ドミニク・ピール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1958年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:第二次世界大戦後のヨーロッパでの難民救済活動

ジョルジュ・シャルル・クレモン・ギラン・ピール(Georges Charles Clement Ghislain Pire、1910年2月10日ディナン - 1969年1月30日)はベルギードミニカ人の司祭で、第二次世界大戦後のヨーロッパで難民の救済活動を行い、1958年にノーベル平和賞を受賞した。

ピールは1932年に最後の儀式を行ってドミニカの司祭となり、ドミニク・ピール(Dominique Pire)と改名した。彼はその後、ローマドミニカ大学神学社会学を学び、1934年に神学の博士号を取得した。彼はその後ベルギーのユイにある修道院に戻り、貧困世帯の救済に当たった。第二次世界大戦中はピールはベルギーの抵抗組織従軍牧師となり、同盟国のパイロットの国外への密航を手助けした。彼には戦後、この活動に対して多くの賞が贈られた。

1949年、彼は第二次世界大戦による難民について研究を始め、Du Rhin au Danube avec 60,000 D. P..という著書を書き、難民のための組織を作った。組織は難民の家族に資金を援助し、1950年代にはオーストリアドイツに難民を収容する村を建設した。また司祭ではあったが、彼は社会活動の際には常に信条を持ち込まなかった。

ノーベル平和賞を受賞すると、ピールは世界からの理解をさらに高めるため、平和大学の創設に協力した。後に、平和は貧困が根絶されない限り達成されないことに気づき、発展途上国の貧困者を長期的な視点で支援する非政府組織「平和の島(Islands of Peace)」を創設した。このプロジェクトはバングラデシュインドで始まっている。

彼は外科手術の失敗で死去したが、彼の死後30年以上経っても、彼の創設した4つの組織が活動を続けている。