ドミティウス・ウルピアーヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グナエウス・ドミティウス・ウルピアヌスラテン語: Gnaeus Domitius Ulpianus170年頃? - 228年)とは、ローマ帝国法学者政治家である。

人物[編集]

フェニキアチルス出身。アエミリウス・パーピニアーヌスの弟子となる。ユーリウス・パウルスとは兄弟弟子。

その学説は独創性は少ないが、先人の業績を整理して発展させることに優れていたとされる。その著作は37が伝えられているが、代表的な著作には『告示注解』(Ad edictum)83巻や『市民法注解』(Ad musurium Sabinum)51巻などがあるほか、多くの論文を残している。『法学堤要』において初めて公法私法を区別したとされる。また、「主権」の概念の原型は、ウルピアヌスの「元首は法に拘束されず」(princeps legibus solutus est)、「元首の意思は法律としての効力を有する」(Quod principi placuit、legis habet vigorem)との法解釈に遡ることができるとされている。

ローマ皇帝アレクサンデル・セウェルスに召されてプラエフェクトゥス・プラエトリオ(近衛長官)となるが、反対派の策動によるプラエトリアニ(近衛軍団)の反乱で殺害されたという。

のちにユスティニアヌス1世が『ローマ法大全』を編纂した際に、「学説彙纂」に採録された学説の3分の1がウルピアヌスの学説であり、426年引用法によって特別な権威とされた5名の法学者(ウルピアヌス以外はガーイウス、パーピニアーヌス、パウルス、モデスティーヌス)の1人とされている。

後世において彼に仮託して書かれた著作も多い。

参考文献[編集]

  • 柴田光蔵「ウルピアーヌス」(『社会科学大事典 2』(鹿島研究所出版会、1968年) ISBN 978-4-306-09153-5
  • ピーター・スタイン著・屋敷二郎監訳『ローマ法とヨーロッパ』(ミネルヴァ書房)

関連項目[編集]