トーマス・トーランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・F・トーランス英語: Thomas Forsyth Torrance, 1913年8月30日 - 2007年12月2日)は、スコットランドキリスト教神学者。カール・バルトの『教会教義学』を全て英訳し、高い評価を得た。

生涯[編集]

幼少期は宣教師をしていた両親と共に中華人民共和国成都市に滞在した。帰国後はエディンバラ大学に入学し、哲学神学を学び、スイスバーゼル大学に留学してカール・バルトに師事した。帰国後は1950年から母校のエディンバラ大学で教会史を、1952年にはキリスト教教義を教え始め、76年にはスコットランド国教会の大会議長に選出された。

バルトとは異なる思想を持っており、神学を科学に基礎付けるのではなく、科学は神学によって基礎付けられるべきとした。

著書[編集]

  • バルト初期神学の展開 1910年〜1931年
  • 科学としての神学の基礎
  • 三位一体の信仰