。「カレーチャーハン」とも呼ばれる。
  3. 生の米とカレー粉を具材と一緒に炒め、炊き上げたもの(ピラフタイプ)。

インド料理を原型として、日本で独特の発展をしたカレーライスのバリエーションのひとつである。日本のインド料理店において、汁気の少ない香辛料を使った煮物を、ドライカレーと称している例もある。

歴史[編集]

1910年ごろ、日本郵船の外国航路船「三島丸」の食堂が、はじめてドライカレー(挽肉タイプ)を出したといわれている。

関連項目[編集]

  • キーマカレー - インド料理のひとつで、挽肉を使った汁気の比較的少ない煮物。日本の挽肉タイプのドライカレーの原型とされるが、ライスにかけるだけでなく、ナンチャパティと一緒に食する場合もある(ただしこれは、他のインド料理の煮物、いわゆるカレーに共通して言える)。
  • ビリヤニ - インドの炊き込みご飯で、祝い事などの際に手間暇をかけて作られる。
  • カフェ・ハイチ - 東京新宿を中心に展開している喫茶店で、ドライカレーが有名。
  • タコライス - ドライカレーと近似していると言われる。