ドニ・パパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥニー・パパンDenis Papin1647年8月22日 - 1712年頃)はフランス物理学者、発明家である。ロンドン王立協会フェロー[1]蒸気機関の発明者といわれる1人である。

ドゥニー・パパンの肖像画

ロワール・エ・シェール県ブロワに生れた。ユグノー教徒(プロテスタント)である。 アンジェの大学で医学数学を学んだが、物理学に興味が移った。 1671年にはパリで、クリスティアーン・ホイヘンスの助手になった。 1675年にはロンドンに行き、ロバート・ボイルと共同研究し1679年にはロバート・フックの助手となった。 1679年に水の沸点が気圧に依存することを発見し、圧力鍋の原型である「steam digester」という蒸気圧を利用した調理器を発明した。

1685年、フランスでナントの勅令が廃止されるとユグノー教徒のパパンはフランスでの活動ができなくなった。1687年にはマールブルクに移り、同年から1707年までマールブルク大学の教授を務めた。1690年代に各地で蒸気機関の研究、実験を行ったが、蒸気機関が実用化するのは、パパンの死後、イギリストーマス・セイヴァリと、トーマス・ニューコメンらによってである。それらの後継者がパパンの論文を知ることがあったにしても、直接的には蒸気機関の実用化に影響を与えなかったと思われる。

パパンが最後に残した記録は、1712年1月23日の手紙である。この年に、パパンは貧窮のなかでロンドンで死んだと考えられているが、記録は伝わっていない。

脚注[編集]

  1. ^ "List of Fellows of the Royal Society 1660 – 2007"Royal Society 、2013年2月16日閲覧。