ドクター・フーのエピソード一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドクター・フー』はBBCで放送されているイギリスのSFテレビ番組である。2012年9月29日の時点で合計229ストーリーが放送されており、続き物としてまとまったエピソードを数えると789話が放送されたことになる。加えて、4話のチャリティ・スペシャルと2話のアニメーション、2話の短編も放送されている。『ドクター・フー』は世界で最もエピソード数の多いSF番組として世界記録に認定されている[1]。なおギネス・ワールド・レコーズに認定されているのは世界で最もエピソード数の多い「連続した」テレビ番組である『ヤング・スーパーマン』であり[2]、合計218話である。

『ドクター・フー』は1989年に一旦放送が終了し、2005年に再開している。1963年から1989年までのシリーズでは2話の例外を除いて、全て複数話で1エピソードが構成されている。「コード」とは製作チームが各話につけた通し番号であるが、それとは別に「番組通算」の数字も話数カウントのために用いられる。特に記載がない場合、一話の放送時間は25分である。2005年の放送再開時、製作チームは今までの放送形態を止めて放送時間を伸ばし、複数話で1エピソードを構成することを減らした。特に記載がない場合、新シリーズの一話の放送時間は45分である。

BBCの1970年代の古い撮影テープを廃棄する方針のため、1960年代に放送された97エピソードが消失している。そのため27シリーズ分が欠けており、音声だけが残っているか映像の再構成を必要としている。2009年放送の"Planet of the Dead"(邦題『死の惑星』)で合計200話目となった。

目次

シリーズ一覧[編集]

ドクター シーズン/シリーズ 放送日 エピソード シリーズ開始 シリーズ終了 視聴者
(100万単位)
開始日 初回視聴者
(100万単位)
終了日 最終回視聴者
(100万単位)
1代目ドクター シーズン1 毎週土曜日 42 1963年11月23日 4.4 1964年9月12日 6.4 7.96
シーズン2 39 1964年10月31日 8.4 1965年7月24日 8.3 10.38
シーズン3 45 1965年9月11日 9.0 1966年7月16日 5.5 7.38
2代目ドクター シーズン4 43 1966年9月10日 4.3 1967年7月1日 6.1 7.11
シーズン5 40 1967年9月2日 6.0 1968年6月1日 6.5 6.63
シーズン6 44 1968年8月10日 6.1 1969年6月21日 5.0 6.57
3代目ドクター シーズン7 25 1970年1月3日 8.4 1970年6月20日 5.5 7.18
シーズン8 25 1971年1月2日 7.3 1971年6月19日 8.3 7.96
シーズン9 26 1972年1月1日 9.8 1972年6月24日 7.6 8.48
シーズン10 26 1972年12月30日 9.6 1973年6月23日 7.0 8.98
シーズン11 26 1973年12月15日 8.7 1974年6月8日 8.9 8.78
4代目ドクター シーズン12 20 1974年12月28日 10.1 1975年5月10日 9.0 10.14
シーズン13 26 1975年8月30日 7.5 1976年3月6日 10.9 10.08
シーズン14 26 1976年9月4日 9.5 1977年4月2日 10.4 11.17
シーズン15 26 1977年9月3日 8.4 1978年3月11日 10.5 8.91
シーズン16 26 1978年9月2日 8.1 1979年2月24日 8.5 8.56
シーズン17 20 1979年9月1日 13.5 1980年1月12日 8.8 11.22
シーズン18 28 1980年8月30日 5.1 1981年3月21日 6.7 5.81
5代目ドクター シーズン19 毎週月曜・火曜日 26 1982年1月4日 9.6 1982年3月30日 8.9 9.30
シーズン20 毎週火曜・水曜日 22 1983年1月4日 7.2 1983年3月16日 7.55 7.00
シーズン21 毎週木曜・金曜日 24 1984年1月5日 7.25 1984年3月30日 7.1 8.37
6代目ドクター シーズン22 毎週土曜日 13 1985年1月5日 8.05 1985年3月30日 7.55 7.17
シーズン23 14 1986年9月6日 4.35 1986年12月6日 5.0 4.83
7代目ドクター シーズン24 毎週月曜日 14 1987年9月7日 4.63 1987年12月7日 5.07 4.98
シーズン25 毎週水曜日 14 1988年10月5日 5.35 1989年1月4日 5.45 5.35
シーズン26 14 1989年9月6日 3.65 1989年12月6日 4.9 4.19
8代目ドクター テレビ映画 日曜(カナダ)
火曜(アメリカ)
月曜(イギリス)
1 1996年5月12日 (カナダ)
1996年5月14日 (アメリカ)
1996年5月27日 (イギリス)

5.6 (アメリカ)
9.1 (イギリス)
N/A N/A
5.6 (アメリカ)
9.1 (イギリス)
9代目ドクター シリーズ1 毎週土曜 13 2005年3月26日 10.81 2005年6月17日 6.91 7.31
10代目ドクター シリーズ2 14 2006年4月15日 8.62 2006年6月8日 8.22 7.64
シリーズ3 14 2007年3月31日 8.71 2007年6月30日 8.61 7.54
シリーズ4 14 2008年4月5日 9.14 2008年7月5日 10.57 8.04
2008年 - 10年スペシャル 木曜(1)
土曜(2, 4–5)
日曜(3)
5 2008年12月25日 13.10 2010年1月1日 12.27 11.45
11代目ドクター シリーズ5 毎週土曜日 13 2010年4月3日 10.085 2010年6月26日 6.696 7.73
シリーズ 6 14 2011年4月23日 8.86 2011年10月1日 7.67 7.51
シリーズ7 14 2012年9月1日 8.33 2013年 N/A N/A

1代目ドクター[編集]

1代目ドクターウィリアム・ハートネルが演じた。ハートネルの時代、ドクターは未来や過去の歴史的事件に関わり、かつ影響を残さずに旅をしている。最終話のThe Tenth Planetでドクターは徐々に弱っていき、再生サイクルへと入る。

シーズン1 (1963年 - 64年)[編集]

ヴェリティ・ランバートがプロデューサーを、デイヴィッド・ウィテカーが脚本編集を務めた。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
001 An Unearthly Child
aka 100,000 BC
aka The Tribe of Gum
A "An Unearthly Child"
"The Cave of Skulls"
"The Forest of Fear"
"The Firemaker"
アンソニー・コバーン
(と C・E・ウェバー)[lower-greek 1]
ワリス・フセイン 1963年11月23日
1963年11月30日
1963年12月7日
1963年12月14日
002 The Daleks
aka The Mutants
aka The Dead Planet
B "The Dead Planet"
"The Survivors"
"The Escape"
"The Ambush"
"The Expedition"
"The Ordeal"
"The Rescue"
テリー・ネイション リチャード・マーティン
クリストファー・バリー
1963年12月21日
1963年12月28日
1964年1月4日
1964年1月11日
1964年1月18日
1964年1月25日
1964年2月1日
003 The Edge of Destruction
aka Inside the Spaceship
aka Beyond the Sun
C "The Edge of Destruction"
"The Brink of Disaster"
デイヴィッド・ウィテカー リチャード・マーティン
フランク・コックス
1964年2月8日
1964年2月15日
004 Marco Polo
aka A Journey to Cathay
D "The Roof of the World"
"The Singing Sands"
"Five Hundred Eyes"
"The Wall of Lies"
"Rider from Shang-Tu"
"Mighty Kublai Khan"
"Assassin at Peking"
(全て消失)
ジョン・ルカロッティ ワリス・フセイン 1964年2月22日
1964年2月29日
1964年3月7日
1964年3月14日
1964年3月21日
1964年3月28日
1964年4月4日
005 The Keys of Marinus
aka The Sea of Death
E "The Sea of Death"
"The Velvet Web"
"The Screaming Jungle"
"The Snows of Terror"
"Sentence of Death"
"The Keys of Marinus"
テリー・ネイション ジョン・ゴリエ 1964年4月11日
1964年4月18日
1964年4月25日
1964年5月2日
1964年5月9日
1964年5月16日
006 The Aztecs F "The Temple of Evil"
"The Warriors of Death"
"The Bride of Sacrifice"
"The Day of Darkness"
ジョン・ルカロッティ ジョン・クロケット 1964年5月23日
1964年5月30日
1964年6月6日
1964年6月13日
007 The Sensorites G "Strangers in Space"
"The Unwilling Warriors"
"Hidden Danger"
"A Race Against Death"
"Kidnap"
"A Desperate Venture"
ピーター・R・ニューマン マーヴィン・ピンフィールド
フランク・コックス
1964年6月20日
1964年6月27日
1964年7月11日
1964年7月18日
1964年7月25日
1964年8月1日
008 The Reign of Terror
aka The French Revolution
H "A Land of Fear"
"Guests of Madame Guillotine"
"A Change of Identity"
"The Tyrant of France"
"A Bargain of Necessity"
"Prisoners of Conciergerie"
(エピソード4と5が消失しているがアニメーションで再現されている)
デニス・スプーナー ヘンリク・ヒルシュ
ジョン・ゴリエ
1964年8月8日
1964年8月15日
1964年8月22日
1964年8月29日
1964年9月5日
1964年9月12日

シーズン2 (1964年 - 65年)[編集]

The Dalek Invasion of Earthより脚本編集者がデイヴィッド・ウィテカーからデニス・スプーナーに変わる。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
009 Planet of Giants J "Planet of Giants"
"Dangerous Journey"
"Crisis"
ルイス・マークス マーヴィン・ピンフィールド
ダグラス・カムフィールド
1964年10月31日
1964年11月7日
1964年11月14日
010 The Dalek Invasion of Earth
aka World's End
K "World's End"
"The Daleks"
"Day of Reckoning"
"The End of Tomorrow"
"The Waking Ally"
"Flashpoint"
テリー・ネイション リチャード・マーティン 1964年11月21日
1964年11月28日
1964年12月5日
1964年12月12日
1964年12日19日
1964年12月26日
011 The Rescue L "The Powerful Enemy"
"Desperate Measures"
デイヴィッド・ウィテカー クリストファー・バリー 1965年1月2日
1965年1月9日
012 The Romans M "The Slave Traders"
"All Roads Lead to Rome"
"Conspiracy"
"Inferno"
デニス・スプーナー クリストファー・バリー 1965年1月16日
1965年1月23日
1965年1月30日
1965年2月6日
013 The Web Planet
aka The Zarbi
N "The Web Planet"
"The Zarbi"
"Escape to Danger"
"Crater of Needles"
"Invasion"
"The Centre"
ビル・ストルトン リチャード・マーティン 1965年2月13日
1965年2月20日
1965年2月27日
1965年3月6日
1965年3月13日
1965年3月20日
014 The Crusade
aka The Lionheart
aka The Crusaders
P "The Lion"
"The Knight of Jaffa"
"The Wheel of Fortune"
"The Warlords"
(エピソード2と4が消失)
デイヴィッド・ウィテカー ダグラス・カムフィールド 1965年3月27日
1965年4月3日
1965年4月10日
1965年4月17日
015 The Space Museum Q "The Space Museum"
"The Dimensions of Time"
"The Search"
"The Final Phase"
グリン・ジョーンズ マーヴィン・ピンフィールド 1965年4月24日
1965年5月1日
1965年5月8日
1965年5月15日
016 The Chase R "The Executioners"
"The Death of Time"
"Flight Through Eternity"
"Journey into Terror"
"The Death of Doctor Who"
"The Planet of Decision"
テリー・ネイション リチャード・マーティン
ダグラス・カムフィールド
1965年5月22日
1965年5月29日
1965年6月5日
1965年6月12日
1965年6月19日
1965年6月26日
017 The Time Meddler S "The Watcher"
"The Meddling Monk"
"A Battle of Wits"
"Checkmate"
デニス・スプーナー ダグラス・カムフィールド 1965年7月3日
1965年7月10日
1965年7月17日
1965年7月24日

シーズン3 (1965年 - 66年)[編集]

ジョン・ワイルズMission to the Unknownよりヴェリティ・ランバートに変わってプロデューサーを務めた。続いてイネス・ロイドThe Arkよりプロデューサーを担当。The Gunfighters以降シーズン終わりまで、各話ごとにタイトルを付けないやり方を試みている。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
018 Galaxy 4 T "Four Hundred Dawns"
"Trap of Steel"
"Air Lock"
"The Exploding Planet"
(エピソード1、2、4は消失)
ウィリアム・エムス デレク・マルティヌス
マーヴィン・ピンフィールド
1965年9月11日
1965年9月18日
1965年9月25日
1965年10月2日
019 "Mission to the Unknown"
aka "Dalek Cutaway"
T/A, TA or DC "Mission to the Unknown"
(消失)
テリー・ネイション デレク・マルティヌス 1965年10月9日
020 The Myth Makers U "Temple of Secrets"
"Small Prophet, Quick Return"
"Death of a Spy"
"Horse of Destruction"
(全て消失)
ドナルド・コットン マイケル・リーストン=スミス 1965年10月16日
1965年10月23日
1965年10月30日
1965年11月6日
021 The Daleks' Master Plan V "The Nightmare Begins"
"Day of Armageddon"
"Devil's Planet"
"The Traitors"
"Counter Plot"
"Coronas of the Sun"
"The Feast of Steven"
"Volcano"
"Golden Death"
"Escape Switch"
"The Abandoned Planet"
"Destruction of Time"
(エピソード1, 3–4, 6–9, & 11–12は消失)
テリー・ネイション
デニス・スプーナー
ダグラス・カムフィールド 1965年11月13日
1965年11月20日
1965年11月27日
1965年12月4日
1965年12月11日
1965年12月18日
1965年12月25日
1966年1月1日
1966年1月6日
1966年1月15日
1966年1月22日
1966年1月29日
022 The Massacre of St Bartholomew's Eve
aka The Massacre
W "War of God"
"The Sea Beggar"
"Priest of Death"
"Bell of Doom"
(全て消失)
ジョン・ルカロッティ
ドナルド・トッシュ
パディ・ラッセル 1966年2月5日
1966年2月12日
1966年2月19日
1966年2月26日
023 The Ark X "The Steel Sky"
"The Plague"
"The Return"
"The Bomb"
ポール・エリックソン
レスリー・スコット
マイケル・エマソン 1966年3月5日
1966年3月12日
1966年3月19日
1966年3月26日
024 The Celestial Toymaker Y "The Celestial Toyroom"
"The Hall of Dolls"
"The Dancing Floor"
"The Final Test"
(エピソード1-3は消失)
ブライアン・ヘイルズ
(ドナルド・トッシュ)
ビル・セラーズ 1966年4月2日
1966年4月9日
1966年4月16日
1966年4月23日
025 The Gunfighters Z "A Holiday for the Doctor"
"Don't Shoot the Pianist"
"Johnny Ringo"
"The OK Corral"
ドナルド・コットン レックス・タッカー 1966年4月30日
1966年5月7日
1966年5月14日
1966年5月21日
026 The Savages AA 4エピソード
(全て消失)
イアン・スチュワート・ブラック クリストファー・バリー 1966年5月28日 -
6月18日
027 The War Machines BB 4エピソード イアン・スチュワート・ブラック
(キット・ペドラー)
マイケル・ファーガソン 1966年6月25日 -
7月16日

シーズン4 (1966年 - 67年)[編集]

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
028 The Smugglers CC 4エピソード
(全て消失)
ブライアン・ヘイルズ ジュリア・スミス 1966年9月10日 - 10月1日
029 The Tenth Planet DD 4エピソード
(エピソード4が消失しているがアニメーションで再現されている)
キット・ペドラー
ジェリー・デイヴィス
Derek Martinus 1966年10月8日 - 29日

2代目ドクター[編集]

2代目ドクターパトリック・トラウトンが演じ、1代目よりも活動的なドクターとして描かれた。2代目はThe War Gamesまで登場し、同話でドクターの種族であるタイム・ロードたちに裁判にかけられ、時間の法を破った罪により強制的に再生させられる。

シーズン4 (1966年 - 67年) の続き[編集]

ピーター・ブライアントThe Faceless Onesより製作補として参加し、The Evil of the Daleksからはジェリー・デイヴィスから脚本編集も引き継いでいる。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
030 The Power of the Daleks EE 6エピソード
(全て消失)
デイヴィッド・ウィテカー
(デニス・スプーナー)
クリストファー・バリー 1966年11月5日 - 12月10日
031 The Highlanders FF 4エピソード
(全て消失)
エルウィン・ジョーンズ
ジェリー・デイヴィス
ヒュー・デイヴィッド 1966年12月17日 – 1967年1月7日
032 The Underwater Menace GG 4エピソード
(エピソード1と4が消失)
ジェフリー・オルメ ジュリア・スミス 1967年1月14日 - 2月4日
033 The Moonbase HH 4エピソード
(エピソード1と3が消失)
キット・ペドラー モリス・バリー 1967年2月11日 - 3月4日
034 The Macra Terror JJ 4エピソード
(全て消失)
イアン・スチュワート・ブラック ジョン・デイヴィス 1967年3月11日 - 4月1日
035 The Faceless Ones KK 6エピソード
(エピソード2、4から6が消失)
デイヴィッド・エリス
マルコム・ハルク
ジェリー・ミル 1967年4月8日 - 5月13日
036 The Evil of the Daleks LL 7エピソード
(エピソード1、3から7が消失)
デイヴィッド・ウィテカー デレク・マルティヌス 1967年5月20日 - 7月1日

シーズン5 (1967年 - 68年)[編集]

The Tomb of the Cybermenのみヴィクター・ペムバートンが脚本編集に、ピーター・ブライアントがプロデューサーを務めた。それ以降、ブライアントは脚本編集に復帰し、イネス・ロイドがプロデューサーとなった。のちにデリック・シャーウィンがブライアントの後任となる。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
037 The Tomb of the Cybermen MM 4エピソード キット・ペドラー
ジェリー・デイヴィス
モリス・バリー 1967年9月2日 - 23日
038 The Abominable Snowmen NN 6エピソード
(エピソード1、3から6が消失)
マーヴィン・ハイスマン
ヘンリー・リンカーン
ジェラルド・ブレイク 1967年9月30日 - 11月4日
039 The Ice Warriors OO 6エピソード
(エピソード2と3が消失)
ブライアン・ヘイルズ デレク・マルティヌス 1967年11月11日 - 12月16日
040 The Enemy of the World PP 6エピソード デイヴィッド・ウィテカー バリー・レッツ 1967年12月23日 - 1968年1月27日
041 The Web of Fear QQ 6エピソード
(エピソード3が消失)
マーヴィン・ハイスマン
ヘンリー・リンカーン
ダグラス・カムフィールド 1968年2月3日 - 3月9日
042 Fury from the Deep RR 6エピソード
(全て消失)
ヴィクター・ペムバートン ヒュー・デイヴィッド 1968年3月16日 - 4月20日
043 The Wheel in Space SS 6エピソード
(エピソード1から2、4から5が消失)
デイヴィッド・ウィテカー
キット・ペドラー
トリスタン・デ・ヴェーレ・コーレ 1968年4月27日 - 6月1日

シーズン6 (1968年 - 69年)[編集]

The Space Piratesを除き、テランス・ディックスThe Invasionからデリック・シャーウィンに代わり脚本編集になる。The War Gamesからシャーウィンはピーター・ブライアントに代わりプロデューサーを務めた。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
044 The Dominators TT 5エピソード ノーマン・アシュビー
(マーヴィン・ハイスマンとヘンリー・リンカーンの別名義)
モリス・バリー 1968年8月10日 - 9月7日
045 The Mind Robber UU 5エピソード (各話20分) ピーター・リング
(デリック・シャーウィン)
デイヴィッド・マロニー 1968年9月14日 - 10月12日
046 The Invasion VV 8エピソード
(エピソード1と4が消失しているがアニメーションで再現されている)
デリック・シャーウィン
キット・ペドラー
ダグラス・カムフィールド 1968年11月2日 - 12月21日
047 The Krotons WW 4エピソード ロバート・ホームズ デイヴィッド・マロニー 1969年12月28日 - 1月18日
048 The Seeds of Death XX 6エピソード ブライアン・ヘイルズ
(テランス・ディックス)
マイケル・ファーガソン 1969年1月25日 - 3月1日
049 The Space Pirates YY 6エピソード
(エピソード1と3から6が消失)
ロバート・ホームズ マイケル・ハート 1969年3月8日 - 4月12日
050 The War Games ZZ 10エピソード マルコム・ハルク
テランス・ディックス
デイヴィッド・マロニー 1969年4月19日 - 6月21日

3代目ドクター[編集]

3代目ドクタージョン・パートウィーが演じた。The War Gamesのラストで地球に追放され強制的に再生させられたドクターは、UNITの一員として働くことになる。The Three Doctorsでタイム・ロードは追放の撤回を決めるが、ドクターはその後もUNITと活動を共にする。Planet of the Spidersのラストで放射能に冒されて4代目ドクターへと再生する。

シーズン7 (1970年)[編集]

Spearhead from Spaceからデリック・シャーウィンに代わりバリー・レッツがプロデューサーに就任。このシーズンよりカラー放送となったが、幾つかのエピソードは白黒のものしか現存していない。また1シーズンの話数がシーズン6までの約半分と変更された。20から26エピソードで1シーズンを形成するスタイルはシーズン22まで続く。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
051 Spearhead from Space AAA 4エピソード ロバート・ホームズ デレク・マルティヌス 1970年1月3日 - 24日
052 Doctor Who and the Silurians
BBB 7エピソード マルコム・ハルク ティモシー・コンブ 1970年1月31日 - 3月14日
053 The Ambassadors of Death CCC 7エピソード[lower-greek 2] デイヴィッド・ウィテカー
トレヴァー・レイ
マルコム・ハルク
マイケル・ファーガソン 1970年3月21日 - 5月2日
054 Inferno DDD 7エピソード ドン・ホートン ダグラス・カムフィールド
バリー・レッツ
1970年5月9日 - 6月20日

シーズン8 (1971年)[編集]

このシーズンは各シーズンのストーリーに絡む悪役マスターに関する内容の導入と、新しいコンパニオンジョー・グラントの紹介を兼ねている。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
055 Terror of the Autons EEE 4エピソード ロバート・ホームズ バリー・レッツ 1971年1月2日 - 23日
056 The Mind of Evil FFF 6エピソード
(全話白黒のみ現存)
ドン・ホートン ティモシー・コンブ 1971年1月30日 - 3月6日
057 The Claws of Axos GGG 4エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
マイケル・ファーガソン 1971年3月13日 - 4月3日
058 Colony in Space HHH 6エピソード マルコム・ハルク マイケル・E・ブライアント 1971年4月10日 - 5月15日
059 The Dæmons JJJ 5エピソード "ガイ・レオポルド"
(ロバート・スロマンバリー・レッツのペンネーム)
クリストファー・バリー 1971年5月22日 - 6月19日

シーズン9 (1972年)[編集]

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
060 Day of the Daleks KKK 4エピソード ルイス・マークス ポール・バーナード 1972年1月1日 - 22日
061 The Curse of Peladon MMM 4エピソード ブライアン・ヘイルズ レニー・メイン 1972年1月29日 - 2月19日
062 The Sea Devils LLL 6エピソード マルコム・ハルク マイケル・ブライアント 1972年2月26日 - 4月1日
063 The Mutants NNN 6エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
クリストファー・バリー 1972年4月8日 - 5月13日
064 The Time Monster OOO 6エピソード ロバート・スロマン
(バリー・レッツ)
ポール・バーナード 1972年5月20日 - 6月24日

シーズン10 (1972年 - 73年)[編集]

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
065 The Three Doctors[lower-greek 3] RRR 4エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
レニー・メイン 1972年12月30日 - 1973年1月20日
066 Carnival of Monsters PPP 4エピソード ロバート・ホームズ バリー・レッツ 1973年1月27日 - 2月17日
067 Frontier in Space QQQ 6エピソード マルコム・ハルク ポール・バーナード 1973年2月24日 - 3月31日
068 Planet of the Daleks SSS 6エピソード[lower-greek 4] テリー・ネイション デイヴィッド・マロニー 1973年4月7日 - 5月12日
069 The Green Death TTT 6エピソード ロバート・スロマン
(バリー・レッツ)
マイケル・ブライアント 1973年5月19日 - 6月23日

シーズン11 (1973年 - 74年)[編集]

このシーズンは新しいコンパニオンであるサラ・ジェーン・スミスの紹介が主にされる。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
070 The Time Warrior UUU 4エピソード ロバート・ホームズ アラン・ブロムリー 1973年12月15日 - 1974年1月5日
071 Invasion of the Dinosaurs[lower-greek 5] WWW 6エピソード[lower-greek 6] マルコム・ハルク パディ・ラッセル 1974年1月12日 - 2月16日
072 Death to the Daleks XXX 4エピソード テリー・ネイション マイケル・ブライアント 1974年2月23日 - 3月16日
073 The Monster of Peladon YYY 6エピソード ブライアン・ヘイルズ レニー・メイン 1974年3月23日 - 4月27日
074 Planet of the Spiders ZZZ 6エピソード ロバート・スロマン
(バリー・レッツ)
バリー・レッツ 1974年5月4日 - 6月8日

4代目ドクター[編集]

4代目ドクタートム・ベイカーが演じた。現在までで最も長いドクター役を演じた俳優で[4]、計7シーズンに渡る。

シーズン12 (1974年–75年)[編集]

バリー・レッツはRobotでプロデューサーを降り、以降はフィリップ・ヒンチクリフがプロデューサーを務めた。脚本編集がテランス・ディックスからロバート・ホームズへと代わる。全てのエピソードが次回と直に繋がっており、ターディスに乗る人々に起きる事件を追っていく。そのような工夫がされてはいるが、一話単体でも成立するようになっている。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
075 Robot
『ロボットの反逆』
4A 4エピソード テランス・ディックス クリストファー・バリー 1974年12月28日 – 1975年1月18日
076 The Ark in Space
『宇宙の箱舟』
4C 4エピソード ロバート・ホームズ
(ジョン・ルカロッティ)
ロドニー・ベネット 1975年1月25日 - 2月15日
077 The Sontaran Experiment 4B 2エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
ロドニー・ベネット 1975年2月22日 - 3月1日
078 Genesis of the Daleks
『ダレク族の誕生』
4E 6エピソード テリー・ネイション デイヴィッド・マロニー 1975年3月8日 - 4月12日
079 Revenge of the Cybermen
『サイバー人間の復讐』
『サイバーマンの逆襲』(VHS版)
4D 4エピソード ジェリー・デイヴィス マイケル・ブライアント 1975年4月19日 - 5月10日

シーズン13 (1975年–76年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
080 Terror of the Zygons
『ザイゴンの脅威』
4F 4エピソード ロバート・バンクス・スチュワート ダグラス・カムフィールド 1975年8月30日 - 9月20日
081 Planet of Evil
『悪魔の惑星』
4H 4エピソード ルイス・マークス デイヴィッド・マロニー 1975年9月27日 - 10月18日
082 Pyramids of Mars
『火星のピラミッド』
4G 4エピソード スティーヴン・ハリス
(ロバート・ホームズとルイス・グリファーのペンネーム)
パディ・ラッセル 1975年10月25日 - 11月15日
083 The Android Invasion
『アンドロイドの侵略』
4J 4エピソード テリー・ネイション バリー・レッツ 1975年11月22日 - 12月13日
084 The Brain of Morbius
『モービアスの脳』
4K 4エピソ-ド ロビン・ブランド
(テランス・ディックスとロバート・ホームズのペンネーム)
クリストファー・バリー 1976年1月3日 - 24日
085 The Seeds of Doom 4L 6エピソード ロバート・バンクス・スチュワート ダグラス・カムフィールド 1976年1月31日 - 3月6日

シーズン14 (1976年–77年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
086 The Masque of Mandragora 4M 4エピソード ルイス・マークス ロドニー・ベネット 1976年9月4日 - 25日
087 The Hand of Fear 4N 4エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
レニー・メイン 1976年10月2日 - 23日
088 The Deadly Assassin 4P 4エピソード ロバート・ホームズ デイヴィッド・マロニー 1976年10月30日 - 11月20日
089 The Face of Evil 4Q 4エピソード クリス・バウチャー ペナント・ロバーツ 1977年1月1日 - 22日
090 The Robots of Death
『死のロボット』
4R 4エピソード クリス・バウチャー マイケル・ブライアント 1977年1月29日 - 2月19日
091 The Talons of Weng-Chiang 4S 6エピソード ロバート・ホームズ
(ロバート・バンクス・スチュワート)
デイヴィッド・マロニー 1977年2月26日 - 4月2日

シーズン15 (1977年–78年)[編集]

グラハム・ウィリアムズがフィリップ・ヒンチクリフに代わってプロデューサーに就任。The Sun Makersより脚本編集がロバート・ホームズからアンソニー・リードに代わる。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
092 Horror of Fang Rock 4V 4エピソード テランス・ディックス パディ・ラッセル 1977年9月23日 - 24日
093 The Invisible Enemy 4T 4エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
デリック・グッドウィン 1977年10月1日 - 22日
094 Image of the Fendahl 4X 4エピソード クリス・バウチャー ジョージ・スペントン=フォスター 1977年10月29日 - 11月19日
095 The Sun Makers 4W 4エピソード ロバート・ホームズ ペナント・ロバーツ 1977年11月26日 - 12月17日
096 Underworld 4Y 4エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
ノーマン・スチュワート 1978年1月7日 - 28日
097 The Invasion of Time 4Z 6エピソード デイヴィッド・アグニュー
(グラハム・ウィリアムズとアンソニー・リードのペンネーム)
ジェラルド・ブレイク 1978年2月4日 - 3月11日

シーズン16 (1978年–79年)[編集]

The Armageddon Factorからアンソニー・リードに代わりダグラス・アダムスが脚本編集を担当。シーズン16は一つの長い伏線が6話に渡っている。このシーズンのみ、The Key to Timeと別タイトルを冠されてDVDリリースされている。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
098 The Ribos Operation 5A 4エピソード ロバート・ホームズ ジョージ・スペントン=フォスター 1978年9月2日 - 23日
099 The Pirate Planet 5B 4エピソード ダグラス・アダムス ペナント・ロバーツ 1978年9月30日 - 10月21日
100 The Stones of Blood 5C 4エピソード デイヴィッド・フィッシャー ダロール・ブレイク 1978年10月28日 - 11月18日
101 The Androids of Tara 5D 4エピソード デイヴィッド・フィッシャー マイケル・ヘイズ 1978年11月25日 - 12月16日
102 The Power of Kroll 5E 4エピソード ロバート・ホームズ ノーマン・スチュワート 1978年12月23日 - 1979年1月13日
103 The Armageddon Factor 5F 6エピソード ボブ・ベイカー
デイヴ・マーティン
マイケル・ヘイズ 1979年1月20日 - 2月24日

シーズン17 (1979年–80年)[編集]

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
104 Destiny of the Daleks 5J 4エピソード テリー・ネイション ケン・グリーヴ 1979年9月1日 - 22日
105 City of Death 5H 4エピソード デイヴィッド・アグニュー
(ダグラス・アダムス、グラハム・ウィリアムズ、デイヴィッド・フィッシャーのペンネーム)
マイケル・ヘイズ 1979年9月29日 - 10月20日
106 The Creature from the Pit 5G 4エピソード デイヴィッド・フィッシャー クリストファー・バリー 1979年10月27日 - 11月17日
107 Nightmare of Eden 5K 4エピソード ボブ・ベイカー アラン・ブロムリー 1979年11月24日 - 12月15日
108 The Horns of Nimon 5L 4エピソード アンソニー・リード ケニー・マクベイン 1979年12月22日 - 1980年1月12日
Shada[lower-greek 7] 5M 6エピソード ダグラス・アダムス ペナント・ロバーツ 未放送

シーズン18 (1980年–81年)[編集]

ジョン・ネイサン=ターナーがグラハム・ウィリアムズに代わりプロデューサーに就任。このシーズンのみ製作総指揮としてバリー・レッツが復帰している。クリストファー・H・ビドミードがダグラス・アダムスに変わり脚本編集を担当。初期シーズンのフォーマットが復活し、シーズン18から20までは全て繋がった話で構成されている。

シーズン18はエントロピーをテーマとし、それを解決するための伏線が張られている。Full Circleen:State of Decayen:Warriors' Gateの3話はE-Spaceで冒険するドクターの物語で、のちにThe E-Space TrilogyのタイトルでVHS・DVDリリースされている。

番組通算 原題 コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
109 The Leisure Hive 5N 4エピソード デイヴィッド・フィッシャー ロベット・ビックフォード 1980年8月30日 - 9月20日
110 Meglos 5Q 4エピソード ジョン・フラナガン
アンドリュー・マッカロク
テランス・ダドリー 1980年9月27日 - 10月18日
111 Full Circle 5R 4エピソード アンドリュー・スミス ピーター・グリムウェイド 1980年10月25日 - 11月15日
112 State of Decay 5P 4エピソード テランス・ディックス ピーター・モファット 1980年11月22日 - 12月13日
113 Warriors' Gate 5S 4エピソード スティーヴン・ギャラガー ポール・ジョイス
グレーム・ハーパー
1981年1月3日 - 24日
114 The Keeper of Traken 5T 4エピソード ジョニー・バーン ジョン・ブラック 1981年1月31日 - 2月21日
115 Logopolis 5V 4エピソード クリストファー・H・ビドミード ピーター・グリムウェイド 1981年2月28日 - 3月21日

5代目ドクター[編集]

6代目ドクター[編集]

7代目ドクター[編集]

8代目ドクター[編集]

9代目ドクター[編集]

2005年、BBCは16年の休止期間を経て『ドクター・フー』を復活させることを決める。製作総指揮はラッセル・T・デイヴィスジュリー・ガードナーマル・ヤング、プロデューサーはフィル・コリンソン、そして9代目ドクターにはクリストファー・エクルストンが配役された。

番組は新規の内容ではなく、今までのストーリーを踏まえたものとなった。フォーマットは16:9ワイドスクリーン対応になり、放送時間も45分間になった。それまでは数話で1エピソードを構成していたが、回を跨ぐストーリーは基本的に廃止された。放送日も初期と同じ毎週土曜日になった。

シリーズ1 (2005年)[編集]

2005年のシリーズはタイム・ウォーの名残りとバッド・ウルフという言葉の付き纏う内容である。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
157 "Rose"
『マネキン ウォーズ』
1.1 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス キース・ボーク 2005年3月26日
158 "The End of the World"
『地球最後の日』
1.2 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス エウロス・リン 2005年4月2日
159 "The Unquiet Dead"
『にぎやかな死体』
1.3 1エピソード マーク・ゲイティス エウロス・リン 2005年4月9日
160 "Aliens of London"
"World War Three"
『UFO ロンドンに墜落』
『宇宙大戦争の危機』
1.4
1.5
2エピソード ラッセル・T・デイヴィス キース・ボーク 2005年4月16日
2005年4月23日
161 "Dalek"
『ダーレク 孤独な魂』
1.6 1エピソード ロバート・シェアーマン ジョー・エイハーン 2005年4月30日
162 "The Long Game"
『宇宙ステーションの悪魔』
1.7 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス ブライアン・グラント 2005年5月7日
163 "Father's Day"
『父の思い出』
1.8 1エピソード ポール・コーネル ジョー・エイハーン 2005年5月14日
164 "The Empty Child"
"The Doctor Dances"
『空っぽの少年』
『ドクターは踊る』
1.9
1.10
2エピソード スティーヴン・モファット ジェームズ・ホウズ 2005年5月21日
2005年5月28日
165 "Boom Town"
『悲しきスリジーン』
1.11 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス ジョー・エイハーン 2005年6月4日
166 "Bad Wolf"
"The Parting of the Ways"
『バッド・ウルフ』
『わかれ道』
1.12
1.13
2エピソード ラッセル・T・デイヴィス ジョー・エイハーン 2005年6月11日
2005年6月18日

10代目ドクター[編集]

10代目ドクターは、シリーズ1の時点でドクター役候補に上がっていたデイヴィッド・テナントが演じた[5]。マル・ヤングがBBCを離れたため、製作総指揮は2人体制になる。

スペシャル (2005年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
"Doctor Who: Children in Need" CIN "Children in Need"のスペシャル番組 (7分) ラッセル・T・デイヴィス エウロス・リン 2005年11月18日
167 "The Christmas Invasion"
『クリスマスの侵略者』
2.X クリスマス・スペシャル (60分) ラッセル・T・デイヴィス ジェームズ・ホウズ 2005年12月25日

シリーズ2 (2006年)[編集]

2006年のシリーズには、スピンオフ作品『トーチウッド』に関連するエピソードが散りばめられている。詳しくはTardisodeを参照のこと。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
168 "New Earth"
『新地球』
2.1 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス ジェームズ・ホウズ 2006年4月15日
169 "Tooth and Claw"
『女王と狼男』
2.2 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス エウロス・リン 2006年4月22日
170 "School Reunion"
『同窓会』
2.3 1エピソード トビー・ウィットハウス ジェームズ・ホウズ 2006年4月29日
171 "The Girl in the Fireplace"
『暖炉の少女』
2.4 1エピソード スティーヴン・モファット エウロス・リン 2006年5月6日
172 "Rise of the Cybermen"
"The Age of Steel"
『サイバーマン襲来』
『鋼鉄の時代』
2.5
2.6
2エピソード トム・マクレー グレーム・ハーパー 2006年5月13日
2006年5月20日
173 "The Idiot's Lantern"
『テレビの中に住む女』
2.7 1エピソード マーク・ゲイティス エウロス・リン 2006年5月27日
174 "The Impossible Planet"
"The Satan Pit"
『闇の覚醒』
『地獄への扉』
2.8
2.9
2エピソード マット・ジョーンズ ジェームズ・ストロング 2006年6月3日
2006年6月10日
175 "Love & Monsters"
『エルトン君の大冒険』
2.10 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス ダン・ゼフ 2006年6月17日
176 "Fear Her"
『危険なお絵描き』
2.11 1エピソード マシュー・グラハム エウロス・リン 2006年6月24日
177 "Army of Ghosts"
"Doomsday"
『嵐の到来』
『永遠の別れ』
2.12
2.13
2エピソード ラッセル・T・デイヴィス グレーム・ハーパー 2006年7月1日
2006年7月8日

スペシャル (2006年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
178 "The Runaway Bride"
『消えた花嫁』(LaLa TV 版)・『ランナウェイ・ブライド』(Hulu版)
3.X クリスマス・スペシャル (60分) ラッセル・T・デイヴィス エウロス・リン 2006年12月25日

シリーズ3 (2007年)[編集]

このシリースからコンパニオンはローズ・タイラーからマーサ・ジョーンズへ変わった。その他、フェイス・オブ・ボーの最後の言葉とハロルド・サクソンとの関わりが解き明かされる。また、コード3.8『ジョン・スミスの恋』およびコード3.9『ファミリーと永遠の命』は、フィル・コリンソンが製作総指揮、スージー・リガトがプロデューサーとなっている。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
179 "Smith and Jones"
『スミスとジョーンズ』(LaLa TV 版)・『スミス&ジョーンズ』(Hulu版)
3.1 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス チャールズ・パーマー 2007年3月31日
180 "The Shakespeare Code"
『言葉の魔術師』(LaLa TV 版)・『シェイクスピア・コード』(Hulu版)
3.2 1エピソード ギャレス・ロバーツ チャールズ・パーマー 2007年4月7日
181 "Gridlock"
『大渋滞』(LaLa TV 版)・『グリドロック』(Hulu版)
3.3 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス リチャード・クラーク 2007年4月14日
182 "Daleks in Manhattan"
"Evolution of the Daleks"
『ダーレク・イン・マンハッタン』(LaLa TV 版)・『マンハッタンのダレック』(Hulu版)
『ダーレクの進化』(LaLa TV 版)・『ダレックの変化』(Hulu版)
3.4
3.5
2エピソード ヘレン・レイナー ジェームズ・ストロング 2007年4月21日
2007年4月28日
183 "The Lazarus Experiment"
『ラザラスの欲望』(LaLa TV 版)・『ラザラス・エクスペリメント』(Hulu版)
3.6 1エピソード ステファン・グリーンホーン リチャード・クラーク 2007年5月5日
184 "42"
『タイムリミット42』(LaLa TV 版)・『42』(Hulu版)
3.7 1エピソード クリス・チブナル グレーム・ハーパー 2007年5月19日
185 "Human Nature"
"The Family of Blood"
『ジョン・スミスの恋』(LaLa TV 版)・『ヒューマン・ネイチャー』(Hulu版)
『ファミリーと永遠の命』(LaLa TV 版)・『ファミリー・オブ・ブラッド』(Hulu版)
3.8
3.9
2エピソード ポール・コーネル チャールズ・パーマー 2007年5月26日
2007年6月2日
186 "Blink"
『まばたきするな』(LaLa TV 版)・『ブリンク』(Hulu版)
3.10 1エピソード スティーヴン・モファット ヘティ・マクドナルド 2007年6月9日
187 "Utopia"
"The Sound of Drums"
"Last of the Time Lords"
『ユートピア』
『鳴り響くドラム』(LaLa TV 版)・『ザ・サウンド・オブ・ドラム』(Hulu版)
『ラスト・オブ・タイムロード』(LaLa TV版)・『タイムロードの最期』(Hulu版)
3.11
3.12
3.13
3エピソード (3.13は52分) ラッセル・T・デイヴィス グレーム・ハーパー(3.11) & コリン・ティーグ(3.12 & 3,13) 2007年6月16日
2007年6月23日
2007年6月30日

スペシャル (2007年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
"Time Crash" CIN2 "Children in Need"のスペシャル番組 (8分) スティーヴン・モファット グレーム・ハーパー 2007年11月16日
188 "Voyage of the Damned"
『呪われた旅路』
4.X クリスマス・スペシャル (72分) ラッセル・T・デイヴィス ジェームズ・ストロング 2007年12月25日

シリーズ4 (2008年)[編集]

このシリーズでは、2006年クリスマススペシャル『消えた花嫁』のドナ・ノーブルがドクターと再会し、共に旅を始める。また、コード4.2『囚われの歌』、コード4.4『侵略前夜』、コード4.5『死に覆われた星』、コード4.7『アガサ・クリスティ失踪の謎』、コード4.11『運命の左折』は、フィル・コリンソンが製作総指揮、スージー・リガトがプロデューサーとなっている。フィル・コリンソンはこのシリーズを最後にプロデューサーを退く。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
189 "Partners in Crime"
『ドナとドクター』
4.1 1エピソード (50分) ラッセル・T・デイヴィス ジェームズ・ストロング 2008年4月5日
190 "The Fires of Pompeii"
『ポンペイ最後の日』
4.3 1エピソード (50分) ジェームス・モラン コリン・ティーグ 2008年4月12日
191 "Planet of the Ood"
『囚われの歌』
4.2 1エピソード キース・テンプル グレーム・ハーパー 2008年4月19日
192 "The Sontaran Stratagem"
"The Poison Sky"
『侵略前夜』
『死に覆われた星』
4.4
4.5
2エピソード ヘレン・レイナー ダグラス・マッキノン 2008年4月26日
2008年5月3日
193 "The Doctor's Daughter"
『ドクターの娘』
4.6 1エピソード ステファン・グリーンホーン アリス・トラウトン 2008年5月10日
194 "The Unicorn and the Wasp"
『アガサ・クリスティ失踪の謎』
4.7 1エピソード ギャレス・ロバーツ グレーム・ハーパー 2008年5月17日
195 "Silence in the Library"
"Forest of the Dead"
『静寂の図書館』
『影の森』
4.9
4.10
2エピソード スティーヴン・モファット エウロス・リン 2008年5月31日
2008年6月7日
196 "Midnight"
『ミッドナイト』
4.8 1エピソード ラッセル・T・デイヴィス アリス・トラウトン 2008年6月14日
197 "Turn Left"
『運命の左折』
4.11 1エピソード (50分) ラッセル・T・デイヴィス グレーム・ハーパー 2008年6月21日
198 "The Stolen Earth"
"Journey's End"
『盗まれた地球』
『旅の終わり』
4.12
4.13
2エピソード (4.13は65分) ラッセル・T・デイヴィス グレーム・ハーパー 2008年6月28日
2008年7月5日

スペシャル (2008年 - 10年)[編集]

コード4.15『死の惑星』からは、ハイビジョンの撮影となった[6]。また、コード4.14『もうひとりのドクター』はスージー・リガト、コード4.16『火星の水』はニッキ・ウィルソン 、コート4.15『死の惑星』とコード4.17およびコード4.18『時の終わり』はトレイシー・シンプソンが制作を担当。便宜上、これらのスペシャルにはシリーズ4からの続きコードが割り当てられている。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
199 "The Next Doctor"
『もうひとりのドクター』
4.14 クリスマス・スペシャル (60分) ラッセル・T・デイヴィス アンディ・ゴダード 2008年12月25日
200 "Planet of the Dead"
『死の惑星』
4.15 イースター・スペシャル (60分) ラッセル・T・デイヴィス & ギャレス・ロバーツ ジェームズ・ストロング 2009年4月11日
201 "The Waters of Mars"
『火星の水』
4.16 秋のスペシャル (60分) ラッセル・T・デイヴィス & フィル・フォード グレーム・ハーパー 2009年11月15日
202 The End of Time
『時の終わり』
4.17
4.18
クリスマス・スペシャル (60分)
新春スペシャル (75分)
ラッセル・T・デイヴィス エウロス・リン 2009年12月25日
2010年1月1日

11代目ドクター[編集]

11代目ドクターは、マット·スミスが演じた。また、ラッセル・T・デイヴィスが降りた為、主脚本・製作総指揮はスティーヴン・モファットに代わった。もう一人の製作総指揮ジュリー・ガードナーも降りた為、ピアース・ウェンガーベス・ウィリスが代わりを引き継いでいる。

シリーズ5 (2010年)[編集]

このシリーズだけ、トレーシー・シンプソンペーター・ベネットの二人が分担してプロデューサーを務めている。また、パトリック・シュヴァイツァーと共にトレーシー・シンプソンは、コード1.6『ヴェネチアの吸血鬼』とコード1.10『ゴッホとドクター』の制作を行った。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
203 "The Eleventh Hour"
『11番目の時間』
1.1 1エピソード (65分) スティーヴン・モファット アダム・スミス 2010年4月3日
204 "The Beast Below"
『眼下の獣』
1.2 1エピソード スティーヴン・モファット アンドリュー・ガン 2010年4月10日
205 "Victory of the Daleks"
『ダーレクの勝利』
1.3 1エピソード マーク・ゲイティス アンドリュー・ガン 2010年4月17日
206 "The Time of Angels"
"Flesh and Stone"
『天使の時間』
『肉体と石』
1.4
1.5
2エピソード スティーヴン・モファット アダム・スミス 2010年4月24日
2010年5月1日
207 "The Vampires of Venice"
『ヴェネチアの吸血鬼』
1.6 1エピソード (50分) トビー・ウィットハウス ジョニー・キャンベル 2010年5月8日
208 "Amy's Choice"
『エイミーの選択』
1.7 1エピソード サイモン・ナイ キャサリン・モースヘッド 2010年5月15日
209 "The Hungry Earth"
"Cold Blood"
『ハングリー・アース』
『冷血』
1.8
1.9
2エピソード クリス・チブナル アシュレイ・ウェイ 2010年5月22日
2010年5月29日
210 "Vincent and the Doctor"
『ゴッホとドクター』
1.10 1エピソード リチャード・カーティス ジョニー・キャンベル 2010年6月5日
211 "The Lodger"
『下宿人』
1.11 1エピソード ギャレス・ロバーツ キャサリン・モースヘッド 2010年6月12日
212 "The Pandorica Opens"
"The Big Bang"
『パンドリカが開く』
『ビッグバン』
1.12
1.13
2エピソード (50分、55分) スティーヴン・モファット トビー・ヘインズ 2010年6月19日
2010年6月26日

スペシャル (2010年 - 11年)[編集]

『クリスマス・キャロル』は、サナ・ウォーヘンベルグが制作を担当。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
213 "A Christmas Carol"
『クリスマス・キャロル』
2.X クリスマススペシャル (60分) スティーヴン・モファット トビー・ヘインズ 2010年12月25日
"Space"
"Time"
2つの Comic Relief スペシャル (各3分) スティーヴン・モファット リチャード シニア 2011年3月18日

シリーズ6 (2011年)[編集]

オリジナルの放送では、シリーズ6は2つのパートに分割されており、最初の7話は2011年の4月から6月にかけて放送され、最後の6話は2011年の8月終わりから10月にかけて放送された。サナ・ウォーヘンベルグは、コード2.3『ハウスの罠』やコード2.4『小さき者からのSOS』を構成する最初のブロックの撮影の間、プロデューサーとして続行。その後マーカス・ウィルソンは、このシリーズのプロデューサーを引き継ぎ、デニス・ポールと共にコード2.12『子連れのコンパニオン』を制作。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
214 "The Impossible Astronaut"
"Day of the Moon"
『ドクターからの招待状』
『静かなる侵略者』
2.1
2.2
2エピソード スティーヴン・モファット トビー・ヘインズ 2011年4月23日
2011年4月30日
215 "The Curse of the Black Spot"
『セイレーンの呪い』
2.9 1エピソード Stephen Thompson Jeremy Webb 2011年5月7日
216 "The Doctor's Wife"
『ハウスの罠』
2.3 1エピソード ニール・ゲイマン リチャード・クラーク 2011年5月14日
217 "The Rebel Flesh"
"The Almost People"
『人造人間たち』
『ゲンガーの反乱』
2.5
2.6
2エピソード マシュー・グラハム Julian Simpson 2011年5月21日
2011年5月28日
218 "A Good Man Goes to War"
『ドクターの戦争』
2.7 1エピソード (50分) スティーヴン・モファット Peter Hoar 2011年6月4日
219 "Let's Kill Hitler"
『ヒトラーを殺そう!』
2.8 1エピソード (50分) スティーヴン・モファット リチャード シニア 2011年8月27日
220 "Night Terrors"
『小さき者からのSOS』
2.4 1エピソード マーク・ゲイティス リチャード・クラーク 2011年9月3日
221 "The Girl Who Waited"
『無情に流れる時間 (とき)』
2.10 1エピソード トム・マクレー ニック・ハラン 2011年9月10日
222 "The God Complex"
『閉ざされたホテル』
2.11 1エピソード (50分) トビー・ウィットハウス ニック・ハラン 2011年9月17日
223 "Closing Time"
『子連れのコンパニオン』
2.12 1エピソード ギャレス・ロバーツ Steve Hughes 2011年9月24日
224 "The Wedding of River Song"
『ドクター最後の日』
2.13 1エピソード スティーヴン・モファット Jeremy Webb 2011年10月1日

スペシャル (2011年 - 12年)[編集]

クリスマススペシャルは、スティーヴン・モファット、ピアース・ウェンガー、キャロライン・スキナーによって制作された[7]。製作総指揮のベス・ウィリスは、シリーズ6でBBCを辞めてしまい[8]、ピアース・ウェンガーもクリスマススペシャルで辞めてしまう[9]。スティーヴン・モファットとキャロライン・スキナーはシリーズ7の製作総指揮として残る。

番組通算 原題
『邦題』
コード エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
225 "The Doctor, the Widow and the Wardrobe"
『クリスマスイブの奇跡』
X11 クリスマススペシャル (60分) スティーヴン・モファット ファーレン・ブラックバーン 2011年12月25日
Pond Life 5つのミニエピソード クリス・チブナル Saul Metzstein 2012年8月27日 - 31日 (webcast)
2012年9月1日 (BBC Red Button)

シリーズ7 パート1 (2012年)[編集]

シリーズ7は2012年後半に5つのエピソードが放送され、クリスマススペシャルに続き、2013年に8つのエピソードが放送された。このシリーズから、制作チームによる「コード」は付けられなくなる。

番組通算 原題
『邦題』
エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
226 "Asylum of the Daleks"
『ダーレク収容所』
1エピソード (50分) スティーヴン・モファット ニック・ハラン 2012年9月1日
227 "Dinosaurs on a Spaceship"
『恐竜たちの船』
1エピソード クリス・チブナル Saul Metzstein 2012年9月8日
228 "A Town Called Mercy"
『情け無用の町』
1エピソード トビー・ウィットハウス Saul Metzstein 2012年9月15日
229 "The Power of Three"
『キューブのパワー』
1エピソード クリス・チブナル ダグラス・マッキノン 2012年9月22日
230 "The Angels Take Manhattan"
『マンハッタン占領』
1エピソード スティーヴン・モファット ニック・ハラン 2012年9月29日

スペシャル (2012年)[編集]

番組通算 原題
『邦題』
エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
"P.S." ミニエピソード (5分) クリス・チブナル 2012年10月12日 (webcast)
"The Great Detective" ミニエピソード (3分) スティーヴン・モファット 2012年11月16日
231 "The Snowmen"
『スノーメン』
クリスマススペシャル (60分) スティーヴン・モファット Saul Metzstein 2012年12月25日

シリーズ7 パート2 (2013年)[編集]

『セントジョンの鐘』、『時の女王』、『銀色の悪夢』、『ドクターの名前』はデニス・ポールが制作、マーカス・ウィルソンがシリーズプロデューサとしてクレジットされている。

番組通算 原題
『邦題』
エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
232 "The Bells of Saint John"
『セントジョンの鐘』
1エピソード スティーヴン・モファット Colm McCarthy 2013年3月30日
233 "The Rings of Akhaten"
『時の女王』
1エピソード Neil Cross ファーレン・ブラックバーン 2013年4月6日
234 "Cold War"
『冷戦』
1エピソード マーク・ゲイティス ダグラス・マッキノン 2013年4月13日
235 "Hide"
『井戸の魔女』
1エピソード Neil Cross Jamie Payne 2013年4月20日
236 "Journey to the Centre of the TARDIS"
『ターディスへの旅』
1エピソード Stephen Thompson Mat King 2013年4月27日
237 "The Crimson Horror"
『深紅の恐怖』
1エピソード マーク・ゲイティス Saul Metzstein 2013年5月4日
238 "Nightmare in Silver"
『銀色の悪夢』
1エピソード ニール・ゲイマン Stephen Woolfenden 2013年5月11日
239 "The Name of the Doctor"
『ドクターの名前』
1エピソード スティーヴン・モファット Saul Metzstein 2013年5月18日

スペシャル (2013年)[編集]

キャロライン・スキナーが去り、BBCウェールズのドラマ部門ヘッドのフェイス・ペンフェイルは、スティーヴン・モファットと共に50周年記念スペシャルを担当した[10]。シリーズ5で、スクリプトエディタだったブライアン・ミンチンが製作総指揮を引き継いでいる[11]

番組通算 原題
『邦題』
エピソード 脚本家 監督 英国初放送日
"The Night of the Doctor"
『ドクターの夜』
ミニエピソード (7分) スティーヴン・モファット John Hayes 2013年11月14日 (webcast)
2013年11月16日 (BBC Red Button)
"The Last Day"
『最後の日』
ミニエピソード (4分) スティーヴン・モファット Jamie Stone 2013年11月21日 (webcast)
240 "The Day of the Doctor"
『ドクターの日』
50周年記念スペシャル (75分) スティーヴン・モファット ニック・ハラン 2013年11月23日
241 "The Time of the Doctor"
『ドクターの時間』
クリスマススペシャル (60分) スティーヴン・モファット Jamie Payne 2013年12月25日

その他[編集]

Television broadcasts[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ウェバーの脚本は第1話目のベースとなったが、コバーンとは共に書いていない。
  2. ^ エピソード2から4と7は白黒でしか現存していないが、白黒フィルムのクロマ・ドットから撮影時の色彩情報を引き出す色彩復元により、フルカラー映像として2009年にDVDボックスセットとして発売された。[3]
  3. ^ 放送開始10周年記念エピソード。
  4. ^ 1976年から2008年までエピソード3は白黒の状態でしか残っていなかった。Dalek WarのDVDボックスセットの発売に際し、コンピュータでの映画の着色化を専門とするレジェンド・フィルムズとカラー・リカバリー・ワーキング・グループ開発のソフトフェアを用いてカラー化された。これは2009年にDVDで発売された。なお他の5エピソードはカラーフィルムが現存している。
  5. ^ エピソード1ではタイトルはInvasionだけだった。エンディングにサプライズ要素として正式なタイトルが表示された。
  6. ^ 1976年から2011年までエピソード1は白黒の状態でしか残っていなかった。UNIT Files のDVDボックスセットの発売に際し、コンピュータでの映画の着色化を専門とするレジェンド・フィルムズとカラー・リカバリー・ワーキング・グループ開発のソフトフェアを用いてカラー化された。これは2012年にDVDで発売された。なお他の5エピソードはカラーフィルムが現存している。
  7. ^ ストライキのため撮影が完了しなかった回である。のちに家庭用ビデオ作品としてリリースされ、トム・ベイカーのナレーション付きでストーリーの補完がされた。放送自体はされていないので番組通算にはカウントされない。

参照[編集]

  1. ^ “Dr Who 'longest-running sci-fi'”. BBC. (2006年9月28日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/5390372.stm 15 12月 2007閲覧。 
  2. ^ Colvin, Chad (2010年3月9日). “Smallville will break Stargate SG-1‘s world record”. 11 12月 2011閲覧。
  3. ^ The Doctor Who News Page: DVD 2011 Update”. Gallifreynewsbase.blogspot.com (2011年1月13日). 2011年5月18日閲覧。
  4. ^ Tom Baker”. BBC Doctor Who website (2004年8月12日). 29 番組通算vember 2007閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ "Bad Wolf" / "The Parting of the Ways" at Doctor Who: A Brief History Of Time (Travel)
  6. ^ Doctor Who to be filmed in HD”. Doctor Who Online (2009年2月4日). 2010年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月22日閲覧。
  7. ^ Steven Moffat on the New Exec”. BBC. 2011年7月21日閲覧。
  8. ^ BBC ? Doctor Who ? Beth Willis On Leaving Doctor Who ? News & Features”. Bbc.co.uk. 2012年8月22日閲覧。
  9. ^ Doctor Who executive Piers Wenger leaves BBC for Film4”. BBC News (2011年5月26日). 2011年6月9日閲覧。
  10. ^ Caroline Skinner steps down as Executive Producer of Doctor Who”. Media Centre. BBC (2013年3月13日). 2013年3月14日閲覧。
  11. ^ BBC - Media Centre - Brian Minchin confirmed as new Executive Producer of Doctor Who

外部リンク[編集]