ドニゼッティのオペラ作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドニゼッティのオペラ作品一覧では、ガエターノ・ドニゼッティオペラ作品リストを列挙する。

ドニゼッティのオペラは78作ほど残されているが、そのいくつかは改訂された版も含まれる。また未完に終わった作品も存在し、初期作品のオペラが紛失している。

作品一覧[編集]

作品タイトル 作曲年 ジャンル 台本 初演 備考
ピグマリオン
(Il Pigmalione)
1816 オペラ 1幕 不明 1960.10月13日,ベルガモ オウィディウスによる。一部紛失?
オリンピアーデ
(Olimpiade)
1817 オペラ 1幕 P.メタスタージオ? 一部紛失?
アキレスの怒り
(L'ira di Achille)
1817 オペラ 1幕 不明 未上演 一部紛失?
ボルゴーニャのエンリーコ
(Enrico di Borgogna)
1818 セミセリア
(メロドラマ)
2幕 B.メレッリ 1818.11月14日,ヴェネツィア
狂気 (ばかげた行い)
(Una follia)
1818 オペラ・ファルサ 1幕 B.メレッリ 1818.12月17日,ヴェネツィア 紛失
村の結婚式
(Le nozze in villa)
1819 オペラ・ブッファ 2幕 B.メレッリ 1821?,マントヴァ
小さな旅芸人たち
(Piccioli virtuosi ambulanti)
1819 オペラ・ブッファ 1幕 B.メレッリ パスティッチョ
リヴォニアの大工 (ロシア大帝ピョートル)
(Il falegname di Livonia)
(Pietro il grande, Czar della Russia)
1819 オペラ・ブッファ
(メロドランマ)
2幕 G.B=アルドヴランディーニ 1819.12月26日,ヴェネツィア
グラナダのゾライダ
(Zoraïda di Granata)
1821-22 オペラ・セリア 2幕 B.メレッリ 1822.1月28日,ローマ
ジプシーの女
(La zingara)
1822 セミセリア 2幕 L.A.トットーラ 1822.5月12日,ローマ
匿名の手紙
(La lettera anonima)
1822 オペラ・ファルサ 1幕 G.ジェノイーノ 1822.6月29日,ナポリ 『署名のない手紙』とも
釘とセラフィーヌ、または海賊たち
(Chiara e Serafina ossia I Pirati)
1822 セミセリア 2幕 F.ロマーニ 1822.10月26日,ミラノ
アルフレッド大王
(Alfredo il grande)
1823 オペラ・セリア 2幕 L.A.トットーラ 1823.7月2日,ナポリ
だまされた幸運な男
(Il fortunato inganno)
1823 オペラ・ブッファ
(ドラマ・ジョコーソ)
2幕 L.A.トットーラ 1823.9月3日,ナポリ
当惑した家庭教師
(L'ajo nell'imbarazzo)
1823-24 メロドラマ・ジョコーソ 2幕 J.フェレッティ 1824.2月4日,ローマ 『ドン・グレゴリオ』へ改作
リヴァプールのエミリア
(Emilia di Liverpool)
1824 セミセリア 2幕 G.ケッケリーニ 1824.7月28日,ナポリ
グラナダの亡命者 (グラナダのアラホール)
(Alahor in Granata)
1822 オペラ・セリア 2幕 M.A. 1826.1月7日,パレルモ
ドン・グレゴリオ
(Don Gregorio)
1826 メロドラマ・ジョコーソ 2幕 J.フェレッティ 1826.6月11日,ナポリ 『当惑した家庭教師』の改訂版
傷病兵たちの城
(Il Castello degl'invalidi)
1826? オペラ・ファルサ 1幕  ? 未上演
エルヴィーダ
(Elvida)
1826 ドラマ 1幕 J.F.シュミット 1826年ナポリ
ヴェルジーのガブリエッラ
(Gabriella di Vergy)
1826 叙情悲劇 3幕 L.A.トットーラ 未上演 1838年改訂
囚われの美女
(La bella prigioneira)
1826 オペラ・ファルサ 1幕 不明 未上演 未完?
オリーヴォとパスクワーレ
(Olivo e Pasquale)
1827 メロドラマ 2幕 J.フェレッティ 1827.1月7日,ローマ
2時間で8ヶ月、またはシベリアの流刑者たち
(Otto mesi in due ore, ossia Gli esiliati in Siberia)
1827 オペラ・ロマンティカ 3幕 D.ジラルドーニ 1827.5月13日,ナポリ
サールダムの市長
(Il borgomastro di Saardam)
1827 メロドラマ・ジョコーソ
(オペラ・ブッファ)
2幕 D.ジラルドーニ 1827.8月19日,ナポリ
劇場の都合
(Le convenienze teatrali)
1827 オペラ・ファルサ 1幕 G.ドニゼッティ 1827.11月21日,ナポリ 『劇場的都合不都合』に改作
リヴァプールのエルミタッジオ(隠れ家)
(L'eremitaggio di Liverpool)
1828 オペラ 2幕 G.ケッケリーニ 1828.3月8日,ナポリ 『リヴァプールのエミリア』の改作
追放されたローマ人 (ローマの亡命者)
(L'esule di Roma,ossia Il proscritto)
1828 メロドラマ・エロイコ 2幕 D.ジラルドーニ 1828.1月1日,ナポリ
ゴルゴンダの女王アリーナ
(Alina, regina di Gorgonda)
1828 メロドラマ 2幕 F.ロマーニ 1828.5月12日,ジェノヴア
カレーのジャンニ
(Gianni di Calais)
1828 セミセリア 3幕 D.ジラルドーニ 1828.8月2日,ナポリ 『カライスのジアンニ』とも
謝肉祭の木曜日、または新しいプルソーニャ
(Il giovedi grasso, o Il nuovo Pouceaugnac)
1828 オペラ・ファルサ 1幕 D.ジラルドーニ 1829年.2月26日,ナポリ
世襲貴族
(Il paria)
1828-29 オペラ・セリア 2幕 D.ジラルドーニ 1829年.1月12日,ナポリ
エリザベッタ、またはケニルワースの城
(Elisabetta al castello di Kenilworth)
1829 オペラ・セリア 3幕 L.A.トットーラ 1829.7月6日,ナポリ
狂気じみた人たち
(I pazzi per progetto)
1830 オペラ・ファルサ 1幕 D.ジラルドーニ 1830.2月6日, 『気違いのふりをする人たち』とも
世界的な大洪水 (ノアの大洪水)
(Il diluvio universale)
1830 聖悲劇 3幕 D.ジラルドーニ 1830年.3月5日,ナポリ 34年改訂
ランベルタッツィのイメルダ
(Imelda de' Lambertazzi)
1830 オペラ・セリア 2幕 L.A.トットーラ 1830.9月5日,ナポリ
アンナ・ボレーナ
(Anna Bolena)
1830 オペラ・セリア 2幕 F.ロマーニ 1830.12月26日,ミラノ
劇場的都合不都合
(Le convenienze ed incovenienze teatrali)
1831 オペラ・ファルサ 2幕 G.ドニゼッティ 1831.4月20日,ミラノ 『劇場の都合』の改訂版
フォアのフランチェスカ
(Francesca di Foix)
1831 セミセリア 1幕 D.ジラルドーニ 1831.5月30日,ナポリ
女小説家と黒い男
(La romanziera e l'uomo nero)
1831 オペラ・ブッファ 1幕 D.ジラルドーニ 1831.6月18日,ナポリ 『女流作家と泥棒』とも。後に改作
ファウスタ
(Fausta)
1832 オペラ・セリア 2幕 D.ジラルドーニ
G.ドニゼッティ
1832.1月12日,ナポリ
パリのウーゴ伯爵
(Ugo, conte di Parigi)
1832 叙情悲劇 2幕 F.ロマーニ 1832.5月13日,ミラノ
愛の妙薬
(L'elisir d'amore)
1832 オペラ・コミック 2幕 F.ロマーニ 1832.5月12日,ミラノ
カスティーリャのサンチャ (カスティグリアのサンチア)
(Sancia di Castiglia)
1832 オペラ・セリア 2幕 P.サラティーノ 1832.11月4日,ナポリ
サン・ドミンゴ島の狂人 (ドミニカ島の激情)
(Il furioso all'isola di San Domingo)
1832 セミセリア 3幕 J.フェレッティ 1833.1月2日,ローマ
パリジーナ(パリジーナ・デステ)
(Parisina)
1833 メロドラマ 3幕 F.ロマーニ 1833.3月17日,フィレンツェ
トルクァート・タッソー
(Torquato Tasso)
1833 メロドラマ 3幕 J.フェレッティ 1833.9月9日,ローマ または4幕
ルクレツィア・ボルジア
(Lucrezia Borgia)
1833 メロドラマ 2幕 F.ロマーニ 1833.12月26日,ミラノ プロローグ付き
イギリスのロスモンド
(Rosmonda d'Inghilterra)
1834 オペラ・セリア 2幕 F.ロマーニ 1834.2月27日,フィレンツェ
マリア・ストゥアルダ
(Maria Stuarda)
1834 叙情悲劇 3幕 G.バルダーリ 1835.12月30日,ナポリ 直前に上演禁止,初演35年12月ミラノ
ブオンデルモンテ
(Buondelmonte)
1834 叙情悲劇 2幕 P.サラティーノ 1834.10月18日,ナポリ 『マリア・ストゥアルダ』の代わりに上演
ヴェルジーのジェンマ
(Gemma di Vergy)
1834 叙情悲劇 2幕 G.E.ビデーラ 1834.12月26日,ミラノ または3幕
ダリンダ
(Darinda)
1834 オペラ 2幕 F.ロマーニ 1834 『ルクレツィア・ボルジア』の改訂版
マリーノ・フェリエーロ
(Marino Faliero)
1835 叙情悲劇 3幕 G.E.ビデーラ
A.ルッフィーニ
1835.3月12日,パリ
ランメルモールのルチア
(Lucia di Lammermoor)
1835 ドラマ・トラジコ 3幕 S.カンマラーノ 1835.9月26日,ナポリ
ベリザーリオ
(Belisario)
1835-36 オペラ・セリア 3幕 S.カンマラーノ 1836.2月4日,ヴェネツィア
夜の呼び鈴
(Il campanello di notte)
1836 オペラ・ファルサ 1幕 G.ドニゼッティ 1836.6月1日,ナポリ
ベトリー、またはスイスの山小屋
(Betly, ossia La capanna svizzera)
1836 ドラマ・ジョコーソ 1幕 G.ドニゼッティ 1836.8月21日,ナポリ
カレーの包囲
(L'assedio di Calais)
1836 オペラ・セリア 3幕 S.カンマラーノ 1836.11月19日,ナポリ
トロメイのピーア
(Pia de' Tolomei)
1837 叙情悲劇 2幕 S.カンマラーノ 1837.2月18日,ヴェネツィア
ロベルト・デヴェルー、またはエセックス伯爵
(Roberto Devereux, ossia Il conte di Essex)
1837 叙情悲劇 3幕 S.カンマラーノ 1837.10月28日,ナポリ
ルデンツ家のマリア
(Maria di Rudenz)
1837 オペラ・セリア 3幕 S.カンマラーノ 1838.1月30日,ヴェネツィア
パリのジャンニ
(Gianni di Parigi)
1831 オペラ・コミック 2幕 F.ロマーニ 1839.9月10日,ミラノ
ポリウート(殉教者)
(Poliuto)
1838 オペラ・セリア 3幕 S.カンマラーノ 1848.11月,ナポリ 1840年に『殉教者』として上演
ニシドの天使
(L'ange de Nisida)
1839 セミセリア 3幕 A.ロワイエ
G.ヴァエズ
未完(1839年12月27日完成)
アルバ公爵
(Le duc d'Albe)
1839 オペラ 3幕
(5幕)
A.E.スクリーブ
G.ヴァエズ
1882.3月22日,ローマ 未完、マッテオ・サルヴィ補筆完成
殉教者
(Les martyrs)
1839 グランド・オペラ 4幕 A.E.スクリーブ 1840.4月10日,パリ 『ポリウト』の改訂版
連隊の娘
(La fille du regiment)
1839-40 オペラ・コミック 2幕 サン=ジョルジュ 1840.2月11日,パリ
ファヴォリータ
(La favorite)
1840 グランド・オペラ 4幕 A.ロワイエ
G.ヴァエズ
A.E.スクリーブ
1840.12月2日,パリ 『ニシドの天使』の改訂版
アデリア、または射手の娘
(Adelia, o La figlia dell'arciere)
1841 メロドラマ・セリオ 3幕 F.ロマーニ
G.マリーニ
1841.2月11日,ローマ
リータ、または打ちのめされた夫
(Rita ou Le mari battu)
1841 オペラ・コミック 1幕 G.ヴァエズ 1860.5月7日,パリ
マリア・パディッラ
(Maria Padilla)
1841 オペラ 3幕 G.ロッシ 1841.12月26日,ミラノ
シャモニーのリンダ
(Linda di Chamounix)
1841-42 オペラ 3幕 G.ロッシ 1842.5月19日,ウィーン 改訂版の初演は1842年11月17日パリ
ドン・パスクヮーレ
(Don Pasquale)
1842 オペラ・ブッファ 3幕 G.ルッフィーニ
G.ドニゼッティ
1843.1月3日,パリ
カテリーナ・コルナーロ
(Caterina Cornaro)
1842-44 オペラ
(抒情悲劇)
2幕 G.サッケーロ 1844.1月18日,ナポリ プロローグ付き
ロアン家のマリア
(Maria di Rohan)
1843 オペラ・セリア 3幕 S.カンマラーノ
G.ロッシ
1843.6月5日,ウィーン 『ローアンのマリア』とも
ドン・セバスティアン
(Dom Sébastien)
1843 グランド・オペラ 5幕 L.ヘルツ 1843.11月13日,パリ 『ポルトガル王ドン・セバスティアン』へ改訂
ポルトガル王ドン・セバスティアン
(Don Sébastien de Portugal )
(Dom Sebastien, roi de Portugal)
1845 グランド・オペラ 5幕 A.E.スクリーブ 1845.2月6日,ウィーン 改訂版
忘れな草
(Ne m'oubliez pas)
1843 オペラ 3幕  ? 未上演? 未完