ドゥコノ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥコノ山
Mt Dukono.jpg
上空から見たドゥコノ山の火口
標高 1,335[1] m
所在地 インドネシアの旗 インドネシア
北マルク州
位置 北緯1度41分 東経127度53分座標: 北緯1度41分 東経127度53分[1]
種類 複合火山
最新噴火 2014年(継続中)
ドゥコノ山の位置
ドゥコノ山
ドゥコノ山の位置(インドネシア
テンプレートを表示

ドゥコノ山(ドゥコノさん、インドネシア語: Gunung Dukono)は、インドネシアハルマヘラ島の最北端の一角にある火山である。山は幅広い輪郭を持っており、数個重なった火口で覆われている。

ドゥコノ山は活火山である。1550年の主要な噴火では、マムヤ山の火山錐の北の山腹とハルマヘラ島との間にある海峡溶岩流が満たした[1]。この噴火の火山爆発指数は3であった。死亡者は報告されたが死者数は不明である。1719年1868年、そして1901年には、小さな噴火が発生した[2]1933年以来、現在までドゥコノ山は、継続的に噴火をしている状態である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “ドゥコノ山”. スミソニアン博物館世界火山プログラム. http://www.volcano.si.edu/world/volcano.cfm?vnum=0608-01= 2006年12月13日閲覧。. 
  2. ^ Dukono, Halmahera Arc Volcanoes, Indonesia”. Volcano World. 2008年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

ドゥコノ山は1933年以来連続的に噴火している。火口はその火山灰で覆われ植物が育たない。