ドミニク・リーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミニク・リーベン(Dominic Cristoph Bogdan Lieven、1952年 - )は、イギリス歴史学者ロシア近現代史が専門。

シンガポール生まれ。ケンブリッジ大学卒業。現在、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Russia and the Origins of the First World War, (Macmillan, 1983).
  • Russia's Rulers under the Old Regime, (Yale University Press, 1989).
  • The Aristocracy in Europe, 1815-1914, (Macmillan, 1992).
  • Nicholas II: Emperor of All the Russias, (John Murray, 1993).
小泉摩耶訳『ニコライ2世――帝政ロシア崩壊の真実』(日本経済新聞社, 1993年)
  • Empire: the Russian Empire and its Rivals, (John Murray, 2000).
松井秀和訳『帝国の興亡(上・下)』(日本経済新聞社, 2002年)
  • Russia against Napoleon: the Battle for Europe, 1807 to 1814,(Penguin, 2010).

編著[編集]

  • British Documents on Foreign Affairs, part 1, From the Mid-Nineteenth Century to the First World War, ser. A: Russian, 1859-1914, 6 vols., (University Publications of America, 1983).
  • The Cambridge History of Russia vol. 2: Imperial Russia, 1689-1917, (Cambridge University Press, 2006).

関連項目[編集]