ドミニカ共和国陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミニカ共和国陸軍西:Ejército Nacional de la República Dominicana)はドミニカ共和国陸軍

歴史[編集]

ドミニカ独立戦争en:Dominican War of Independence)中の1844年2月27日に創設され、これ以降1863年のドミニカ回復戦争en:Dominican Restoration War)や、20世紀中盤のドミニカ内戦en:Dominican Civil War)を経て、現在に至る。

2003年イラク戦争に兵力を派遣している。

組織[編集]

陸軍参謀総長(Jefe de Estado Mayor Ejército Nacional)の下、以下の職位・組織がある。2007年時点で総員15,000人[1]

  • 総司令部
  • 参謀次長
  • 監察官

陸軍参謀本部[編集]

  • 参謀本部付
    • 調整参謀(Estado Mayor Coordinador)
    • 特別参謀(Estado Mayor Especial)
    • 人事参謀(Estado Mayor Personal)
  • 補佐官
    • 参謀総長補佐官(Ayudante del Jefe del Estado Mayor)
    • 参謀総長衛生顧問(Asesor Medico del Jefe de Estado Mayor)
    • 参謀総長人事補佐官(Ayudante Personal Jefe de Estado Mayor)
    • 第1部(G-1、人事)
    • 第2部(G-2、情報)
    • 第3部(G-3、訓練計画)
    • 第4部(G-4、兵站)
    • 第5部(G-5、民間問題)
  • 特別参謀
    • 公表報告官(Director Relaciones Publica)
    • 本部付幹部室(Oficial Ejecutivo Jefatura)
    • 軍事衛生医療団長(Director de Cuerpo Medico y Sanidad Militar)
    • 総管理官(Intendente General)
    • 戦闘資材管理官(Intendente Material Bélico)
    • 法務・軍楽総長(Director General de las Bandas de Músicas Consultor Jurídico)
    • 情報処理局長兼工兵大隊長(Comandante del Batallón de Ingeniería Director de Informática)
    • 輸送大隊長(Comandante Batallón de Transportación)
    • 通信大隊長(Comandante Batallón de Comunicaciones)
    • 駐屯部隊観閲官(Director Revista Guarnición)

作戦部隊[編集]

  • 第1旅団
  • 第2旅団
  • 第3旅団
  • 第4旅団
  • 第5旅団
  • 第6旅団
  • 戦闘支援旅団
  • 戦闘役務旅団
  • 大統領警護連隊

教育機関[編集]

  • 士官学校(Academia Militar)

装備[編集]

車両[編集]

小火器[編集]

火砲[編集]

航空機[編集]

回転翼機[編集]

階級[編集]

日本語 スペイン語 NATO階級符号
士官
陸軍中将 Teniente General
陸軍少将 Mayor General  
陸軍准将 General de Brigada  
陸軍大佐 Coronel  
陸軍中佐 Teniente Coronel  
陸軍少佐 Mayor  
陸軍大尉 Capitan
陸軍中尉 Primer Teniente
陸軍少尉 Segundo Teniente
士官候補生 Cadete   
下士官 
最先任管理曹長 Sargento Administración A&C
曹長 Sargento Mayor
軍曹 Sargento
伍長 Cabo
兵卒
一等兵 Raso Primera Clase

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]