ドミトリー・シピャーギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミトリー・シピャーギン

ドミトリー・セルゲーエヴィッチ・シピャーギンДмитрий Сергеевич СипягинDmitry Sergeyevich Sipyagin1853年3月20日1902年4月28日)は、帝政ロシア政治家

1853年キエフに生まれる。1876年サンクトペテルブルク大学法学部を卒業する。内務省に入省し、1886年ハリコフ(ハルキウ)県副知事。1988年クールラント県知事。1891年モスクワ県知事を歴任する。1893年国家資産省次官。1894年内務次官。1895年皇帝官房請願部首席長官。1899年内務第一次官。1900年内務大臣に就任する。

1902年マリインスキー宮殿社会革命党ステパン・バルマショフによってピストルで暗殺された。バルマショフは同年5月3日シュリッセリブルクで絞首刑に処されている。

先代:
イワン・ゴレムイキン
ロシア帝国内務大臣
1900年-1902年
次代:
ヴャチェスラフ・プレーヴェ