トーマス・パー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・パー

トーマス・パー(Thomas Parr, 1483年? - 1635年11月14日)は、152歳まで生きたといわれるイングランド人。オールド・パー (Old Parr)、オールド・トム・パー (Old Tom Parr) の異名で知られる。

なお、ヘンリー8世の最後の妻となったキャサリン・パーの父トーマス・パー (Sir Thomas Parr) は、同姓同名の別人である。

生涯[編集]

伝承によると、パーは1483年にシュルーズベリー近郊(おそらくウィニングトン)に生まれ、1500年頃陸軍に入隊した。80歳になって結婚し、一男一女を儲けたが、いずれも幼くして死んだ。自身はその長命の理由を菜食主義と節度のある暮らしにあると考えていた。とはいえ、105歳のときにキャサリン・ミルトンという女性との間に不義の子をもうけ、逮捕されたとも教会で懺悔させられたともいわれている。最初の妻が死んで後、齢122歳の時に後添いを得た。

パーの高齢はイングランド中の噂になり、その姿はルーベンスヴァン・ダイクの絵画にも描かれた。1635年、第21代アランデル伯トーマス・ハワードがパーの元を訪れ、チャールズ1世に拝謁させるためにロンドンへと連れ出した。チャールズ1世がパーに対し、他者にくらべ特筆する何かを成したことがあるかどうか尋ねたところ、パーは女性問題で教会から課された贖罪を成した、最も年老いた人間だと答えた。ロンドンで稀代の人物として注目を浴びることとなったが、おそらく食事と環境の変化がその死期を早めた。

パーの死と墓碑[編集]

パーは死後、チャールズ1世の手配により、1635年11月15日にウェストミンスター寺院に葬られた。墓碑銘には、次のように記されている:

THO: PARR OF YE COUNTY OF SALLOP. BORNE
IN AD: 1483. HE LIVED IN YE REIGNES OF TEN
PRINCES VIZ: K.ED.4. K.ED.5. K.RICH.3.
K.HEN.7. K.HEN.8. K.EDW.6. Q.MA. Q.ELIZ
K.JA. & K. CHARLES. AGED 152 YEARES.
& WAS BURYED HERE NOVEMB. 15. 1635.

サロップ郡のトーマス・パー、主の年1483年に生誕せり。
10代の英主の御代に生きたり。則ち、
エドワード4世王エドワード5世王リチャード3世王
ヘンリー7世王ヘンリー8世王エドワード6世王メアリー女王
エリザベス女王ジェイムズ王チャールズ王なり。
齢152。1635年11月15日、ここに葬られたり。

死後と影響[編集]

検視と実年齢[編集]

血液循環を発見したことで知られる内科医のウィリアム・ハーベイが、パーの検死を行った。その結果は、ジョン・ペッツの著書『De ortu et natura sanguinis』の中の付記に触れられている。P. Lüthによると、この検視報告書はパーの実年齢が70歳未満だったことを示唆しているという。

パーに関する伝承は、彼の祖父のそれとの混同が指摘される。事実パー自身も15世紀のことに関しては特に覚えている出来事はないと述べている。

著作物における言及[編集]

イギリスの詩人ジョン・テイラーは、1635年にパーについての詩『The Old, Old, Very Old Man or the Age and Long Life of Thomas Parr』 (老いたる、老いたる、いとも老いたるおのこ、或いはトーマス・パーの齢と長命)を書いている。

イギリスの小説家チャールズ・ディケンズは、1846年から1848年に発表した『ドンビー父子』の第41章でパーについて言及している。

アイルランドの小説家ブラム・ストーカーは、1897年に発表した『ドラキュラ』の第14章で、ドラキュラの犠牲になったルーシーの短命に対し、長寿の例として、メトシェラと並んでパーを引き合いに出している。

イギリスの詩人ロバート・グレーヴスは、1938年に発表した詩集のなかの一編『A Country Mansion』のなかでパーについて言及している。

アイルランド出身の小説家ジェイムズ・ジョイスは、1939年に発表した小説『フィネガンズ・ウェイク』の巻頭でパーについて言及している。

スコッチ「オールド・パー」[編集]

スコッチ・ウイスキーの銘柄「オールド・パー」の名称は、長寿の効果をうたうため、パーにちなんで名づけられたものである。ラベルには彼の肖像画と生没年といわれる年号が記されている。ラベルの原画は、チャールズ1世が画家のルーベンスに描かせたものを基にしている。

パーはワインを飲むとき四角の器を愛用したので、オールド・パーの角瓶はそれを模したものとなっている。

外部リンク[編集]