トーマス・カウリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ジョージ・カウリングThomas George Cowling1906年6月17日 - 1990年6月16日)はイギリスの天体物理学者である。 恒星の内部構造について理論的研究を行った。

ロンドンに生まれた。オクスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジアーサー・ミルンに学んだ。ロンドンインペリアル・カレッジスワンシー大学などを経て、1848年からリーズ大学で教授となった。1965年から1967年の間、王立天文学会の会長を務めた。

恒星の内部構造とその安定性の研究を行った。1930年代にルードヴィッヒ・ビーアマンと太陽の対流モデルを発展させた。

[編集]

外部リンク[編集]