ドネーションウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドネーションウェア (Donationware) とは、ソフトウェアの利用に際して、そのソフトウェアを利用する価値があると判断した場合に、使用者が任意の利用料を開発者に寄付するライセンス形態。日本ではカンパウェアという呼び方がよく使われるが、Macintosh コミュニティではドネーションウェアと呼ぶ方が定着している[要出典]

ソフトウェアによっては、寄付すると隠し機能を教えてもらえることもある。

作者の嗜好で現金の代わりに酒代を求めるビアウェアパイントウェア)や図書券を求める図書券ウェアなどというものもあるが、これらもドネーションウェアの一種である。中には、羊羹を求めるものもある。

有名なドネーションウェア[編集]

関連項目[編集]