ドバイ・クリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1964年のドバイ・クリーク

ドバイ・クリーク英語:Dubai Creek、アラビア語:خور دبي)‎は、アラブ首長国連邦ドバイにある入り江であり、港湾として使われることでドバイの町が生まれるもととなった。クリークの北側はデイラ(Deira)、南側はバール・ドバイ(Bur Dubai)という旧市街になっている。

第38回世界遺産委員会において、登録物件の候補となったが、不登録が勧告された。

クリークを渡る手段[編集]

道路[編集]

ギャラリー[編集]

座標: 北緯25度15分21秒 東経55度19分0秒 / 北緯25.25583度 東経55.31667度 / 25.25583; 55.31667