ドミニク・ヴォワネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミニク・ヴォワネ

ドミニク・ヴォワネDominique Voynet1958年11月4日 - )は、フランス政治家緑の党の創設者のひとり。

ドゥー県モンベリアル出身。麻酔医として出発するが、1970年代から環境保護運動に共鳴し、反原発運動や森林保護などの運動に参加した。さらにアムネスティ・インターナショナルフランス民主労働連合に参加する。

1982年の緑の党結成に参加する。1989年欧州議会議員選挙に緑の党から立候補し当選する。1992年から1994年までフランシュ・コンテ地域圏総会議員も務めた。 1995年大統領選挙に緑の党から立候補し、101万票(3.8パーセント)を獲得した。1997年下院国民議会総選挙後、リオネル・ジョスパン内閣の環境相として入閣した。2004年からセーヌ=サン=ドニ県選出の上院議員

2007年フランス大統領選挙にも立候補したが、57万6666票(1.57パーセント)に終わった。

参考文献[編集]

  • 「フランス緑の党とニュー・ポリティクス(1)」、『佐賀大学経済論集 』2003年5月号、 畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • 「フランス緑の党とニュー・ポリティクス(2)」、『佐賀大学経済論集 』2003年7月号、 畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • 「フランス緑の党とニュー・ポリティクス(3)」、『佐賀大学経済論集 』2003年9月号、 畑山敏夫(著) 佐賀大学経済学会
  • 「政権に参加したフランス緑の党」、『政策科学2004年3月号、 畑山敏夫(著) 立命館大学政策科学会
  • 『沸騰するフランス 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き』  及川健二(著) 花伝社

外部リンク[編集]

先代:
コリーヌ・ルパージュ
フランス環境大臣
1997年 - 2001年
次代:
イヴ・コッシェ