ドス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドス
Dååth
2007年、ニューヨークでのライヴ
2007年、ニューヨークでのライヴ
基本情報
別名 Dirtnap (2000 - 2003)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州 アトランタ
ジャンル デスメタル
活動期間 2000年 -
レーベル ロードランナー・レコード
センチュリー・メディア・レコード
アヴァロン・レーベル
メンバー
ショーン・Z (ボーカル)
イアル・レヴィ (ギター)
エミル・ウェスラー (ギター)
ジェレミー・クレーマー (ベース)
ケヴィン・タリー (ドラムス)
旧メンバー
ショーン・ファーバー (ボーカル)
サム・クアドラ (ギター)
クリス・デール (ベース)
マイク・キャメロン (シンセサイザーキーボードバック・ボーカル)
エリック・サンダース (ドラムス)
コーリー・ブリューワ (ドラムス)
マット・エリス (ドラムス)

{{{Influences}}}

ドス (Dååth)は、アメリカ合衆国デスメタルバンド。バンド名のDååthは、旧約聖書中の生命の樹におけるセフィラの内、隠されたセフィラであるダアト (知識の意)に由来し、本来はヘブライ語で綴られる[1]。バンド名は、それをラテン文字に転写したものである[1]

略歴[編集]

1990年代初めごろに、バンド・リーダーとなるイアル・レヴィ (G)とマイク・キャメロン (Syn)が出会い、セッションを行ったり、曲作りを行うようになる[1]。ただし、バンドを結成した訳ではなかった[1]。この頃は、スラッシュメタルデスメタルブラックメタルから影響を受けていた[1]

その後、イアルとマイクはバークリー音楽大学へと進学[1]。在学中に、Dirtnapというスラッシュメタルバンドを結成。3年間程、大学生活と並行しながらバンド活動を行う。このバンドには、ショーン・ファーバー (Vo)が加入している。バンド活動に専念するために、イアル、マイク、ショーン共々バークリー音楽大学を中途退学[2]。バークリー音楽大学のあるマサチューセッツ州ボストンから、ジョージア州アトランタに拠点を移してバンド活動を本格化[1]。クリス・デール (B)、エリック・サンダース (Ds)を加えて、2004年に自主制作で1stアルバム『Futility』をリリースする。クリスとエリックはリリース前後に脱退しているが[2]、元々セッション参加だったのかは判然としない[1]。同年に、エミル・ウェスラー (G)とジェレミー・クレーマー (B)が加入[1][2]。この録音の時期に、後に正式ドラマーとなるケヴィン・タリー (Ds)と出会っている。出会った当初から、エリックの後任として加入を要請していたが、なかなか実現できず[1]、エリック脱退後のドラマーは、コーリー・ブリューワ (Ds)やマット・エリス (Ds)らが参加するなど流動的な状態が続いた。

2005年頃から、レコード会社との契約を得るためにアルバム制作に取り掛かる[1]。契約目的で制作されたアルバムは、『The Hinderers』と題され、全10曲であった[1]。このプロモーション・アルバムによって大手レコード会社のロードランナー・レコードと契約するに至る[1]。契約後、この『The Hinderers』を1stアルバムとしてリリースすることが決定し、リミックスと新曲3曲のレコーディングが行われた[1]。このレコーディングの頃に、正式ドラマーのケヴィン・タリーが加入している。2007年に『The Hinderers』をリリースし、メジャーデビュー。ドラマーが流動的だったことから、同アルバムでは曲によってにドラマーが異なり、エリック、マット、ケヴィンの3人がドラムを叩いている。このアルバムは、ビルボードのヒートシーカーズ・チャートで49位にランクインし、オズフェストやSummer Slaughter Tourにも参加した[1]。同年秋には、EXTREME THE DOJO Vol.18で初来日も果たしている。

日本から帰国後、フロントマンのショーンが解雇される[1]。この解雇自体は、来日前に決定していた[1]。セッションメンバーを経て、ショーン・Z (Vo)が2008年初めに加入[1]。更にこの頃に、マイクも脱退した[1]。キーボーディストの補充はなかった。その後、センチュリー・メディア・レコードへ移籍。2009年に『The Concealers』、2010年に『Dååth』をリリースした。現在は、センチュリー・メディア・レコードを離脱している模様[3]

日本では、『The Hinderers』がロードランナー・ジャパン、『The Concealers』以降がアヴァロン・レーベルからリリースされている。

2010年には、ギタリストのイアル・レヴィとエミル・ウェスラーの2人が中心となり、インストゥルメンタルプログレッシブ・メタルバンド、レヴィ/ウェスラー(Levi/Werstler)を結成。アルバムをリリースしている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

父はクラシック音楽指揮者として著名なヨエル・レヴィ。ヨエルは、イングヴェイ・マルムスティーンと共演している。ヨエルはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、「エレクトリック・ギターとオーケストラのための協奏組曲 変ホ短調『新世紀』」という楽曲をイングヴェイと発表している。ヨエルがヘヴィメタルミュージシャンと共演することになったのは、イアルからの影響もあるという[1]
  • エミル・ウェスラー Emil Werstler - ギター
アンアースのライヴにギタリストとして参加したことがある。
  • ジェレミー・クレーマー Jeremy Creamer - ベース
  • ケヴィン・タリー Kevin Talley - ドラムス
キマイラダイイング・フィータスヘイト・エターナルミザリー・インデックスサフォケイションなどでも活動。

旧メンバー[編集]

  • ショーン・ファーバー Sean Farber - ボーカル
  • サム・クアドラ Sam Cuadra - ギター
  • クリス・デール Kris Dale - ベース
  • マイク・キャメロン Mike Kameron - シンセサイザーキーボードバック・ボーカル
  • エリック・サンダース Eric Sanders - ドラムス
  • コーリー・ブリューワ Corey Brewer - ドラムス
  • マット・エリス Matt Ellis - ドラムス

ディスコグラフィ[編集]

  • 2003 Child Says / Filter (Single)
  • 2004 Futility
  • 2005 Ovum (Single)
  • 2007 ザ・ヒンダラーズ The Hinderers
  • 2007 Dead on the Dance Floor (EP)
  • 2008 Sharpen the Blades (Single)
  • 2008 Fecal Finger (Single)
  • 2009 The Worthless (Single)
  • 2009 ザ・コンシーラーズ The Concealers
  • 2010 ドス Dååth

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 渡辺清之 (2009年). “ザ・コンシーラーズ” (日本語) (CDライナー). 「The Concealers」. ドス. 日本東京都新宿区矢来町: アヴァロン・レーベル. MICP-10853. 
  2. ^ a b c Jumbo (2007年). “ザ・ヒンダラーズ” (日本語) (CDライナー). 「The Hinderers」. ドス. ロードランナー・ジャパン. RRCY-21291. 
  3. ^ Former Artists”. センチュリー・メディア・レコード. 2013年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]