トーマス・ニューコメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューコメンの蒸気機関

トーマス・ニューコメンThomas Newcomen1664年2月24日-1729年8月5日)はイギリス発明家、企業家である。またキリスト教の一派、クェーカー教徒であり、敬虔な信者であった。死因は結核と言われる。蒸気機関を改良して、鉱山の排水の用途で蒸気機関を商売として世界で初めて成立させた。

1712年、ニューコメンは鉱山の排水用の蒸気機関ポンプを製作し、彼の出身地のイギリス南西部、特にコーンウォール石炭の鉱山に設置した。1733年特許が切れるまでに100機以上の蒸気機関(ニューコメン機関)が各地で使われた。

1920年ロンドンに設立された科学史の学会は、ニューコメンの名にちなんで、ニューコメン協会Newcomen Society)という名前になった。ニューコメン協会は1922年より機関誌Transactions of the Newcomen Societyを発行し、その後アメリカなどにも支部(合衆国ニューコメン協会)が設立された。

Principe de la machine à vapeur à balancier de Newcomen

関連項目[編集]

外部リンク[編集]