トーマス・A・ジャガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・A・ジャガー
人物情報
生誕 1871年1月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
死没 1953年1月17日(満81歳没)
出身校 ハーバード大学
学問
研究分野 火山学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

トーマス・A・ジャガー(Thomas Augustus Jaggar、1871年1月24日 - 1953年1月17日)はアメリカ合衆国火山学者ハワイ火山観測所 (Hawaiian Volcano Observatory) の創立者である。

ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。ハーバード大学で1897年に博士号を得た。はじめ実験室でマグマの挙動を解明する実験をおこなっていたが、フィールド観察の必要性を痛感するようになった。

1902年にモントセラトスーフリエール・ヒルズウィンドワード諸島プレー山火山災害の調査にアメリカ合衆国が派遣した科学者の1人となった。アメリカ海軍ナショナルジオグラフィック協会の援助を受けて、噴火開始の13日後には噴煙の漂うマルティニークの海岸に上陸した。その後の10年間はイタリアアリューシャン列島中央アメリカ日本地震火山噴火の現場を調査した。1908年のイタリアのエトナ山付近の地震で12,500人の犠牲者がでたことで、火山と地震の研究に対して強い使命感をもった。

1909年にハワイに自費で渡り、キラウエア火山に最初の火山観測所を造ることを決意した。ローリン・A・サーストン (Lorrin A. Thurston) の援助でホノルル実業家たちから資金を得て、1年以内にハワイ火山研究所を創設し、小さな火山観測所を設立した。1912年にはマサチューセッツ工科大学の支援を得て、新たにハワイ火山観測所を創立した。ハワイ火山観測所は1919年に気象局 (National Weather Service) が運営し、1924年からはアメリカ地質調査所が運営を引き継いだ。ジャガーは1940年までハワイ火山観測所の所長を務めた。

1987年にキラウエアのカルデラの西側火口縁にトーマスジャガー博物館が開かれた。

関連項目[編集]