ドッグレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Owlerton Stadium
(イギリスのドッグレース場)

ドッグレース (Dog raceDog racing) とは、を競走させて楽しむ娯楽イベント。

概要[編集]

ギャンブル目的として、最速の犬種とされるグレイハウンドを用いたレースである。イギリスオーストラリアマカオなどの英連邦やアメリカを中心に開催されている。

テーマパークなどで賭博を伴わないレースイベントが行われることもある。

また、人と犬で行うイヌぞりレースもドッグレースの一種であり、各地で大会が開かれている。

ギャンブルとしてのドッグレース[編集]

レース内容[編集]

1周400m程度のトラックコースの内柵のレールに、に似せた小動物のダミーを走らせ、それを犬が追いかける事で競走を行い、上位に入線した犬に賭けた人に、配当金を支払う。賭式の種類は、競馬と同様に、1着を当てる単勝式や、1・2着を当てる連勝式、1着~3着までを当てる3連勝式などがある。

イギリスやオーストラリアでは、ブックメーカーによる犬券の発売が一般的である。

ドッグレースを専門に取り扱う専門紙(新聞)もあり、出走する犬のこれまでの競走成績や調教の状況、最近発症した怪我の内容や治療状況などとともに、専門家による予想も記載されている。

競走[編集]

レース距離は、コースを1周するものや、半周のみの場合が殆どである。1レースに出走する犬は6匹前後で、能力によってクラス分けされており、出走犬の能力に応じて重量によるハンデが付けられる。

出走準備が整った犬は、係員によってゲートまで連れて行かれ、箱状のゲートに入れられる。ダミーがゲート付近を通過するのに合わせて、係員がゲートを引き上げて競走がスタートする。

レース終了後は、コース上に柵が準備されて犬が暴走しない様にしており、係員に捕まえられた犬は、トレーナーの元に戻されて、レースを終了する。

賞金は、マカオのドッグレースを例にすると、1着賞金は1540~3300マカオ・パタカで、4着(一律100マカオ・パタカ)まで賞金が出る。

[編集]

前述のとおり、競走に使用される犬種はグレイハウンドウィペット種で、生後2年程度経った犬に対してトレーナー(調教師)により調教が開始され、準備の整った犬より出走を開始する。数年間競走生活を送って引退し、成績優秀な犬は繁殖犬となる。一方、競走成績の良くない犬は、途中で見切りを付けられ、引退する事が多い。

競走馬同様に血統が重視されているが、競走馬と違って1回の出産で数匹の仔犬を出産する事から、同年齢の兄弟犬が同じ競走で出走する事もある。出走間隔は、故障が無ければ1週間に1回程度出走する事が多い。

一方、かなりの速度で走る事から、脚に怪我を負う犬も多く、重症の場合、予後不良として安楽措置(マカオの場合、「人道毀滅」と書かれる)がとられる場合や、引退を余儀なくされる犬も多い。

引退後の犬の処遇については、動物愛護上の問題をめぐって議論があり、かつては人気のギャンブルだったアメリカでは43の州で禁止されたことに加え、嗜好の多様化により客足が遠のいたことで、ドッグレース自体が衰退しつつあるという[1]

トレーナー[編集]

犬のトレーナーは、競馬における調教師同様、犬主より犬を預かり、自らの厩舎で調教を重ねて出走させる。犬主と調教師が同一の場合もあり、競走終了後のドッグレース場の外では、自家用車に犬を載せて帰宅する光景もみる事が出来る。

日本におけるドッグレース[編集]

日本では、第二次世界大戦後の一時期、開催を目指す動きがあり、国会畜犬競技法案が提出され審議が行われたが、成立には至らなかったため、日本国内で公認のギャンブルを伴うレースが開催されたことはない。

脚注[編集]

  1. ^ 衰退する米国のドッグレース

関連項目[編集]