ドナルド・ブラッドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sir Donald Bradman
DonaldBradman.jpg
個人情報
本名 Donald George Bradman
生誕 1908年8月27日
オーストラリア
Cootamundra, New South Wales
死去 2001年2月25日(92歳)
オーストラリア
Kensington Park, South Australia
愛称 The Don, The Boy from Bowral, Braddles
身長 1.70 m (5 ft 7 in)
打撃スタイル Right-handed
投球スタイル Right-arm leg break
守備位置 バッツマン
代表情報
代表 オーストラリア
初テスト(cap 124) 1928年11月30日 対 イングランド
最新テスト 1948年8月18日 対 イングランド
所属チーム
チーム
1927–34 ニューサウスウェールズ
1935–49 南オーストラリア
選手成績
試合 テスト FC
出場試合 52 234
得点 6,996 28,067
打率 99.94 95.14
100s/50s 29/13 117/69
最高得点 334 452*
アウト数 160 2114
ウィケット 2 36
防御率 36.00 37.97
1イニング5ウィケット 0 0
1試合10ウィケット 0 0
最優秀投手成績 1/8 3/35
捕球/スタンピング 32/– 131/1
出典: Cricinfo - 200716 August

ドナルド・ジョージ・ブラッドマン(英語: Donald George Bradman1908年8月27日2001年2月25日)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州クータマンドラ出身のクリケット選手。ザ・ドン(The Don)と呼ばれ、クリケットの歴史の中でも最も偉大なバッツマンの一人に数えられている[1]。特にテストクリケットでの通算打率99.94は歴代選手の中でも抜きんでており、最高のバッツマンの座を確固たるものにしている[2]

また、彼が若いころはひとりでクリケットスタンプとゴルフボールを使い練習していたという話はオーストラリアの伝承の一つに数えられており[3] 、わずか2年で目覚ましい活躍からオーストラリアのテストクリケットチームに加入した。22歳の誕生日を前に多くの高得点の記録を残し(現在も一部の記録は破られていない)、当時大恐慌に襲われていたオーストラリアにおいてスポーツ界のヒーローとなった。約20年間の選手時代の間、安定して高得点を残したことから、彼の前のオーストラリア代表キャプテンビル・ブラウンはオーストラリアの打者三人分の価値があるとの言葉を残している[4]。また、クリケットの戦術の一つボディライン (Bodylineイングランドチームが彼のバッティングに対抗して編み出した戦術である。

1987年には彼の博物館がオーストラリア国内で初めて生存中の人物であるにもかかわらず開設した博物館としてニューサウスウェールズ州ボールズに開かれた。2008年8月27日には彼の生誕の百周年記念として、王立オーストラリア造幣所が彼の顔の5ドル記念硬貨を発行した[5]

出典[編集]

  1. ^ Sir Donald Bradman player profile”. Cricinfo. 2008年5月18日閲覧。
  2. ^ Hutchins, Brett (2002). Don Bradman: Challenging the Myth. Cambridge University Press. pp. 21. ISBN 0521823846. 
  3. ^ Legislative Assembly of ACT”. Hansard (2001年2月28日). 2008年8月23日閲覧。
  4. ^ The Sports Factor (transcript)”. ABC Radio (2001年3月2日). 2008年8月23日閲覧。
  5. ^ The Don celebrated on commemorative $5 coin

外部リンク[編集]