ドナ・リード・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
番組ホステス・主演を担当したドナ・リード

ドナ・リード・ショー(The Donna Reed Show)は、アメリカ合衆国アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー1958年から1966年にかけて放送されたテレビドラマである。

番組の冠名にもなっているドナ・リードが扮する主婦・ドナ・ストーンを中心とした4人家族の情景を描いたホームコメディーもの。日本においては、「うちのママは世界一」のタイトルで1959年2月から1963年8月にかけてフジテレビジョンと、ラジオ東京テレビ局(KRTテレビ)→東京放送(TBSテレビ)で放送された[1]。テーマソングは楠トシエが歌っており、番組協賛スポンサーの「味の素」のクレジット「お椀のマークの味の素」を歌詞に挿入した。


登場人物[編集]

ストーン家[編集]

1958年出演当時のメインキャスト。左上から順にドナ・リード、 カール・ベッツ、ポール・ピーターセン
パティ・ピーターセン(前方)とドナ・リード(後方)
ドナ・ストーン
演: ドナ・リード/吹き替え:富永美沙子
上流中産階級の主婦。18歳の時にアレックスと結婚した。
アレックス・ストーン
演: カール・ベッツ
ドナの夫である小児科医。同時期に放送されていたテレビドラマ同様、妻とはツインベッドで寝ている。
ジェフ・ストーン
演:ポール・ピーターセン
ドナとアレックスの息子。
メアリー・ストーン
演:シェリー・ファバレス
ドナとアレックスの娘で、ジェフの2歳上の姉。ピアノの演奏がうまい。大学に進学するため、番組の途中で家を出る。
トリシャ
演:パティ・ピーターセン
家を出たメアリーと入れ替わりに、ストーン家に養子に来た6歳の少女。

準レギュラー[編集]

デイヴ・ケルシー
演:ボブ・クレイン
ミッジ・ケルシー
演:アン・マックリー

ゲスト[編集]

18年間の放送の中、このテレビドラマにはセレブリティがゲスト出演することがよくあり、野球選手のドン・ドライスデールウィリー・メイズのように、複数回登場するゲストもいた。

脚注[編集]

  1. ^ フジは月曜20時枠、KRT→TBSは火曜19時枠

出典[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜20時台前半枠
【当番組よりドラマ枠
前番組 番組名 次番組
6月のア・ラ・カルト
うちのママは世界一
(フジテレビ版)
(1959.7 - 1960.8)
TBS 火曜19時台前半枠
【当番組よりドラマ枠&味の素一社提供枠】
うちのママは世界一
(TBS版)
(1961.5 - 1963.8)