ドッガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀元前8000年頃の北海。大陸と陸続きのグレートブリテン島の東側に突き出しているのがドッガーランド

ドッガーランド(Doggerland)は、今から1万年-8千年前の最終氷期グレートブリテン島が大陸と陸続きであった時、現在のグレートブリテン島南東部に存在していたと考えられている陸地。現在は北海南部に水没し、ドッガーバンクとなっている。

1970年代の北海油田開発時代に、ノルウェーの石油探査会社PGSの海底調査をもとに、イギリスバーミンガム大学調査団によって存在が確実視されている。面積は日本列島とほぼ同じで、以前からイギリスの地質学者クレメント・リードにより、その存在が提唱されていた。

住民は、狩猟生活を行っていたが、次第に漁労を生業とした。

氷河の崩落や津波による海面の急激な上昇により、次第に面積が狭まり、やがて消滅したといわれる。

現在でも、北海やバルト海でのトロール漁業で、当時の遺物が多く発見されている。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]