ドメインキー・アイデンティファイド・メール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドメインキー・アイデンティファイド・メール(DKIM: DomainKeys Identified Mail)とは、電子メールの認証技術である。DKIMは、署名するMail transfer agent(MTA)から検証するMTAまで、ほぼエンド・ツー・エンドの完全性を提供する。多くの場合、署名するMTAが発信者に代わりDKIM-Signatureヘッダを追加し、また検証するMTAがDNSを通じて発信者の公開鍵を検索する事で、受信者に代わり署名の正当性を立証する。

DomainKeys の仕様は、DKIMを作るためにアイデンティファイド・インターネット・メール(IIM: Identified Internet Mail)の特徴を採用した。DomainKeys とIIMを併せた仕様は、IETF標準化提案(Proposed Standard)に向けて仕様を導いたIETFワーキング・グループのための基礎である。

一般的な動作方法について、詳しくは DomainKeys を参照の事。DKIMはあらゆる点で DomainKeys の動作に極めてよく似ている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]