ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡
Dubrovačko-neretvanska županija
Flag of Dubrovnik-Neretva County.png
クロアチア内のドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の位置
クロアチアの旗 クロアチア
郡都 ドゥブロヴニク
人口 122,870
(2001年時点)
面積 1782 km²
都市 5
オプチナ 17
標準時 CETUTC+1
夏時間CESTUTC+2
長官 Mira Buconić
郡都のドゥブロヴニク世界遺産にも登録されており、アドリア海の真珠と通称されるクロアチア最大の観光地の一つ。
ドゥブロヴニク旧市街の南東側。旧市街は城壁に囲まれている。
コルチュラ島の中心都市コルチュラ旧市街。
クロアチア本土と南の飛び地を隔てるペリェシャツ海峡
港町プロチェからはボスニア・ヘルツェゴビナに鉄道路線が延び、ボスニア・ヘルツェゴビナの海の玄関口となっている。
ヨーロッパ一長い、ストンの城壁は5キロメートルにおよぶ。

ドゥブロヴニク・ネレトヴァ郡(ドゥブロヴニク・ネレトヴァぐん、クロアチア語:Dubrovačko-neretvanska županija)は、クロアチアダルマチア地方ので、クロアチアの国土の南端に位置している。郡都はドゥブロヴニクであり、その他の大きい町としてはネレトヴァ川三角州の中にあるメトコヴィチMetković)、プロチェPloče)があり、群の名前の由来となっている。コルチュラ島ラストヴォ島Lastovo)、ムリェト島シパン島Šipan)、コロチェプ島Koločep)などの島々も郡に含まれる。

ボスニア・ヘルツェゴビナネウムによって郡の大部分はクロアチアの領土の主要部から切り離され、陸上では飛び地となっている。しかし、クロアチアの領海は主要部から連続している。加えて、ネウムを通過してドゥブロヴニクと主要部とを結ぶ交通の量は膨大で、交通渋滞の回避のため、通常は関税検査の対象とされない。ドゥブロヴニクとクロアチア主要部とを結ぶ道路は片側1車線である。ドゥブロヴニクとクロアチア主要部とを結ぶバスの多くはネウムにも停車するため、利用者はクロアチアよりも税金の安いボスニア・ヘルツェゴビナで、より安価にタバコを買うことができる。

クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの政府は、国境検問なしにネウムを通過してクロアチアの両部分を結ぶ高速道路の建設を計画している。また、地域の政府は、ボスニア領のネウムを回避してクロアチア主要部の南端と、飛び地側のペリェシャツ半島Pelješac)とを結ぶペリェシャツ橋)の建設を計画している。

ムリェト島の北西部は国立公園となっており、またプロチェ北部のバチナ湖群Baćina lakes)も国立公園となっている。郡の南端部は領有権問題のあるプレヴラカ半島Prevlaka)を含む。

基礎情報[編集]

自治体[編集]

ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡は、5の都市(grad)と17のオプチナ(općina)から構成される。都市とオプチナは、ともに郡の下位に属する同じレベルの自治体であるが、一般に都市のほうが規模が大きい。

都市(grad)
オプチナ(općina)

郡政府[編集]

郡の長官(Župan)と副長官は以下の通り:

  • 長官: ミラ・ブツォニッチ(Mira Buconić、IL-S.G.Jambo)
  • 副長官: ジェリコ・クリシッチ(Željko Kulišićクロアチア権利党

郡議会は41議席あり、議長は民主中道のニコラ・オブリェン(Nikola Obuljen)である。2005年の選挙以降の、党派別の議席の内訳は以下の通り:

脚注[編集]

  1. ^ http://www.dzs.hr/Eng/censuses/Census2001/Popis/E01_02_02/E01_02_02.html

外部リンク[編集]


座標: 北緯42度39分13秒 東経18度05分41秒 / 北緯42.65361度 東経18.09472度 / 42.65361; 18.09472