ドイツテレビジョン放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Deutscher Fernsehfunk
ドイツテレビジョン放送
German Television Broadcasting
DFF logo 1971 1990.svg
種類 国営
略称 DFF
本社所在地 東ドイツの旗 東ドイツ
東ベルリン
設立 1952年12月21日
業種 情報・通信業
テンプレートを表示
ドイツテレビジョン放送
PAL-Testsendung des DDR-Fernsehens, 1980.jpg
DFFのテストパターン(1980年)
運営 ドイツテレビジョン放送
設立 1952年12月21日
解散 1991年12月31日
在籍国 東ドイツの旗 東ドイツ
所在地 東ドイツの旗 東ドイツ東ベルリン
演奏所
DFF1
DFF2

ドイツテレビジョン放送(どいつてれびじょんほうそう、ドイツ語: :Deutscher Fernsehfunk DFF, 英語: German Television Broadcasting)とは、ドイツ民主共和国国営テレビ放送局である。

かつてのDFF放送局
1968年ライプツィヒ見本市に展示された東ドイツ製テレビ

概要[編集]

1952年12月21日ヨシフ・スターリンの誕生日に一般放送が開始され、当時は占領国・ソビエト連邦の強い意向の働いた放送を行っていた。1956年に「ドイツテレビジョン放送」として放送を開始した。当初は西ドイツを含めたドイツ全土に向けて放送を行う意図があったためこの名称を使用していたが、1972年に「ドイツ民主共和国テレビ放送」(Fernsehen der DDR)と改名した[1]

同局は2つのチャンネルを使って放送を行っていた[2]。代表的な番組はAktuelle Kameraドイツ語版という報道番組であったが、社会主義国国営放送らしく、社会主義の明るく成功した部分だけを放送するプロパガンダ的要素の強いものであった[3]。また、西ドイツのスキャンダルや殺人事件などを誇張して伝える「黒いチャンネルドイツ語版」(Der schwarze Kanal)というプロパガンダ番組があり、これは学校での視聴が義務付けられていた[4]

東ドイツの多くの地域では西ドイツのARDZDF等のテレビ電波がスピルオーバーしていたため、大半の東ドイツ国民は経済や社会の実態とかけ離れ、政治宣伝色の強い東ドイツの報道番組を信用せず、当局の監視から隠れて西側の放送を見ていた[5]

東欧民主化のうねりの中で1989年10月に強権的なエーリッヒ・ホーネッカーSED書記長が失脚すると、10月30日には「これまでの報道の仕方は誤りだった」と謝罪し、報道方針を改めた[6]

東西ドイツ統一後同局は解散し、各地に設立された公共放送ARD加盟)へと再編・移管された。西ベルリンで放送を行っていた「自由ベルリン放送」(SFB)がベルリン全域を担当するようになったほか、ブランデンブルク州には「ブランデンブルク・東部ドイツ放送」(ORB)が、ザクセン州ザクセン=アンハルト州テューリンゲン州には「中部ドイツ放送」(mdr)が設立された。メクレンブルク=フォアポンメルン州北ドイツ放送(NDR)のエリアとなった。その後、2003年にはSFBとORBが合併し「ベルリン・ブランデンブルク放送」(rbb)が誕生している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伸井太一 『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』 (社会評論社〈共産趣味インターナショナル VOL2〉2009年)P96
  2. ^ サイマル出版会編 協力:パノラマDDR(東ドイツ対外出版公社)とライゼビューロー(東ドイツ国営旅行公社)『行ってみたい東ドイツ』(1983年 サイマル出版会)P268
  3. ^ 仲井斌『もうひとつのドイツ』(1983年 朝日新聞社)P80-81
  4. ^ 伸井太一 『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』P98
  5. ^ 伸井太一 『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』P96-97 および 仲井斌『もうひとつのドイツ』P82-83
  6. ^ 永井清彦。南塚信吾・NHK取材班『社会主義の20世紀 第1巻』(日本放送出版協会 1990年)P101

外部リンク[編集]