ドイツ学術交流会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンにあるドイツ学術交流会本部

ドイツ学術交流会Der Deutsche Akademische Austauschdienst、略称:DAAD)は、ドイツ連邦共和国大学が共同で設置している機関で、大学間における国際交流を促進する役割を担っており、国内外の研究者、大学教員、芸術家、学生を対象にした多様なプログラムやプロジェクトを実施している。特に、DAAD奨学金は、世界中から、優秀な若手研究者、芸術家をドイツに招聘する奨学金制度として名高い。

連邦の公的拠出金を財源基盤として運営され、主として外務省、 さらに教育・科学・研究技術省、経済協力省から拠出されている。本部はボンにあり、在外支所は、北京カイロハノイジャカルタロンドンメキシコモスクワナイロビニューデリーニューヨークパリリオデジャネイロ東京ワルシャワに設置されている。

東京支所は、日独の大学間における学術交流、および日本企業との協力提携の促進を重要な目的として、1978年4月に開設された。現在は第6代所長イレーネ・ヤンゼン(Dr. Irene Jansen)のもと、各専門分野を代表する日本の大学や研究機関などと常に密接な連携活動を精力的に展開している。

日本人元奨学生[編集]

美術

音楽

神学

法学

関連項目[編集]

外部リンク[編集]