ドゥバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥバー[1](アラビア語: ضبا‎‎, ラテン文字: Daba, Dhaba, Diba, Duba, Dhuba) は、サウジアラビア北西部タブーク州にある都市である。

ダーバ[2]ダバ[3]ディバ[4]ドゥバドゥーバジュバデュバとも。

人口約2万2000人。紅海に面し、サウジアラビアの6つの主要な商業の1つである[3]

地理[編集]

サウジアラビア北西端近くに位置し、ヨルダン国境に近く、紅海をはさんでエジプトにも近い。エジプト・ヨルダンとはフェリーで結ばれている。

古くから知られるダフカン (Dahkan)・サルマー (Salma)・カファーファ (Kafafah) の3つの谷がある。

歴史[編集]

付近は、旧約聖書に書かれたミデヤン人の土地ミデヤンである。

1933年、サウジアラビアが征服し、イブン・サウードが城を築いた。

出典[編集]

  1. ^ Google map
  2. ^ 帝国書院の各種地図帳
  3. ^ a b サウジアラビア大使館
  4. ^ 小学館の各種地図帳