ドイツ・フランス合同旅団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ・フランス合同旅団
DEU-FRA Brig (V1).svg
独仏合同旅団章
創設 1989年 10月2日
所属政体 ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
所属組織 ドイツ連邦陸軍フランス陸軍
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 機械化歩兵
所在地 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州
ミュルハイムドイツ語版
上級単位 欧州合同軍
テンプレートを表示

ドイツ・フランス合同旅団、又は、フランス・ドイツ合同旅団Deutsch-Französische BrigadeDFBBrigade Franco-AllemandeBFA[1]は、ドイツ連邦陸軍フランス陸軍との合同部隊。欧州合同軍の指揮下にある。

歴史[編集]

この合同旅団は、1987年、当時のフランス大統領フランソワ・ミッテラン西ドイツ首相ヘルムート・コールとの会談の結果に従って設立された。合同旅団は、1989年10月2日、Jean-Pierre Sengeisen 将軍の指揮下で作戦が可能な状態に入った。1993年欧州合同軍が設立されると、その中核として編入され、以来、欧州合同軍の一部として、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ミュルハイムドイツ語版 に駐留している。

従来、フランスの部隊がドイツに駐留する一方、ドイツの部隊がフランスに駐留していなかったが、2009年2月にフランス大統領ニコラ・サルコジとドイツ首相アンゲラ・メルケルとが合意した内容に基づき、2010年12月10日、ドイツの歩兵大隊335人がフランスのストラスブール郊外の駐屯地で駐留を開始した。既に一部は、4月から現地に入っていた。2012年に全体が揃うと600人規模になる予定。ドイツの戦闘部隊がフランスに駐留するのは、第二次世界大戦におけるナチス・ドイツによるフランス占領の後、初めてであり、両国の歴史的な和解・友好・協力を象徴する[2][3]

編成[編集]

この合同旅団は、機械化歩兵部隊である。主要な戦闘部隊は、装甲偵察連隊、機械化歩兵連隊、軽歩兵大隊、さらに機械化砲兵大隊である。フランスは、装甲偵察連隊、機械化歩兵を提供し、ドイツは、軽歩兵、機械化砲兵、さらに機械化工兵を提供している。兵站支援部隊および司令部は、両国の混成で編成されている。

  • 司令部中隊(混成)
    • 仏軍第3驃騎兵連隊—(機甲偵察連隊)
    • 独軍第292猟兵大隊(Jägerbataillon 292) — (軽歩兵大隊)
      • 第1中隊(司令部・支援)
        • 第2~4中隊(軽歩兵)
        • 第5中隊(重火器:迫撃砲TOW、20mm機関砲)
        • 第6中隊(訓練)
        • 第7中隊(予備)
    • 仏軍第1歩兵連隊 — (機械化歩兵連隊)
    • 独軍第500装甲工兵中隊(Panzerpionierkompanie 500) — (機甲工兵中隊)
    • 独軍第295装甲砲兵大隊(Panzerartilleriebataillon 295) — (砲兵大隊)
    • 混成兵站大隊(フランス語:Bataillon de Commandement et de Soutien ドイツ語:Deutsch-FranzösichesVersorgungsbataillon) — (兵站大隊)
      • 司令部中隊(混成)
        • 修理中隊(混成)
        • 補給中隊(混成)
        • 輸送中隊(ドイツ)
        • 管理支援中隊(フランス)

[編集]

  1. ^ フランス語・ドイツ語で語順が異なるが、いずれも正式名称である。
  2. ^ “仏駐留の独軍部隊が正式着任=第2次大戦後初、友好の象徴に”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年12月11日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010121100198 2010年12月12日閲覧。 
  3. ^ “独歩兵大隊、仏に正式駐留…ナチス占領以来初”. YOMIURI ONLINE(読売新聞. (2010年12月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101211-OYT1T00521.htm 2010年12月12日閲覧。 

外部リンク[編集]