トーマス・ヒッツルスペルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・ヒッツルスペルガー Football pictogram.svg
Der Hammer.jpg
名前
愛称 ヒッツ、ザ・ハンマー
ラテン文字 Thomas HITZLSPERGER
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1982年4月5日(32歳)
出身地 ミュンヘン
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000
2000-2005
2001-2002
2005-2010.1
2010.1-6
2010.6-2011
2011-2012
2012-2013
バイエルン・ミュンヘン
アストン・ヴィラ
チェスターフィールドFC(loan)
VfBシュトゥットガルト
SSラツィオ
ウェストハム・ユナイテッド
VfLヴォルフスブルク
エヴァートンFC
0 (0)
99 (8)
5 (0)
125 (20)
6 (1)
11 (2)
6 (0)
代表歴2
2004-2010 ドイツの旗 ドイツ 52 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2011/12シーズン終了時点現在。
2. 2010年3月3日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

トーマス・ヒッツルスペルガーThomas Hitzlsperger, 1982年4月5日 - )は、ドイツミュンヘン出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー。趣味は読書。

経歴[編集]

7人兄妹の末っ子。地元のクラブであるバイエルン・ミュンヘンのユースでプレーしていた2000年イングランドアストン・ヴィラFCからの誘いを受け渡英。レンタル期間を経た翌2001-02シーズンからトップチームでの出場機会を増やし始め、その後はヴィラの主力に成長ボランチ、左サイドハーフ、左サイドバックをこなすユーティリティープレーヤーで、テクニックに優れていた。強烈な時速130Km以上のミドルシュートも大きな武器で「ザ・ハンマー」と称された。2004年にはドイツ代表に招集されるなど着実に成長し、2005年からはVfBシュトゥットガルトに移籍して母国に復帰。2006-07シーズンは15年ぶりの優勝に貢献(優勝がかかった試合では決勝点を決めた)。2008-09シーズンから2009年末までチームのキャプテンを務め、ドイツ代表の将来を担う一人として評価されていた。

2010年1月31日にシュトゥットガルトとの契約を解除しイタリアSSラツィオへ移籍した。しかしラツィオでは満足する出場機会が与えられず、確実視されていた2010 FIFAワールドカップの出場も逃す結果となった。6月5日ウェストハム・ユナイテッドに3年契約で移籍しイングランドに舞い戻ったが、チームは終始低迷し最下位で降格。自身も故障が重なって11試合の出場に留まり、シーズン終了後に契約を解消した。

2011年8月18日VfLヴォルフスブルクに移籍するが、春先に足首と膝の外側半月板断裂の負傷を負い、シーズン終了後に彼の要求に応じた相互の同意によって解約された。その後、2012年10月19日エヴァートンFCと2013年1月までの契約を交わす。その後もUチームでプレーをしていたが度かさなるケガを理由に9月3日、引退を表明した。

その他[編集]

  • ドイツの新聞『ディ・ツァイト』のレギュラーコラムニストであり、外国人差別・人種差別・反ユダヤ主義・極右主義を反対する協会をサポートしたり、南アフリカ共和国のHIV陽性の子供達を面倒みるプロジェクト’ウブントゥ・アフリカ’などに携わっているのが高く評価されて、2011年にドイツサッカー連盟の「ユリウス・ヒルシュ賞」を受賞した。
  • 2014年1月、同国代表経験のあるサッカー選手として初めて同性愛者であることを告白した[1]。彼は公表したことに関して「同性愛者であることに何ら恥じることはない」と発言し「プロスポーツ界で同性愛の問題の議論を促進させるため」と。続けて「ドイツ、イタリア、イングランドではそれが深刻な問題とされてこなかった」と理由を説明した。また公にしたタイミングについてはソチオリンピックを前にロシアゲイプロパガンダ禁止法に抗議するためと述べた[2]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 チェスターフィールドFC 2001-2002 (loan)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Thomas Hitzlsperger bekennt sich zu seiner Homosexualität” (2014年1月8日). 2014年1月8日閲覧。
  2. ^ Thomas Hitzlsperger reveals he is gay, with the former Aston Villa and Germany international declaring: 'I have never been ashamed'The Independent Saturday 18 January 2014

外部リンク[編集]