ドゥルシラ・コーネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥルシラ・コーネル(Drucilla Cornell、1950年 - )は、アメリカ合衆国哲学者

アンティオーク・カレッジ卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクールで博士号取得。現在、ラトガーズ大学政治学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Beyond Accommodation: Ethical Feminism, Deconstruction, and the Law, (Routledge, 1991, new ed., 1999).
仲正昌樹監訳『脱構築と法――適応の彼方へ』(御茶の水書房, 2003年)
  • The Philosophy of the Limit, (Routledge, 1992).
仲正昌樹監訳『限界の哲学』(御茶の水書房, 2007年)
  • Transformations: Recollective Imagination and Sexual Difference, (Routledge, 1993).
  • The Imaginary Domain: Abortion, Pornography & Sexual Harassment, (Routledge, 1995).
仲正昌樹監訳『イマジナリーな領域――中絶、ポルノグラフィ、セクシュアル・ハラスメント』(御茶の水書房, 2006年)
  • At the Heart of Freedom: Feminism, Sex, and Equality, (Princeton University Press, 1998).
石岡良治久保田淳郷原佳以南野佳代佐藤朋子澤敬子・仲正昌樹訳『自由のハートで』(情況出版, 2001年)
  • Just Cause: Freedom, Identity, and Rights, (Rowman & Littlefield, 2000).
仲正昌樹監訳『正義の根源』(御茶の水書房, 2002年)
  • Between Women and Generations: Legacies of Dignity, (Palgrave, 2002).
岡野八代牟田和恵訳『女たちの絆』(みすず書房, 2005年)
  • Defending Ideals: War, Democracy, and Political Struggles, (Routledge, 2004).
近藤真理子高橋慎一高原幸子訳『"理想"を擁護する――戦争・民主主義・政治闘争』(作品社, 2008年)
  • Moral Images of Freedom: A Future for Critical Theory, (Rowman & Littlefield, 2008).
  • Clint Eastwood and Issues of American Masculinity, (Fordham University Press, 2009).
吉良貴之・仲正昌樹監訳『イーストウッドの男たち――マスキュリニティの表象分析』(御茶の水書房、2011年)

共著[編集]

  • Symbolic Forms for a New Humanity: Cultural and Racial Reconfigurations of Critical Theory, with Kenneth Michael Panfilio, (Fordham University Press, 2010).

編著[編集]

  • Feminism and Pornography, (Oxford University Press, 2000).

共編著[編集]

  • Feminism as Critique: Essays on the Politics of Gender in Late-capitalist Societies, co-edited with Seyla Benhabib, (Polity Press, 1987).
  • Hegel and Legal Theory, co-edited with Michel Rosenfeld and David Gray Carlson, (Routledge, 1991).
  • Deconstruction and the Possibility of Justice, co-edited with Michel Rosenfeld and David Gray Carlson, (Routledge, 1992).

関連項目[編集]