ドイツの祝日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドイツの祝日(ドイツのしゅくじつ)では、東西統一以後のドイツ1990年以後)で法定休日とされている日を列挙する。

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 新年 Neujahr
1月6日 公現祭東方の三博士の来訪記念日) Heilige Drei Könige バイエルン州バーデン=ヴュルテンベルク州ザクセン=アンハルト州
復活祭2日前 聖金曜日 Karfreitag 復活祭の日付についてはコンプトゥスを参照。
復活祭翌日 復活祭後の月曜日 Ostermontag
5月1日 労働の日(メーデー Tag der Arbeit
復活祭39日後 主の昇天(キリスト昇天祭) Christi Himmelfahrt
復活祭50日後 聖霊降臨後の月曜日 Pfingstmontag
復活祭60日後 聖体の祝日(聖体拝受の日) Fronleichnam バイエルン州バーデン=ヴュルテンベルク州ヘッセン州ノルトライン=ヴェストファーレン州ラインラント=プファルツ州ザールラント州ザクセン州(一部)、ザクセン=アンハルト州テューリンゲン州(一部)
8月15日 聖母被昇天祭 Mariä Himmelfahrt バイエルン州(一部)、ザールラント州
10月3日 ドイツ統一の日 Tag der Deutschen Einheit
10月31日 宗教改革記念日 Reformationstag ブランデンブルク州メクレンブルク=フォアポンメルン州ザクセン州ザクセン=アンハルト州テューリンゲン州
11月1日 諸聖人の日(万聖節) Allerheiligen バイエルン州バーデン=ヴュルテンベルク州ノルトライン=ヴェストファーレン州ラインラント=プファルツ州ザールラント州
11月23日直前の水曜日 贖罪の日(贖罪祈祷日) Buß- und Bettag ザクセン州
12月25日26日 クリスマス(降誕祭) Weihnachten

解説[編集]

統一記念日
1990年10月3日の東西ドイツ統一を記念し、これに伴って得られた国内の平和を祝う日。
宗教改革記念日
1517年10月31日マルティン・ルターヴィッテンベルク城教会の扉に贖宥状の問題を記した紙(「95ヶ条の論題」)を張り出し、宗教改革の幕開けと見なされる事件を記念する日。
贖罪の日
介護保険制度の導入とともにザクセン州を除き廃止された。

関連[編集]

外部リンク[編集]