1957年ドイツ連邦議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SPDの選挙ポスター

1957年ドイツ連邦議会選挙(1957ねん ドイツれんぽうぎかい せんきょ)は、ドイツ連邦共和国(当時:西ドイツ)の下院に該当する連邦議会(Bundestag)の議員を選出するために1957年9月に行われた選挙である。

選挙データ[編集]

全体議席は、第2投票(州単位で作成される政党名簿への投票)に投ぜられた得票に従って議席配分されるが、少数政党の乱立を防止する観点から、①第2投票で有効投票総数の5%以上を獲得、②第1投票(選挙区候補者への投票、最多得票を得た候補が当選)で3議席を得た(前回までは1議席)。いずれかの要件を満たした政党にのみ議席配分される制度となっている。尚、選挙区議席が比例配分議席を上回った場合は、超過議席となる。
  • 有権者数:35,403,417名

選挙結果[編集]

  • 投票日:1957年9月15日
  • 投票者数:31,072,894名(投票率87.8%)
  • 有効票数:29,905,428票(第2投票)
1957年連邦議会選挙における党派別議席数と得票数・率
党派 候補者投票 政党投票 議席数
得票数 得票率 得票数 得票率 全体議席 (選挙区)
キリスト教
民主・社会同盟
(CDU/CSU)
キリスト教民主同盟
(CDU)
11,975,400 39.7 11,875,339 39.7 215 147
キリスト教社会同盟
(CSU)
3,186,150 10.6 3,133,060 10.5 55 47
ドイツ社会民主党
(SPD)
9,651,669 32.0 9,495,571 31.8 169 46
自由民主党
(FDP)
2,276,234 7.5 2,307,135 7.7 41 1
ドイツ党
(DP)
1,062,293 3.5 1,007,282 3.4 17 6
合計議席 497 247
各党の議席比率。内側は前回議席で赤色がSPD、黄色がFDP、黒色がCDU/CSUである。

CDU/CSUが得票率50%以上で過半数を大きく上回り、連邦議会の多数派を占める結果となった。尚、1953年選挙からCDU/CSUとCDUの二大政党集団へ支持が集中する傾向が強まった結果、本選挙においてCDU/CSUとSPD、FDPの三党派以外に議席を得る事ができた政党はDPのみであったが、DPの議席はCDUとの選挙協力で辛うじて得る事ができたものであった。この選挙で事実上、CDU/CSUとSPDの2大政党集団に中間政党であるFDPを加えた「3党体制」が完成し、次の1961年選挙以降、1983年の選挙で「緑の党」が5%阻止条項を突破して議席を獲得するまで「3党体制」が継続することとなった。

出典[編集]

関連項目[編集]