トーマス・シェクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・シェクター
Tomas Scheckter
2006年
基本情報
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
生年月日 1980年9月21日(33歳)
出身地 Monte Carlo, Monaco
親族 ジョディ・シェクター, 1979 Formula One World Champion (父親)
デビュー 2002
所属 Team REDLINE Xtreme
車番 07
過去所属 Conquest Racing
Dreyer & Reinbold Racing
Luczo Dragon Racing
Vision Racing
Panther Racing
Chip Ganassi Racing
Cheever Racing
KV Racing
出走回数 115
優勝回数 2
ポールポジション 8
シリーズ最高順位 7th(2003)

トーマス・シェクターTomas Scheckter,1980年9月21日 - )は南アフリカ生まれのレーシングドライバー。父親は1979年F1ワールドチャンピオンのジョディー・シェクター

プロフィール[編集]

イギリスF3選手権やフォーミュラ・ニッサンなどに参戦し、その活躍が認められ2001年にF1のジャガー・レーシングでテストドライバーになったが、レースに出場することはできず、この年限りでF1の世界から離れることとなった。

2002年からはインディカー・シリーズに参戦を開始。2007年までの6年間はフル参戦し、これまでに2勝を挙げている。シリーズランキングでは2003年に7位に入っているのを始め、2005年の9位、2006年と2007年に10位と4シーズンで10位以内に入っている。2008年はレギュラーシートを獲得することは出来なかったが、インディ500など数レースにスポット参戦した。2009年以降はインディ500を含むシリーズ数戦に出場している。

インディ500には2002年から8年連続で出場しているが、2002年から2008年までの間は7年連続で予選グリッドは全て4列目の10位から12位であった。決勝の最高位は2003年の4位。7回目にして初めてスポット参戦という形で参戦した2008年のレースでは一時3位を走行したが、惜しくもマシントラブルでリタイアとなった。2009年は22番手までのグリッドが確定する予選第2日目が終わってからの参戦であったため、予選は26位であったが、決勝は12位でフィニッシュした。その後、翌戦のミルウォーキーではカーナンバー23で参戦し、テキサス以降はカーナンバー43で参戦することになった。

また、2005年にはA1グランプリの南アフリカ共和国代表として第2戦と第3戦に参加している。第2戦のドイツユーロスピードウェイ・ラウジッツのレースでは入賞できなかったが、第3戦のポルトガルエストリル・サーキットのスプリントレースでは10位に入賞し、南アフリカチームに1ポイントをもたらした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]