ドゥカティ・ハイパーモタード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイパーモタードドゥカティが生産しているスーパーモタードタイプのオートバイ。世界初のクロスオーバータイプのオートバイである。

概要[編集]

2005年ミラノショーで発表され、ピエール・テルブランチがドゥカティで成功した最後のオートバイである。大半のオフロードベースのモタードではなく、オンロードベースの車格となっているため体格に恵まれていないライダーでも運転できるようになっている。2007年に1078ccが量産され、2009年には空冷803ccLツインエンジン「デスモデュエ」と湿式クラッチを搭載したハイパーモタード796が追加され、2010年にはハイパーモタード1100 EVOと上位モデルであるハイパーモタード1100 EVO SPが追加された。

2013年にはフルモデルチェンジし1100と796のエンジンは水冷821ccLツインエンジン「テスタストレッタ11°」に一本化され、スタンダードモデルであるハイパーモタード、前後サスペンションとホイール、タイヤをアップグレードしたハイパーモタードSP、サスペンションストロークを短くしてシート高を落とし、スクリーンやパニアケースを装備してツーリング向けとしたハイパーストラーダの3種類にグレードアップしている。

Hypermotard[編集]

Hypermotard
2013年仕様[1]
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ドゥカティ
エンジン 821.1cc 4ストローク
水冷デスモドロミック4バルブL型2気筒
内径x行程 / 圧縮比 88mm x 67.5mm / 12.8:1
最高出力 81kW(110hp)/9,250rpm
最大トルク 89Nm(9.1kgf・m)/7,750rpm
乾燥重量 175kg
車両重量 198kg
テンプレートを表示

歴史[編集]

2007年
発売開始。
2013年
2013年より水冷821ccLツインエンジンのスタンダードモデルとなる。


Hypermotard SP[編集]

Hypermotard SP
2013年仕様[2]
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ドゥカティ
エンジン 821.1cc 4ストローク
水冷デスモドロミック4バルブL型2気筒
内径x行程 / 圧縮比 88mm x 67.5mm / 12.8:1
最高出力 81kW(110hp)/9,250rpm
最大トルク 89Nm(9.1kgf・m)/7,750rpm
乾燥重量 171kg
車両重量 194kg
テンプレートを表示


歴史[編集]

2013年
発売開始

Hyperstrada[編集]

Hyperstrada
2013年仕様[3]
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー ドゥカティ
エンジン 821.1cc 4ストローク
水冷デスモドロミック4バルブL型2気筒
内径x行程 / 圧縮比 88mm x 67.5mm / 12.8:1
最高出力 81kW(110hp)/9,250rpm
最大トルク 89Nm(9.1kgf・m)/7,750rpm
乾燥重量 181kg
車両重量 204kg
テンプレートを表示


歴史[編集]

2013年
発売開始

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ Hypermotard - Technical specification”. 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ Hypermotard SP - Technical specification”. 2013年8月25日閲覧。
  3. ^ Hyperstrada - Technical specification”. 2013年8月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]